ハート・オブ・パーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新鮮なヤシの芯
ハート・オブ・パーム
100 gあたりの栄養価
エネルギー 79.5 kJ (19.0 kcal)
3.1 g
糖類 0.0 g
食物繊維 1.6 g
0.39 g
1.55 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(3%)
23.4 μg
ビタミンC
(2%)
1.9 mg
ミネラル
ナトリウム
(23%)
349 mg
カルシウム
(5%)
47 mg
鉄分
(16%)
2.09 mg

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ハート・オブ・パーム(英語:Heart of palm、「ヤシの芯」の意。別名:パルミット)とは、ヤシの内側の部分から摂れる野菜である。おもに、ココヤシジュサラヤシ(Euterpe edulis)、アサイーサバルチョンタドゥーロなどのヤシの芽である。

栽培種チョンタドゥーロ(Bactris gasipaes)種は、多くの地域で育てられており、エクアドルでは chontaduro(チョンタドゥーロ)ブラジルコスタリカではpalmitoパルミート、パルミットとも)、英語ではピーチパーム( peach palm )と呼ばれている[1]。栽培地から遠い地域では、瓶詰缶詰等の形で流通している。

茎が一本の種、非栽培種など(例: Geonoma edulis )では、採ると木が死んでしまうものもあるが[2]挿し木出来る種、多くの茎を持つヤシなどは適度な収穫を行っていれば大丈夫である。

料理・消費[編集]

そのままでも、サラダや加熱調理(ラザニア、スープ、グラタン等)しても食べられる。消費される地域は主に、中南米、アメリカフランスベルギーイタリアスペインなどラテン民族系が多く住む地域である。

消費国第一位は最大生産国のブラジル、第二位は最大の輸入国フランス[3]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ Zeldes, Leah A. (2010年11月17日). “Eat this! Heart of palm, an exotic taste of the tropics”. Dining Chicago. Chicago's Restaurant & Entertainment Guide, Inc.. 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ Sylvester, O.; Avalos, G. (2009). Illegal palm heart (Geonoma edulis) harvest in Costa Rican national parks: patterns of consumption and extraction. Economic Botany. 63(2): 179-189.
  3. ^ CBI Product Factsheet:Canned palm hearts in France(オランダ外務省CBI:開発途上国からの輸入促進センター