ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hart of Dixie
ジャンル 医療ドラマ
コメディ
製作者 Leila Gerstein
出演者 Rachel Bilson
Jaime King
Cress Williams
Wilson Bethel
Tim Matheson
Scott Porter
音楽 Jeremy Adelman
United States
言語 English
シーズン数 2
話数 37 (エピソード一覧)
製作
製作総指揮 Leila Gerstein
Donald Todd
Josh Schwartz
Stephanie Savage
Jason Ensler
Len Goldstein
プロデューサー Sarah Kucserka
Kelly Van Horn
Veronica Becker
編集 Brandi Bradburn
Barbara Gerard
Les Bulter
Jeff Granzow
製作場所 カリフォルニア州ロサンゼルス
Pilot:
ノースキャロライナ州ウィルミントン
撮影監督 Jeffrey Jur
Buzz Feitshans IV
Robert Gantz
Brad Lipson
放送時間 42 minutes
製作会社 Warner Bros. Television
CBS Television Studios
Fake Empire Productions
放送
放送局 The CW
放送期間 2011年9月26日 (2011-09-26) – present
外部リンク
ウェブサイト

ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記』(Hart of Dixie) は、2011年9月26日にCWテレビジョンネットワークで初回放映されたアメリカのコメディ-ドラマのテレビシリーズ。主人公のゾーイ・ハートは、心臓外科医になる夢が破れ小さい診療所の仕事を受けるため南部の町アラバマ州ブルーベルを訪れる……。

シリーズ製作は「ゴシップガール」、「The O.C.」の監督、脚本で知られるレイラー・ガーシュタイン、主演はドラマ「The O.C.」で人気を得たレイチェル・ビルソン。Dixieは一般に「ディキシー」と表記されることが多いが、ここではDlifeによる日本初放送時の表記に合わせ、「ディクシー」とする。

概要[編集]

シーズン1[編集]

早口のニューヨーカーで、新米医師のゾーイ・ハートは医学部を首席で卒業したあと、父の後を継ぎ、心胸郭外科医になる予定だった。しかし、その夢が破れ、ゾーイは見知らぬ人、ハーレー・ウィルクス医師からアラバマ州ブルーベルにある小さな診療所で一緒に開業する申し出を受け入れることにした。ゾーイはこの小さな湾岸の町に到着したが、ハーレーがすでに亡くなっており、遺言で診療所の半分が彼女のものになっていることを知る。

ゾーイは南部人は言われているように親切でないことを知る—もう一人の医者ブリック・ブリーランドは若い外部の医者と診療所を共有することを嫌がり、その娘のレモンは南部美人だが、その優しい性格がゾーイに会ったとたん意地悪になった。ゾーイの数少ない味方は元アメフトのスターで町長のラヴォン・ヘイズ、不良っぽい隣人ウェイド・キンセラ、ハンサムな弁護士ジョージ・タッカー(たまたまレモンの婚約者)であった。ゾーイは気力が尽きて荷物を纏めて出ていこうとしたが、気位の高いニューヨークの母親が訪ねてきたことで、ゾーイはブルーベルに暫く留まることを決意し、小さな町の生活や自分も気づかなかった自己の側面を発見する。[1][2]

シーズン2[編集]

第2シーズンはゾーイのジョージとウェイド(最近一緒に寝た)の間で気持ちが揺れ動くことから始まる。 ゾーイはジョージが恋愛の準備ができていないと判断し、ウェイドと交際を始める。

キャスト[編集]

メインキャスト[編集]

