コンテンツにスキップ

ハート島 (ニューヨーク州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハート島
Hart Island
ハート島の俯瞰
ハート島の俯瞰(2012年)
地図
ニューヨーク市における位置
地理
場所 ロングアイランド湾
座標 北緯40度51分9秒 西経73度46分12秒 / 北緯40.85250度 西経73.77000度 / 40.85250; -73.77000座標: 北緯40度51分9秒 西経73度46分12秒 / 北緯40.85250度 西経73.77000度 / 40.85250; -73.77000
諸島 ペラム諸島英語版
面積 131.22エーカー (53.10 ha)
長さ 1.0 mi (1.6 km)
0.33 mi (0.53 km)
行政
ニューヨーク州
ニューヨーク市
行政区 ブロンクス区
追加情報
時間帯
 • 夏時間(DST
テンプレートを表示

ハート島(ハートとう、Hart Island)[注釈 1]は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区ロングアイランド湾の西端にあるペラム諸島英語版に属するである。この島は現在、ニューヨーク市営の共同墓地として使われている。ハート島には、100万体以上の遺体が埋葬されており、21世紀の最初の10年間では、年間1,500件弱の埋葬が行われた。

この島の公共的な利用は、1864年アメリカ合衆国有色軍の訓練場として使用されたのに始まる。それ以来、南北戦争時の捕虜収容所、精神病院結核療養所、大量に病死者が出たときの埋葬所、ホームレスのシェルター、少年院刑務所、麻薬更生センターなどとして利用されてきた。他にも遊園地など、いくつかの建造物が計画されたが、建設されなかった。冷戦時代にはナイキミサイルの発射場があった。1967年まで刑務所やホームレスのシェルターとして断続的に使用されていたが、人が居住できる建造物は1977年までに放棄された。長らくニューヨーク市矯正局英語版が管理していたが、2019年にニューヨーク市議会が、管轄権をニューヨーク市公園レクリエーション局英語版に移すことを議決した。

ハート島に埋葬されているのは、遺族が個別の埋葬の費用を払えなかった人や、遺体の引き取り手がいなかった人、ホームレス、貧困者などであり、また、伝染病の大流行により大量の死者が出た時の遺体の埋葬も行われている。

島への上陸は矯正局によって制限されている。埋葬はライカーズ島の刑務所の受刑者によって行われる。ビジュアルアーティストのメリンダ・ハントが設立した公共慈善団体「ハート島プロジェクト」(Hart Island Project)は、島へのアクセスを改善し、埋葬記録の閲覧を容易にできるようにするための活動を行っている。2019年まで、ハート島への一般の上陸を容易にするために、管轄権を公園局に移す条例案を提案していた。

島名の由来

[編集]

島名の由来については、1775年にイギリスの地図製作者が島の形が心臓に似ていることから"Heart Island"と命名し、その後"e"が取り除かれたという説[3][4]:75など、諸説ある。1777年に描かれた地図ではすでに、この島が"Hart Island"と書かれている[4]:75。その他、18世紀後半には「リトル・ミネフォード島」(Little Minneford Island)や「スペクタクル島」(Spectacle Island)とも呼ばれた。後者の"Spectacle"とは眼鏡のことであり、島の形を眼鏡に見立てたものである[4]:75

この島が狩猟地として使用されていたときに、「雄鹿」を意味する英語の古語の"hartに因んで名付けられたという説もある[5]。また、ロングアイランド湾の一部が氷に覆われていた時期に、本土から移動してきた鹿にちなんで名付けられたとする説もある[6]:19[7]:140

地理

[編集]

ハート島は、長さが約1マイル (1.6 km)、幅が最も広い所で約0.33マイル (0.53 km)である。シティ島の東岸から0.33マイル (0.53 km)離れた所にある[4]:75[8]。島の面積については諸説あり、ある情報源では101エーカー (41 ha)[3][4]:75[9]、別の情報源では131エーカー (53 ha)[10][11]としている。ハート島は市内の他の地域から離れており、電気は通じていない。唯一のアクセス手段は渡船である[8][12]

歴史

[編集]
A nautical chart of the island from 1884
1884年の海図

初期の歴史

[編集]

ヨーロッパ人による植民地化以前、ハート島にはインディアンシワノイ族英語版が住んでいた。1654年に、イギリス人医師トーマス・ペル英語版がシワノイ族から、ハート島を含む9,166エーカー (37.09 km2)の土地を購入した[4]:75[7]:140[13]。1669年にトーマス・ペルが亡くなり、所有権は彼の甥であるイギリスの数学者ジョン・ペルの息子サー・ジョン・ペルに移った。島は1774年にイギリス陸軍軍人のオリヴァー・デ・ランシーに売却された。その後、ロッドマン家、ヘイト家、ハンター家と売却された[4]:75。エリオット・ゴーンによると、19世紀初頭までにハート島は人気のボクシング競技場になっていた。島で開催されたベアナックル・ボクシングの試合には、何千人もの観客が集まった[7]:140

ハート島の公共的な利用は、1864年アメリカ合衆国有色軍第31歩兵連隊の訓練場として使用されたのに始まった[14][15]:15。新兵は、ジョン・ローマーという名前の蒸気船でマンハッタンの最南端のバッテリーから島に送られた。司令官の家と新兵の兵舎が建設された。兵舎には図書館とコンサートルームがあり[4]:75、一度に2,000人から3,000人の新兵を収容することができた。最終的には50,000人以上の兵士がここで訓練を受けた[4]:76

1864年11月、ハート島に5,000人の捕虜を収容する捕虜収容所の建設が始まった。この収容所は、南北戦争中の1865年に4か月間使用された。この島には、捕虜となったアメリカ連合国(南軍)陸軍兵士3,413人が収容されていた[15]:16。このうち235人が収容所で死亡し、サイプレス・ヒルズ墓地英語版に埋葬された。南北戦争の後、貧しい退役軍人たちは、島内の共同墓地とは区別された兵士の区画に埋葬された。これらの兵士の一部は1916年にウエスト・ファームズ・ソルジャーズ墓地に移され、残りの兵士は1941年にサイプレス・ヒルズ墓地に移された[16]

墓地の開設

[編集]

ハート島で最初に埋葬されたのは、南北戦争における北軍兵士20人だった[1]。1868年5月27日、ニューヨーク市は、近くのハンター島英語版も所有していたエドワード・ハンターから75,000ドルでハート島を購入した[1][3][7]:141[15]:18。ニューヨーク市による埋葬はその後まもなく開始された[1]。当時の公共墓地の面積は45-エーカー (180,000 m2)であり、最初の埋葬者は1869年にルーズベルト島にあった市営病院英語版で亡くなったルイーザ・ヴァン・スリケという24歳の女性だった[6][7]:138[17]。その後、この墓地は"City Cemetery"(市営墓地)や"Potter's Field"(共同墓地)と呼ばれるようになった[18]

1880年、ニューヨーク・タイムズ紙は、ブルックリンの広大なグリーンウッド墓地とマンハッタンにおける歴史的に貧しい地域であるファイブポイントを比較して、この島を「ファイブポイントのグリーンウッド」と表現した。同紙はまた、ハート島について「ここは、ブラックウェル島からの松の箱が運ばれてくる所である」と、ブラックウェル島(現在のルーズベルト島)の市営病院から運ばれてくる遺体について言及している[19]。ハート島の共同墓地は、マンハッタンにあった2つの共同墓地(現在のワシントン・スクエア公園ニューヨーク公共図書館本館の敷地の一部にあった)を置き換えた。ハート島の埋葬者数は、1958年までに50万人を超えた[20]

各種施設の併置

[編集]

ハート島は、1870年の黄熱病の流行時に検疫所として使用された。当時、ハート島には1885年に建てられた「パビリオン」と呼ばれる女性用精神病院、およびサナトリウムがあった[21]。また、ハート島には300人の学生が通う工業学校もあった[19]。1892年の調査で、ニューヨーク市の精神病院が過密状態であることが判明し、ハート島の精神病院を1,100床から1,500床に拡張することが提案された[22]

A black-on-yellow sketch showing the Convalescent Hospital on Hart Island
ハート島の後療病院(1877年)

19世紀後半には、ブラックウェル島の刑務所と救貧院の延長線上にあった少年用のワークハウス(救貧院)がハート島に設置された。1895年に成人男性用のワークハウスが設置され、その10年後には少年用のワークハウスが設置された[7]:141。20世紀初頭までには、ハート島には約2,000人の非行少年とブラックウェル刑務所から移された高齢男性囚人が収容されていた[23]。ハート島の刑務所は拡張され、独自のバンドやカトリックの刑務所内礼拝堂を持つようになった[4]:77。1931年に6万ドルの工費で礼拝堂が着工し[24]、翌年に完成した[25]

1924年、ジョン・ハンターはハート島の西側の4エーカー (1.6 ha)の土地を、バルバドス出身の不動産投機家ソロモン・ライリーに売却した[26]。その後ライリーは、ハート島に、マンハッタンのハーレムの主な住人である黒人たちのための遊園地を建設することを提案した[7]:141–142。当時アフリカ系アメリカ人は、ニューヨーク市のプレイランドドブス・フェリーの遊園地への入場が禁止されていた[7]:142[26]ため、ライリーが提案した遊園地は「黒人のコニーアイランド」と呼ばれた[26]。ライリーは、ダンスホール、宿舎、遊歩道の建設に着手し、運営のために60隻の蒸気船を購入していた[7]:142[26]。ニューヨーク州政府は、提案された遊園地が刑務所や病院に近いことに懸念を示し[27]、ニューヨーク市は1925年に土地を差し押さえた[28]。ライリーは後に差し押さえられた土地のために144,000ドルを支払われた[29]

第二次世界大戦後

[編集]

ハート島に収監されていた囚人は第二次世界大戦中にライカーズ島に移され、ハート島のかつてのワークハウスは米軍の懲戒兵舎として使用された。ライカーズ島の刑務所はすぐに囚人で満員となった[7]:142ため、ニューヨーク市矯正局英語版は戦後、ハート島の刑務所としての使用を再開したが、その施設は不十分であると考えていた[30]。1950年、ニューヨーク市財政評価委員会英語版はハート島に2,000人を収容できるホームレスシェルターを建設することを承認した[4]:78。このホームレスシェルターは1951年から1954年まで運営され[7]:142アルコール依存症患者の収容所としても使用された[31]。近くのシティ島の住民は、ホームレスシェルターの設置に反対した。[7]:142[32]。ニューヨーク市福祉局がホームレスシェルターを閉鎖した後、島の管理権が矯正局に戻された[4]:78。矯正局は1955年に、ハート島にアルコール依存症治療センターを開設した[33]。また、ホームレスに関する事件を扱う裁判所がハート島に開設された[34]。この島には、10日から2年の短い刑期に服する1,200人から1,800人の囚人が収監されていた[35]

1956年、ハート島にMIM-3(ナイキ・エイジャックス)のミサイルサイロが配備された。ミサイルサイロ・バッテリーNY-15は、1956年から1961年までアメリカ陸軍フォート・スローカム基地の一部であり、陸軍第66対空砲兵ミサイル大隊によって運用されていた。ミサイルサイロは地下にあり、大型の発電機で駆動されていた[7]:142[17]。ミサイルサイロはデイビッズ島英語版にも設置されていた。目標を追跡してミサイルを誘導する統合火器管制システムはフォート・スローカムにあった。ハート島のミサイル発射システムは1974年に閉鎖された[36]

1959年、ハート島に既存の施設に代わる新しいワークハウスを700万ドルかけて建設することが発表された[37]。翌年、ハート島刑務所に野球場が開場した[38]。この野球場は、"Kratter Field"(クラッター野球場)と命名された。この名前は、1957年に閉場したエベッツ・フィールドの2,200個の座席を保管し、その一部を刑務所に寄付した実業家のマービン・クラッター英語版にちなむものである[7]:142。数年間屋外に置かれていた座席は劣化しており、2000年まで様々な人や団体に寄付されていた[39]

ハート島の刑務所は、刑法の改正により1966年に閉鎖された[4]:79[7]:142。刑務所の閉鎖の後、ハート島に薬物更生英語版センターの建設が提案された[40]。このセンターはフェニックス・ハウス英語版と命名され、1967年に開場し、すぐに350人の入居者と菜園を持つ居住区に成長した。フェニックス・ハウスではフェスティバルが開催され、1万人以上の人が集まることもあった[7]:141。フェニックス・ハウスで「ハート・ビート」というニュースレターを発行し、シティ・アイランドやNBCのチームなど他の組織との野球の試合を開催していた[4]:79。1977年に、ハート島への定期の渡船が廃止され、フェニックス・ハウスはマンハッタンのビルに移転した[7]:142[8][41]

それ以降のハート島の開発の提案は全て失敗に終わった。1972年、ニューヨーク市は住宅地にすることを検討したが、その計画は放棄された[8]ニューヨーク市長エド・コッチは、1982年に軽犯罪で起訴された人のワークハウスを作ったが、十分な数の囚人が送られなかった。6年後、ハート島にホームレスシェルターとワークハウスを建設するという提案があったが、シティ島の住民の反対によりこの計画は放棄された[7]:142

建築物の廃墟化と墓地としての利用

[編集]
1966年の地図

元々ハート島の墓地は島の北端と南端の45エーカー (18 ha)のみであり、中央部の3分の2は居住可能な場所だった[8]。1985年には、エイズで亡くなった16人の遺体が、他の遺体がエイズで汚染されると考えられたため、既存の墓地から離れたハート島の南端に埋葬された[42]。ニューヨーク市で最初に死亡した小児エイズ罹患者は、ハート島で唯一、単独の墓に埋葬されており、コンクリート製の墓石には"SC B1"(special child Baby 1の略)と刻まれている[6]:83[42]。それ以降、何千人ものエイズによる死亡者がハート島に埋葬されたが、島に埋葬されたエイズ罹患者の正確な数は不明である[42]

ニューヨークのアーティストであるメリンダ・ハントと写真家のジョエル・スターンフェルド英語版は、1991年から1993年にかけてハート島を撮影し[43]、1998年に写真集"Hart Island"を刊行した[43][44]。ハントはその後、ハート島に埋葬された人々の家族や友人を支援する組織「ハート島プロジェクト」を1994年に設立した[43][45]。ハントの別のメディア作品である2018年のドキュメンタリー"One Million American Dreams"では、ハート島の歴史を記録し、そこに埋葬された様々な人々の人生を掘り下げている[46][47]

19世紀後半から20世紀初頭にさかのぼる古い木造や石造の建造物が荒廃している地区がある。南北戦争時代の兵舎は、ワークハウスや病院の建物が建設される前にこれらの施設として使用されていた[48]。2010年代後半、ハート島プロジェクトとシティ島歴史協会は、ハート島を国家歴史登録財 (NRHP) に登録するよう請願を開始した[49]。ハート島がNRHPに登録されるための4つの基準のうち3つを満たしていたことから、ニューヨーク州公園・レクリエーション・歴史的保存局英語版は、2016年にハート島を"site of historical significance"(歴史的意義のある場所)に指定した[50]

ハート島は2012年のハリケーン・サンディにより大きな被害を受けた。海岸線の一部が浸食され、埋葬されていた多くの遺骨が露出した[51][52]。これを受けて、市は海岸の修復を発表した[53]。連邦政府は2015年に海岸の修復プロジェクトに対し1320万ドルを拠出したが、作業は数年遅れていた。修復作業の開始は当初2020年とされていたが、2019年8月、市は翌月から作業を開始すると発表した[54]。同年12月、ハート島の管理はニューヨーク市公園レクリエーション局英語版に引き継がれた[55][56][57]

墓地

[編集]

ハート島には、面積が131-エーカー (0.53 km2)のニューヨーク市営の公共墓地(共同墓地)がある。この公共墓地は、アメリカ最大の公営墓地[58]、世界最大級の墓地[45][59]、米国最大の集団墓地の一つ[60][61]などと様々な形で表現されている。島には100万体以上の遺体が埋葬されているが、2000年代以降の埋葬者数は年間1,500人以下にまで低下している[6][59][60][62]。年間の埋葬者の3分の1は乳幼児と死産児で、これは1997年にニューヨーク州で児童医療保険プログラム英語版が全ての妊婦を対象として開始されてからは2分の1に減少した[62]。2006年のニューヨーク・タイムズ紙の記事によると、その前年のハート島の公共墓地での埋葬は1,419件で、そのうち成人が826件、乳児と死産児が546件、バラバラ死体が47件であった[17]

埋葬

[編集]

遺体は掘った溝の中に埋葬される。乳幼児は棺に入れられ、5つの棺を積み重ね、通常はこれが20列で100体で1区画とする[6]。大人は体型に応じた大きさの棺に入れられ、3つの棺を積み重ね、これを2✕25の150体で1区画とする[6][7]:138[12]。棺の大きさは7種類あり、長さは1 - 7フィート (0.30 - 2.13 m)である[63]。それぞれ、識別番号、年齢、民族、遺体の発見場所(該当する場合)が記されている[51][64]ライカーズ島刑務所の受刑者は、時給0.50ドルでハート島での遺体の埋葬を行っている[51][65]

成人の遺体は、検視官事務所に保管されているDNA、写真、指紋から遺族の照会により遺体の身元が判明すると、掘り出され、引き渡される[6]。2007年から2009年まで、年間で平均72件の身元判明による掘り出しがあった。子供(主に乳幼児)の遺体は、滅多に掘り出されない[6]。規則では、一般的に棺は25年間はそのままにしておかなければならないと規定されている[4]:78

埋葬者の約半分は、ニューヨーク市の病院で身元が確認されて死亡した5歳未満の子供で、その母親は"City Burial"を承諾する書類に署名していた。その母親達はこの言葉が何を意味するかを知らなかった。埋葬された子供の他の親族は、国外または州外に住んでおり、その親族は広範囲に捜索を行っていた。埋葬の記録は現在、刑務所のシステム内に保管されているため、その検索はより困難になっている。幼児の埋葬の取り扱いについての調査は、2009年にニューヨーク州司法長官事務所に提出された刑事告訴に対応して開始された[66]

ニューヨーク市公文書館のマイクロフィルムに記録された埋葬記録によると、1913年までは、身元不明者の埋葬は単一の区画で行われ、身元が特定された大人や子供は集団墓に埋葬されていたことが示されている[65][67]。埋葬後の身元判明により掘り出される事が多くなったことから、1913年には埋葬のための溝を別にするようになった。共同墓地はバラバラ死体を処分するためにも使用され、"limbs"(手足)と書かれた箱に入れられている。埋葬地での儀式は1950年代以降は行われていない[6]:83。かつては、埋葬のための溝は、遺体が十分に分解された25~50年後に再利用されていた。その後、島内の歴史的建造物を取り壊して、埋葬のための新しいスペースを確保するようになった[7]:139。 ライカーズ島刑務所の受刑者が、棺を3段に積み上げ、これを2✕25個で1区画とし、各区画にはコンクリートの目印が付けられている。第二次世界大戦後、"Cemetery Hill"(墓地の丘)として知られていた丘の頂上に、背の高い白い平和記念碑がニューヨーク市の受刑者によって1948年10月に建立された[68][69]

伝染病の病死者の埋葬

[編集]

1980年代には、エイズで亡くなった人々がハート島でそれぞれ個別に埋葬されていた。最初のエイズによる死亡者の遺体は、死体袋に入れて運ばれ、防護服を着た受刑者によって埋葬された。その後、遺体からはHIVが拡散されないことが判明すると、市はエイズによる死亡者を集団埋葬するようになった[42]

2008年、インフルエンザのパンデミックに備えて、ハート島が一時的な埋葬場所に指定され、最大2万人の遺体を埋葬することができるようになった[70][71]

2020年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行の際、遺体収容所の容量を超えた場合の、COVID-19による死者のための一時的な埋葬場所としてハート島が指定された。これは、市内の公園をそのような目的に使用する代わりに選択されたものである[72][73][74]。市内の自宅における死亡者は大幅に増加していたが、それらの遺体はCOVID-19の検査を受けていない[75]。集団埋葬の準備は2020年3月末から始まった[70]。その翌月の初め、ロイター通信は、集団埋葬のための受刑者の労働力を代替するために民間の業者が雇われ[76]、埋葬が始まった[77][78]と報じた。作業はライカーズ島の受刑者が行っている[79]

埋葬記録

[編集]

1977年7月下旬の放火により、多くの埋葬記録が失われた。1977年以前の埋葬記録はマンハッタンの市公文書館英語版に移された。それ以降の記録は手書きの台帳で保管されていたが、現在はデジタル・データベースに移されており、一部はオンラインで利用できるようになっている[80][81]。ハート島プロジェクトは、2008年に情報公開法英語版(FOI)に基づき、5万件の埋葬記録の請求を行った[82][83]。2008年7月には、ハート島の埋葬記録から抹消された「死亡場所」の情報に関する訴訟がニューヨーク市政府を相手に起こされ、2009年1月に和解が成立した[84]

著名な埋葬者

[編集]

ハート島の埋葬者は、全てがホームレスや貧困者というわけではない。埋葬者の多くは、遺族が個別の埋葬の費用を払えなかったか、死亡後1ヶ月以内に遺体の引き取り手が現れなかったかである。著名な埋葬者に、劇作家、映画脚本家、映画監督のレオ・ビリンスキー英語版がいる。彼は貧困の中で孤独死し、1951年に埋葬された[59]。小説家ドーン・パウエル英語版は、医学研究に使われた後の遺体の引き取りを遺言執行者が拒否したため、死去の5年後の1970年にハート島に埋葬された。アカデミー賞受賞者のボビー・ドリスコールは、1968年にイースト・ヴィレッジテネメント英語版で遺体が発見されたが、遺体の身元がすぐには判明しなかったため、ハート島に埋葬された[85]労働運動家でソングライターのTボーン・スリムは、ハドソン川に遺体が浮いているのが発見された後、ハート島に埋葬された[86]

ハート島の俯瞰写真(2010年)。西が上。右下がハート島、左がシティ島、上がブロンクスの本土。

パブリックエンゲージメント

[編集]

ハート島プロジェクト

[編集]

ハート島プロジェクト(Hart Island Project)は、ハート島とその埋葬記録へのアクセスを向上させることを目的とした非営利団体[43][45]で、ニューヨークのアーティスト、メリンダ・ハントが1994年に設立した[45][注釈 2]。このプロジェクトは、公開されている埋葬記録のコピーを遺族が入手するのを支援し、墓地への訪問を手配し、ハート島に埋葬されている親族を探すのに役立つウェブサイトを運営している[88][89][90]。歴史家のトーマス・W・ラカー英語版は次のように書いている。

無名のメキシコ移民の死者についてのウディ・ガスリーの歌は、長い間反響を受けてきた歴史がある。ハントは、感情的に関連した行為により、長年に渡って、ニューヨーク市が無名の死者を埋葬している101エーカーのハート島に眠る85万人もの貧困者の名前を公表するために調査してきた[91]

2009年以降、ニューヨーク市はハート島の埋葬記録をハート島プロジェクトに譲渡した。このプロジェクトは、1980年以降の埋葬記録のオンラインデータベースを維持管理している[92]。このプロジェクトは、ハート島を月ごとに定例で全ての人に開放したり[93]、矯正局に対し埋葬記録をオンラインで公開することを義務付ける条例を制定させる[94]など、ハート島へのアクセスの改革につながる活動を行っている。

ハート島プロジェクトでは、GPSのデータを用いて墓溝のデジタルマッピングを行ってきた。2014年には、GPSによる埋葬データとストーリーテリングソフト"clocks of anonymity"を使ったインタラクティブな地図を、"Traveling Cloud Museum"として公開した。これは、埋葬記録に記載されている人たちの公開されたストーリーを集めたものである[58]。Traveling Cloud Museumは2018年に更新され、ドローンで収集したGeoTIFFの画像を使って作成した地図が追加された。この地図には6万9,000件近くの埋葬記録がそのまま表示され、故人を知っている人が個人のプロフィールにリンクされたストーリーや写真、墓碑銘、歌、動画を追加したり、エイズによる死者を特定したりすることができるようになっている[95][96]

2012年、ウェストチェスター・コミュニティ・カレッジ英語版では、ハントの協力を得て、ハート島プロジェクトを通じて親族の墓を発見した人々のアート展を開催した[97][98][99]。ハート島プロジェクトはまた、イギリスの造園家アン・シャロックとイアン・フィッシャーと協力して、ニューヨーク市議会と公園局にハート島の景観戦略を提示した[59]。シャロックはハート島が自然葬施設であるというコンセプトを提示し、都市環境における自然葬への関心の高まりを概説した[100]

条例制定

[編集]

2011年10月28日、ニューヨーク市議会消防・刑事司法委員会で"Oversight: Examining the Operation of Potter's Field by the N.Y.C., Department of Correction on Hart Island"(ハート島のニューヨーク市矯正局による共同墓地の運営の検討)と題した公聴会が開催された[101][102]。2013年、矯正局に対し埋葬のデータベースと面会方針という2つの文書をインターネット上で公開することを義務付ける条例が可決された[92][103]。2013年4月、矯正局はハート島の埋葬のオンライン・データベースを公開した[94]。このデータベースには、1977年以降にハート島に埋葬された全ての人に関するデータが含まれており、66,000件の項目で構成されている[45][48]

公園局への移管

[編集]

2012年4月30日、ハート島の管轄権をニューヨーク市公園レクリエーション局英語版に移す条例案が提出された[104][105]。ハート島プロジェクトは、2012年9月27日の公聴会でこの条例案に賛成する証言を行ったが、条例案は可決されなかった[106]

この条例案は2014年3月に再提出され[100]、2016年1月20日に公聴会が開催された[100][107][108][109]。公園局も矯正局もこの条例案を支持しなかったため、最終的には失敗に終わった。矯正局はハート島の管理を市の別の機関が行うことを望んでいたのに対し、公園局は、使用中の墓地の運営はその権限の範囲外であると述べた[100]

2018年、市議会議員のイダニス・ロドリゲス英語版らがこの条例案を再提出した[110]。条例案を支持するにあたり、ロドリゲスは、ハート島の埋葬者の親族が愛する人の墓にアクセスできるようにしてほしいと述べた[111][112]。2019年11月のニューヨーク市議会で、ほとんどの議員が公園局に管轄権を移すことに賛成票を投じ、条例案は可決された[113][114]。翌月、ビル・デブラシオ市長が、この条例案のほか、ニューヨーク市運輸局によるハート島への渡船の運営を認める法案など3つの条例案に署名した[55][115][116]

アクセス

[編集]
A ferry pier jutting into the water from the left-hand side of the image
ハート島の船着場

ハート島へのアクセス手段は渡船のみである[8]。ハート島とシティ島のフォーダム・ストリートの桟橋は、ニューヨーク市矯正局の管轄下にある制限区域である。島の訪問を希望する遺族は、事前に矯正局に訪問を申請しなければならない。ニューヨーク市政府は、矯正局に連絡せずにハート島を訪問したい個人のための規定を設けていない[117][118]。市政府は、遺族が島を訪問した際に墓場に形見の品等を残してゆくことを許可しており、遺族が墓場訪問の予定を立てるためのオンラインおよび電話システムを維持している[119]。その他の一般市民は、事前の予約のみで訪問することが許可されている[120]

以前、ニューヨーク市はシティ島とハート島を結ぶ渡船を24時間年中無休で運行していた。昼間は45分おきに運行されていた[121]。埋葬される遺体も渡船で運ばれていた。1960年代には、ハート島の渡船には、Michael Cosgrove(マイケル・コスグローブ、1961年建造)とFordham(フォーダム、1922年-1982年に運航)の2隻の船が使用されていた[4]:78[122]。1967年には月に約1,500人が利用し、市は渡船を維持するために年間30万ドルを費やしていた[121]。1977年、市は渡船の高頻度運航を廃止し、1日7便にまで減便した[8]。矯正局は2000年に島のガイド付きツアーを1回開催した[123]。2019年に条例が成立した後、ニューヨーク市交通局が渡船の高頻度運航を行うようになった[55]

ハート島プロジェクトとニューヨーク市民自由連盟英語版の努力により、島を訪れるプロセスが改善された[119]。また、"Interfaith Friends of Potter's Field"というエキュメニズムのグループや、"Picture the Homeless"という別の組織も、島をより利用しやすくするための提唱を行っている[7]:144。2015年7月、矯正局は新しい政策を制定し、家族5人までとその同行者が月に1回の週末に墓参りをすることを許可した[124]。この規定に基づく最初の墓参は2015年7月19日に行われた[125]。月に2回行われる個人の墓参は、故人と親しい関係にあった人に限定されている。月に1回行われるハート島の見晴台への訪問は、一般の人も利用できる[118]。渡船は、シティ島の制限エリア内のドックから出航している。2017年に市政府は、1か月あたりの訪問者数の上限を50人から70人に引き上げた[126]。矯正局は、ハート島へのアクセス制限をこれ以上緩めることに反対している。ニューヨーク・タイムズ紙の記事によれば、矯正局の関係者は次のように発言している。「矯正局が施設を運営している限り、我々は矯正局の考え方で運営するつもりだ。」[100]

関連項目

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ ハーツ島(Hart's Island)とよばれることもある[1][2]
  2. ^ 同組織のウェブサイトによれば、2001年まで法人化されていなかった[87]

出典

[編集]
  1. ^ a b c d “Purchase of Hart's Island” (英語). The New York Times. (1869年2月27日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2018年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180705003808/https://www.nytimes.com/1869/02/27/archives/purchase-of-harts-island.html 2010年4月4日閲覧。 
  2. ^ Federal Writers' Project [in 英語] (1939), New York City Guide, New York: Random House, ISBN 0-403-02921-X(Scholarly Press, 1976 により再版;WPA Guide to New York Cityとしてよく言及される)
  3. ^ a b c Santora, Marc (2003年1月27日). “An Island Of the Dead Fascinates The Living” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2012年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121111023538/http://www.nytimes.com/2003/01/27/nyregion/an-island-of-the-dead-fascinates-the-living.html 2010年4月4日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Twomey, Bill (2007). The Bronx, in Bits and Pieces. Rooftop Publishing. pp. 74–79. ISBN 978-1-60008-062-3. https://books.google.com/books?id=WeVTP3GyFH0C&pg=PA77 
  5. ^ The Islands of Pelham Bay”. New York City Department of Parks and Recreation. 2005年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i Hunt, Melinda; Sternfeld, Joel (1998). Hart Island. Scalo. ISBN 978-3-931141-90-5. OCLC 40373838 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Seitz, Sharon; Miller, Stuart (2011) (英語). The Other Islands of New York City: A History and Guide (Third Edition). The Countryman Press. pp. 138–144. ISBN 978-1-58157-886-7. https://books.google.com/books?id=zRjMPZW4heMC 
  8. ^ a b c d e f g Goodwin, Michael (1978年3月19日). “Hart Island Full of Possibilities‐and Not Much Else” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190108000035/https://www.nytimes.com/1978/03/19/archives/hart-island-full-of-possibilitiesand-not-much-else-hart-island-a.html 2019年1月7日閲覧。 
  9. ^ Hart Island”. New York Correction History Society. 2018年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月31日閲覧。
  10. ^ Mannarino, Dan (2017年5月9日). “Inside the mysteries of Hart Island in the Bronx, the cemetery of the unknown”. WPIX. 2019年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月31日閲覧。
  11. ^ “New York allows rare glimpse of its potter's field cemetery” (英語). Reuters. (2016年6月27日). オリジナルの2019年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190101002821/https://www.reuters.com/article/us-new-york-potters-idUSKCN0ZD2T7 2018年12月31日閲覧。 
  12. ^ a b News 12 gets rare look at Hart Island, Potter's Field”. News 12 The Bronx (2017年5月11日). 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  13. ^ Lustenberger, Anita A. (2000年). “A Short Genealogy of Hart Island”. New York Genealogical and Biographical Society. 2006年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月5日閲覧。
  14. ^ Civil War Colored Troops on DOC islands”. New York Correction History Society. 2016年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  15. ^ a b c Loorya, Alyssa (2017年9月). “Phase IA - Documentary Study and Archaeological Assessment for the Hart Island, Bronx (Bronx County), New York – Shoreline Stabilization Project”. nyc.gov. New York City Landmarks Preservation Commission. 2019年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月28日閲覧。
  16. ^ Hart Island: City's Concentration Camp”. New York Correction History Society. 2013年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月11日閲覧。
  17. ^ a b c Brady, Emily (2006年11月12日). “A Chance to Be Mourned” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2017年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170731045249/http://www.nytimes.com/2006/11/12/nyregion/thecity/12home.html?pagewanted=all 2019年8月23日閲覧。 
  18. ^ In The Potter's Field.; Burying The City's Pauper Dead” (英語). The New York Times (1878年3月3日). 2019年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月4日閲覧。
  19. ^ a b “Islands About New-York; in the Upper Bay and in the East River.” (英語). The New York Times. (1880年11月21日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190103210807/https://www.nytimes.com/1880/11/21/archives/islands-about-newyork-in-the-upper-bay-and-in-the-east-river.html 2019年1月3日閲覧。 
  20. ^ Robertson, Nan (1958年9月22日). “About New York; City's Unclaimed Dead Lie on Lonely Tip of Hart Island Off the Bronx” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190113232532/https://www.nytimes.com/1958/09/22/archives/about-new-york-citys-unclaimed-dead-lie-on-lonely-tip-of-hart.html 2019年1月13日閲覧。 
  21. ^ “Grand Jury Says Hart's Island Tuberculosis Ward is Unsuitable” (英語). The New York Times: p. 13. (1917年11月10日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2018年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180705005207/https://www.nytimes.com/1917/11/10/archives/criticises-a-city-hospital-grand-jury-says-harts-island.html 2010年4月10日閲覧。 
  22. ^ Overcrowding The Insane; New Buildings Soon To Give Relief To City Patients” (英語). The New York Times (1893年6月27日). 2019年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月3日閲覧。
  23. ^ Likes Life in Workhouse: Inmates Writes of 'Good Eats, No Work, and Bum Arguments'” (英語). The New York Times (1915年10月3日). 2018年7月4日閲覧。
  24. ^ “Cornerstone Laid For Prison Chapel; Mgr. Lavelle Addresses 1,800 at Hart's Island—Building to Cost $60,000.” (英語). The New York Times. (1931年10月26日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190114044329/https://www.nytimes.com/1931/10/26/archives/cornerstone-laid-for-prison-chapel-mgr-lavelle-addresses-1800-at.html 2019年1月13日閲覧。 
  25. ^ “Cardinal To Dedicate Prison Chapel Today; Ceremony on Harts Island to Be Held at 10:30 A.M. – Drive On for Building Funds.” (英語). The New York Times. (1932年5月1日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190113232619/https://www.nytimes.com/1932/05/01/archives/cardinal-to-dedicate-prison-chapel-today-ceremony-on-harts-island.html 2019年1月13日閲覧。 
  26. ^ a b c d Schneider, Daniel B. (1998年3月1日). “F.y.i.” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190103210932/https://www.nytimes.com/1998/03/01/nyregion/fyi-771465.html 2019年1月3日閲覧。 
  27. ^ “Opposes Resort on Hart's Island; State Prison Commission Tells Mayor Hylan City Should Acquire Property.” (英語). The New York Times. (1925年5月7日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190103210805/https://www.nytimes.com/1925/05/07/archives/opposes-resort-on-harts-island-state-prison-commission-tells-mayor.html 2019年1月3日閲覧。 
  28. ^ “City Decides To Take Hart's Island 'Coney'; Will Get Pleasure Resort by Condemnation – Valued at $20,000 in 1922, Now $160,000.” (英語). The New York Times. (1925年6月17日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190103210734/https://www.nytimes.com/1925/06/17/archives/city-decides-to-take-harts-island-coney-will-get-pleasure-resort-by.html 2019年1月3日閲覧。 
  29. ^ “City Must Pay $144,015; Negroes Win Big Award for Land Seized Near Reformatory.” (英語). The New York Times. (1927年11月26日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190103210853/https://www.nytimes.com/1927/11/26/archives/city-must-pay-144015-negroes-win-big-award-for-land-seized-near.html 2019年1月3日閲覧。 
  30. ^ “$800,000 Project Urged; Planning Body Calls for Funds for Rikers Island Unit” (英語). The New York Times. (1949年3月31日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190108003115/https://www.nytimes.com/1949/03/31/archives/800000-project-urged-planning-body-calls-for-funds-for-rikers.html 2019年1月7日閲覧。 
  31. ^ Webster, John (1954年3月26日). “Alcoholism a Disease Not a Crime”. New York Daily News: p. 148. https://www.newspapers.com/clip/27166768/ 2019年1月13日閲覧。 
  32. ^ “Assail Hart Island Plan; City Islanders Object to Housing of Homeless Men Nearby” (英語). The New York Times. (1950年2月22日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190108045723/https://www.nytimes.com/1950/02/22/archives/assail-hart-island-plan-city-islanders-object-to-housing-of.html 2019年1月7日閲覧。 
  33. ^ “City's Aid to Alcoholics Hailed; Harts Island Project Is Inspected” (英語). The New York Times. (1955年11月16日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1955/11/16/archives/citys-aid-to-alcoholics-hailed-harts-island-project-is-inspected.html 2019年1月7日閲覧。 
  34. ^ “New Court to Aid Derelicts of City; Hart Island Set-Up to Relieve 'Disgraceful' Detention Pens After Sept. 5” (英語). The New York Times. (1955年6月25日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190108003114/https://www.nytimes.com/1955/06/25/archives/new-court-to-aid-derelicts-of-city-hart-island-setup-to-relieve.html 2019年1月7日閲覧。 
  35. ^ “He's The Burying Kind”. New York Daily News: p. 177. (1963年12月2日). https://www.newspapers.com/clip/27705314/ 2019年1月27日閲覧。 
  36. ^ Vanderbilt, Tom (2000年3月5日). “When Nike Meant More Than 'Just Do It'” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2012年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121111023545/http://www.nytimes.com/2000/03/05/nyregion/city-lore-when-nike-meant-more-than-just-do-it.html 2008年8月25日閲覧。 
  37. ^ “$7,000,000 Workhouse Set for Rikers Island” (英語). The New York Times. (1959年5月13日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190113232541/https://www.nytimes.com/1959/05/13/archives/7000000-workhouse-set-for-rikers-island.html 2019年1月13日閲覧。 
  38. ^ “Stadium Opened for Hart Island; Prisoners Fill 600 Seats From Ebbets Field Given by Apartment Builder” (英語). The New York Times. (1960年5月27日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190113232546/https://www.nytimes.com/1960/05/27/archives/stadium-opened-for-hart-island-prisoners-fill-600-seats-from-ebbets.html 2019年1月13日閲覧。 
  39. ^ Wakin, Daniel J. (2000年9月27日). “Ebbets Lights Dimmed Again; In City Prizing Relics, Link to Dodgers Needs a Home” (英語). The New York Times. 2019年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月13日閲覧。
  40. ^ Schumach, Murray (1967年2月16日). “Hart Island Site For Addicts' Home; Former Users Will Offer Only Help at Center City Will Operate It” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190107233232/https://www.nytimes.com/1967/02/16/archives/hart-island-site-for-addicts-home-former-users-will-offer-only-help.html 2019年1月7日閲覧。 
  41. ^ “Phoenix House Marks 10 Years With a New Home” (英語). The New York Times. (1977年5月2日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190108000023/https://www.nytimes.com/1977/05/02/archives/phoenix-house-marks-10-years-with-a-new-home.html 2019年1月7日閲覧。 
  42. ^ a b c d Dead of AIDS and Forgotten in Potter's Field” (英語). The New York Times (2018年7月3日). 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月4日閲覧。
  43. ^ a b c d Chan, Sewell (2007年11月26日). “Searching for Names on an Island of Graves” (英語). The New York Times. 2018年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月14日閲覧。
  44. ^ Grundberg, Andy (1998年12月6日). “Photography” (英語). The New York Times. 2019年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月14日閲覧。
  45. ^ a b c d e Owen, Tess A. (2015年2月20日). “The Isolated Island Where New York's Unknown and Unclaimed Are Buried”. Vice. 2019年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月14日閲覧。
  46. ^ Kenny, Glenn (2019年2月7日). “'One Million American Dreams' Review: Stories From New York's Potter's Field” (英語). The New York Times. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月19日閲覧。
  47. ^ Scheck, Frank (2019年2月8日). “'One Million American Dreams': Film Review”. The Hollywood Reporter. 2019年5月19日閲覧。
  48. ^ a b Kilgannon, Corey (2013年11月15日). “Visiting the Island of the Dead. A Rare Visit to New York's Potter's Field on Hart Island” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2013年11月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131118031450/http://www.nytimes.com/2013/11/17/nyregion/on-hart-island-new-yorks-potters-field.html?pagewanted=all 2013年11月17日閲覧。 
  49. ^ Rocchio, Patrick (2018年5月4日). “A bone of contention/Erosion exposes human remains on Hart Island”. Bronx Times. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  50. ^ Rocchio, Patrick (2016年10月21日). “'Hart Island Historic District' recognized by New York State Office of Parks, Recreation and Historic Preservation”. Bronx Times. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  51. ^ a b c Lovejoy, Bess (2018年5月22日). “Burying NYC's Forgotten Dead at Hart Island”. JSTOR Daily. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  52. ^ Rubinstein, Dana (2018年5月2日). “Bones emerge on Hart Island, where inmates bury New York paupers”. Politico. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  53. ^ Erosion at New York's Hart Island graveyard unearths human bones”. WCBS-TV (2018年4月25日). 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  54. ^ Riski, Tess (2019年8月3日). “New York City to Start Cleanup of Cemetery Damaged in Superstorm Sandy” (英語). Wall Street Journal. 2019年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月26日閲覧。
  55. ^ a b c Sanders, Anna (2019年12月4日). “De Blasio signs law expanding ferry service access to Hart Island burial ground”. New York Daily News. 2019年12月6日閲覧。
  56. ^ DeStefano, Anthony M. (2019年12月4日). “Hart Island, NYC's 'potter's field' now a public park” (英語). Newsday. 2020年1月26日閲覧。
  57. ^ Hart Island Transferred To Parks Department As Part Of Plan To Improve Access”. CBS New York – Breaking News, Sports, Weather, Traffic And The Best of NY (2019年12月4日). 2020年1月26日閲覧。
  58. ^ a b Simone, Alina (2015年2月17日). “Is your family member buried on Hart Island, off the coast of New York? Sorry, you can't visit”. Public Radio International. 2019年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月4日閲覧。
  59. ^ a b c d Kim, Soo (2017年10月23日). “This tiny New York island is actually the world's largest mass burial site”. The Telegraph. 2019年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月4日閲覧。
  60. ^ a b Verrill, Courtney (2016年6月29日). “Over 1 million unclaimed bodies are buried on a little-known island in New York City – here's the story behind the massive graveyard”. Business Insider. 2019年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月4日閲覧。
  61. ^ Segar, Mike (2016年6月27日). “Mass graves in the heart of New York”. The Wider Image. 2019年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月4日閲覧。
  62. ^ a b Largo, Michael (2006). Final exits : the illustrated encyclopedia of how we die. Harper. pp. 407–408. ISBN 978-0-06-081741-1. OCLC 64592196. https://archive.org/details/finalexitsillust00larg_0/page/407 
  63. ^ Ferretti, Fred (1974年8月14日). “About New York” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190113232517/https://www.nytimes.com/1974/08/14/archives/about-new-york-last-ride-to-harts-island.html 2019年1月13日閲覧。 
  64. ^ Trebay, Guy (1992). “The Last Place” (英語). Grand Street (42): 118–131. doi:10.2307/25007564. JSTOR 25007564. 
  65. ^ a b “Unearthing the Secrets of New York's Mass Graves” (英語). The New York Times. (2016年5月15日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2016年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160515213259/http://www.nytimes.com/interactive/2016/05/15/nyregion/new-york-mass-graves-hart-island.html 2016年5月17日閲覧。 
  66. ^ Deutzman, John. “Hart Island Babies”. Fox 5 NY. WNYW; Fox Television. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月15日閲覧。
  67. ^ “Where the Unknown Dead Rest” (英語). The New York Times: p. 8. (1874年2月1日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2018年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180623033021/https://www.nytimes.com/1874/02/01/archives/local-miscellany-where-the-unknown-dead-rest.html 2010年4月10日閲覧。 
  68. ^ “Prisoners Build Memorial To Dead; Inmates of City Penitentiary on Hart Island Erecting Potter's Field Monument” (英語). The New York Times. (1948年9月9日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190107234815/https://www.nytimes.com/1948/09/09/archives/prisoners-build-memorial-to-dead-inmates-of-city-penitentiary-on.html 2019年1月7日閲覧。 
  69. ^ “City Shaft Honors Unclaimed Dead; 30-Foot Monument Dedicated On Hart Island to Memory of 450,000 in Potter's Field” (英語). The New York Times. (1948年10月11日). ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190107234825/https://www.nytimes.com/1948/10/11/archives/city-shaft-honors-unclaimed-dead-30foot-monument-dedicated-on-hart.html 2019年1月7日閲覧。 
  70. ^ a b Greenstein, Dale (2020年4月2日). “Prisoners are digging mass graves in New York City”. WTSP. https://www.wtsp.com/article/news/health/coronavirus/new-york-city-coronavirus-mass-graves-hart-island/67-df417271-adbd-4715-8588-f3e80f556473 2020年4月9日閲覧。 
  71. ^ 100万人が埋葬されるNYの島、新型コロナでも”. ナショナル・ジオグラフィック日本語版 (2020年4月15日). 2020年4月15日閲覧。
  72. ^ Sommerfeldt, Chris; Shahrigian, Shant (2020年4月6日). “NYC considers temporary burials on Hart Island amid mounting coronavirus death toll”. New York Daily News. https://www.nydailynews.com/coronavirus/ny-coronavirus-new-city-parks-burial-20200406-4vxvowhtk5f45brouqd32s7iau-story.html 2020年4月9日閲覧。 
  73. ^ Feuer, William; Higgins-Dunn, Noah (2020年4月6日). “New York City may have to bury coronavirus victims on public lands as deaths overwhelm mortuaries”. CNBC. https://www.cnbc.com/2020/04/06/new-york-city-weighs-temporary-burials-as-coronavirus-deaths-overwhelm-mortuary-system.html 
  74. ^ Vandinther, Jackie (2020年4月8日). “Drone video shows inmates digging mass burial graves on New York's Hart Island” (英語). CTVNews. 2020年4月9日閲覧。
  75. ^ Hogan, Gwynne (2020年4月7日). “Staggering Surge Of NYers Dying In Their Homes Suggests City Is Undercounting Coronavirus Fatalities” (英語). Gothamist. 2020年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月8日閲覧。
  76. ^ Jackson, Lucas (2020年4月9日). “New York City hires laborers to bury dead in Hart Island potter's field amid coronavirus surge” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-hart-island/new-york-city-hires-laborers-to-bury-dead-in-hart-island-potters-field-amid-coronavirus-surge-idUSL2N2BX1O5 2020年4月10日閲覧。 
  77. ^ New York digging mass graves amid virus outbreak”. BBC News (2020年4月10日). 2020年4月15日閲覧。
  78. ^ Robbins, Christopher (2020年4月9日). “Mass Burials On Hart Island Increase Fivefold As COVID-19 Death Toll Skyrockets” (英語). Gothamist. 2020年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月15日閲覧。
  79. ^ Gross, Daniel A. (2020年4月10日). “The Transformation of Hart Island”. The New Yorker. 2020年4月13日閲覧。
  80. ^ FAQs: Hart Island Burials; What is Hart Island?”. nyc.gov. New York City Council (2017年7月25日). 2018年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月14日閲覧。
  81. ^ Santora, Marc (2013年4月11日). “City Introduces Online Database for Its Potter's Field” (英語). The New York Times. 2018年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月14日閲覧。
  82. ^ Buckley, Cara (2008年3月24日). “Finding Names for Hart Island's Forgotten” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2012年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120314064418/http://www.nytimes.com/2008/03/24/nyregion/24hart.html 2010年4月10日閲覧。 
  83. ^ Chan, Sewell (2007年11月26日). “Searching for Names on an Island of Graves” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2012年9月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120922143000/http://cityroom.blogs.nytimes.com/2007/11/26/searching-for-names-on-an-island-of-graves/ 2010年4月10日閲覧。 
  84. ^ Duke, Nathan (2010年5月19日). “Poets honor Potter's Field dead in Flushing”. Queens Courier. 2019年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月17日閲覧。
  85. ^ Risen, Clay (2002年10月10日). “Hart Island”. The Morning News. 2011年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  86. ^ Rosemont, Franklin, ed (1985). Juice is stranger than friction : selected writings of t-bone slim. Charles H. Kerr. ISBN 978-0-88286-070-1. OCLC 1001785717 
  87. ^ Mission”. The Hart Island Project. 2019年10月15日閲覧。
  88. ^ Remizowski, Leigh (2012年3月11日). “New Yorker helps people track down loved ones who died unknown”. CNN. オリジナルの2013年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130820040301/http://www.cnn.com/2012/03/10/us/new-york-hart-island 2013年8月25日閲覧。 
  89. ^ Silverman, Alex (2011年11月14日). “Melinda Hunt Follows NYC's Lonely Dead To Hart Island”. WCBS-TV. オリジナルの2014年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140413125433/http://newyork.cbslocal.com/2011/11/14/melinda-hunt-follows-nycs-lonely-dead-to-hart-island/ 2013年8月25日閲覧。 
  90. ^ Wang, Hansi Lo (2016年2月4日). “Relatives Of Deceased Push For More Access To NYC Potter's Field”. NPR. 2016年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  91. ^ Laqueur, Thomas (2015). The Work of the Dead: A Cultural History of Mortal Remains. Princeton University Press. p. 419. ISBN 978-0-691-15778-8. OCLC 908084082. https://books.google.com/books?id=ZHFqCgAAQBAJ&pg=PA419 
  92. ^ a b Riski, Tess (2019年8月21日). “New York City Has Been Releasing Burial Records of Fetal Remains—and Names of Women Linked to Them”. The Wall Street Journal. 2019年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月26日閲覧。
  93. ^ Supplement to the City Record the Council — Stated Meeting of Tuesday, December 10, 2013”. nyc.gov. New York City Council (2013年12月10日). 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  94. ^ a b Zimmer, Amy (2013年4月11日). “City Launches Online Database for Massive Hart Island Potter's Field”. DNAinfo New York. 2016年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  95. ^ Traveling Cloud Museum—Atlas of the Future”. Atlas of the Future. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  96. ^ Dahlem, Liz (2018年5月8日). “Making Hart Island's graves easier to visit”. Fox 5 NY. WNYW; Fox Television. 2019年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月23日閲覧。
  97. ^ Hodara, Susan (2011年12月30日). “Giving Voice to the Legions Buried in a Potter's Field” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2012年7月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120707101100/http://www.nytimes.com/2012/01/01/nyregion/the-hart-island-project-at-westchester-community-college-in-peekskill.html 2013年8月25日閲覧。 
  98. ^ Blotcher, Jay (2011年11月30日). “The Art of the Forgotten”. Chronogram Magazine. オリジナルの2015年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151119112924/http://www.chronogram.com/hudsonvalley/the-art-of-the-forgotten/Content?oid=2175700 2013年8月25日閲覧。 
  99. ^ Rojas, Marcela (2011年11月12日). “Peekskill artist helps families find those buried at Hart Island”. The Journal News. オリジナルの2012年7月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120707150030/http://www.lohud.com/article/20111112/NEWS01/111120340/Peekskill-artist-helps-families-find-those-buried-Hart-Island 2013年8月25日閲覧。 
  100. ^ a b c d e Bernstein, Nina (2016年1月20日). “Officials Object to Plan to Turn Hart Island Burial Site Over to Parks Dept.” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190403180525/https://www.nytimes.com/2016/01/21/nyregion/officials-object-to-plan-to-turn-potters-field-over-to-parks-dept.html 2019年4月3日閲覧。 
  101. ^ Hennelly, Bob (2011年10月28日). “Council Looking Into City Cemetery”. WNYC. オリジナルの2012年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120427021944/http://www.wnyc.org/articles/wnyc-news/2011/oct/28/council-looking-city-cemetery/ 2013年8月25日閲覧。 
  102. ^ Mathias, Christopher (2011年10月30日). “Hart Island Cemetery: City Council Reviews Operations Of New York's Potter's Field (VIDEO)”. Huffington Post. オリジナルの2011年11月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111104014101/http://www.huffingtonpost.com/2011/10/30/hart-island_n_1066391.html 2011年11月4日閲覧。 
  103. ^ *Requiring the Dept of Correction to make its electronic database of people buried at Hart’s Island, since 1977, available on its website”. nyc.gov. New York City Council (2013年12月17日). 2019年8月26日閲覧。
  104. ^ A Local Law to amend the administrative code of the city of New York, in relation to ferry service to Hart's Island”. nyc.gov. New York City Council (2014年3月12日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  105. ^ Rocchio, Patrick (2014年11月14日). “City Island Civic Association, Chamber visit Hart Island and take tour”. Bronx Times. 2018年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月4日閲覧。
  106. ^ Velsey, Kim (2012年9月28日). “An Open Hart Island: Off the Coast of the Bronx Lie 850,000 Lost Souls—the City Council Hopes to Pay Its Respects”. New York Observer. オリジナルの2013年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130701022844/http://observer.com/2012/09/hart-island/ 2013年8月25日閲覧。 
  107. ^ De Bode, Lisa (2016年1月20日). “NYC Discusses Turning Hart Island Into a Park”. Al Jazeera America. 2016年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  108. ^ Alvarez, Maria (2016年1月20日). “NYC Council hears plan to turn island of forgotten into park”. am New York. 2016年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  109. ^ Whitford, Emma (2016年1月20日). “Who Should Control Hart Island, NYC's "Prison For The Dead"?”. Gothamist. 2016年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  110. ^ Transfer of jurisdiction over Hart Island from the DOC to the dept of parks and recreation”. nyc.gov. New York City Council (2018年5月9日). 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  111. ^ Rubinstein, Dana (2018年5月9日). “Council members take up the cause of the Hart Island bereaved”. Politico. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  112. ^ DeStefano, Anthony M. (2018年5月9日). “Bill would shift control of Hart Island to NYC Parks”. am New York. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  113. ^ Shahrigian, Shant (2019年11月14日). “NYC Council passes laws aimed at making Hart Island more accessible”. New York Daily News. 2019年11月15日閲覧。
  114. ^ Hart Island, Final Resting Place Of 1 Million, On Verge Of Becoming NYC Parks Property” (英語). CBS News (2019年11月13日). 2019年11月15日閲覧。
  115. ^ Hart Island Transferred To Parks Department As Part Of Plan To Improve Access”. CBS New York (2019年12月4日). 2019年12月6日閲覧。
  116. ^ DeStefano, Anthony M. (2019年12月4日). “De Blasio signs law making Hart Island, NYC's potter's field, a public park”. Newsday. 2019年12月6日閲覧。
  117. ^ Contact Information”. Hart Island Project. 2016年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  118. ^ a b Hart Island”. nyc.gov. New York City Department of Correction. 2019年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月3日閲覧。
  119. ^ a b Stipulation and Order of Settlement: Rosaria Cortes Lusero, Marie Cruz Garcia, and Michelle Caner, On Behalf of Themselves and All Others Similarly Situated, Plaintiffs, Against the City Of New York, Defendant”. 2015年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月29日閲覧。
  120. ^ FAQ”. Hart Island Project. 2018年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月4日閲覧。
  121. ^ a b Knowles, Clayton (1967年1月31日). “City May End Hart Island Ferry; 1,500 a Month Use the Service to Potter's Field Running the 2 Boats Costs More Than $300,000 a Year” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2019年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190107232907/https://www.nytimes.com/1967/01/31/archives/city-may-end-hart-island-ferry-1500-a-month-use-the-service-to.html 2019年1月7日閲覧。 
  122. ^ Hart Island Timeline”. New York Correction History Society. 2017年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月27日閲覧。
  123. ^ Hart Island”. New York Correction History Society (2000年6月15日). 2018年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月13日閲覧。
  124. ^ Kilgannon, Corey (2015年7月9日). “New York City to Allow Relatives to Visit Grave Sites at Potter's Field” (英語). The New York Times. 2015年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  125. ^ Bernstein, Nina (2015年7月20日). “Mourners Make First Visit to New York's Potter's Field” (英語). The New York Times. 2016年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
  126. ^ Whitford, Emma (2017年1月24日). “City Agrees To Increase Mourners' Access To Mass Graves On Hart Island”. Gothamist. 2017年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月24日閲覧。

関連文献

[編集]

外部リンク

[編集]