ゾーイ・ハート医師
演:レイチェル・ビルソン、吹替:坂本真綾
ゾーイは父親のように心臓外科医になりたいと望んでいる。ニューヨーク病院で4年間レジデントを経験したあと、経験不足という理由で、フェローの職を得ることができなかった。そこで南部へ移り住みアラバマ州ブルーベルという町で小さな診療所で働くこととした。実の父親がその職を与えてくれたと知り、ゾーイは父のことを知るため診療所で働くことを決意する。頭の回転が速く、早口で喋るが、自尊心の高い南部人気質を理解していないため、彼女はしばしば問題を起こす。ゾーイはジョージに気を寄せているが、彼がその気になるまで行動を起こさないと決める。ウェイドとは恋人未満の友人であったが、シーズン2では彼とだけ交際することになる。
レモン・ブリーランド
演:ジェイミーキング、吹替:小松由佳
町の医者ブリック・ブリーランドの娘。ジョージ·タッカーと婚約していたが、ジョージがニューヨークに住んでいた頃ラヴォンとも交際していた。レモンは、自尊心が高く、保守的で、やや神経質で、初対面のときからゾーイに深いライバル心を燃やす。なぜならゾーイは彼女の「完璧な」人生の邪魔をしていると考えているからで、考え方の相違から2人はしばしば衝突する。
ラヴォン・ヘイズ
演:クレス・ウィリアムズ、吹替:藤真秀
ブルーベルの町長で10年間NFLでラインバッカーとしてプレーしていた。バート・レイノルズというペットのワニを飼っている。ラヴォンはジョージの婚約者レモンと親密な関係であったことが第1シーズンで明らかになる。ラヴォンは、ゾーイとの緊密な友情を持つようになり、しばしば、地元の気質について、ゾーイに有意義な助言を与える。
ウェイド・キンセラ
演:ウィルソン・ベゼル、吹替:川田紳司
バーテンダーで肉体労働者でゾーイの隣人。ウェイドがゾーイと最初に出会ったのは、彼の家のパーティでゾーイの家の電源が吹き飛んだときだった。 一風変わった性格の持ち主である。最初は、彼はステレオタイプで、自尊心の高いレッドネックで、楽しいことが好きで、子どもっぽく、野心がなく、女たらしで、皮肉屋なバーテンダーで、何も気にしない人間かと思われた。しかし、徐々に彼は非常に洗練された人格を持ち、自分の周りの人々を気に掛けるが、自分の感情を出さないよう努力していることがわかった。ゾーイにぞっこんである様に見えるが、自分の生活様式と変えたと考え、ゾーイへの野心をもつが彼女への気持ちは隠そうとしている。 ゾーイの友人、ジョージへの思いに気づいていたが、ゾーイに見返りを求めることなく全てを与えていた。シーズン2では、ゾーイと恋人関係にある。
ブリック・ブリーランド
演:ティム・マシスン
レモンの父であり、医師、ブルーベル診療所の半分を所有している。ゾーイの医療診断と南部人の優しさへの経験不足を批判する。(準レギュラー1-14話、レギュラーキャスト15 -現在)
ジョージ・タッカー
演:スコット・ポーター、吹替:土田大
ジョージは、元レモンの婚約者。弁護士であるジョージはブルーベルの故郷に帰る前は、ニューヨークの大手法律事務所で働いていた。彼とゾーイは頻繁に出くわす。ジョージは高校時代に会って素晴らしい人だったから、レモンと結婚するとゾーイに言った。にもかかわらず、最終的にはゾーイに思いを寄せ始める。ラヴォンとレモンの情事を知った後、彼はニューオーリンズのバーでゾーイとキスし、レモンとの結婚式を中止した。

準レギュラー[編集]

ローズ・ハッテンバーガー
演:マッカリー・ミラー
ゾーイを賞賛する十代の少女。非常に頭が良いため、仲間や両親から疎外されていると感じている。
マグノリア・ブリーランド
演:クラウディア·リー
レモンの十代の妹でブリックの末娘。エピソードThe Undead & The Unsaid"で両親からの注意を得ようとする、荒れた少女と描かれた。彼女はローズとライバルになることもある。ジョージが婚約を破棄したとき、レモンを慰めた優しい面もある。
トム·ロング
演:ロス・フィリップス
ゾーイに片思いをするが、ワンダと交際を始めるオタク青年。
アナベス・ナス
演:ケイトリン・ブラック
レモンズ・サザン・ベルズのメンバーで、レモンの親友。かつてゾーイと仲良しだったが、地元のサザン・ベルズ・チャプターで高い地位を得た後、彼女との付き合いをやめた。シーズン2では、ラヴォンに気を寄せるが、レモンの彼との関係のため、考えを変える。
クリケット
演:ブランディ・バークハート
レモンズ・サザン・ベルズのメンバー。彼女は非常にレモンの影響を受けている。
ダッシュデウィット
演:レジナルド・ベルジョンソン
地元の新聞記者の長。
ワンダ
演:マロリー・モイエ
トムの恋人。
ルビー・ジェフリーズ
演:ゴールデン・ブルックス
ラヴォンの高校時代の元恋人で、町長の対抗馬として立候補する。レモンのライバルであるゾーイと仲良しである。 (シーズン2)
シェリー・Ng
演:デボラ・S・クレイグ
地元のレストラン "ラマー・ジャマー"のウェイトレスで、ウェイドの同僚。 (シーズン1)
アディー·ピケット
演:エイサー・デイビス
診療所の受付。しばしばゾーイにアドバイスする。 (シーズン1)
ディディ・ルアノ
演:ナディーン・ベラスケス
もともと診療所の受付であったが、後でアディーに置き換えられた。その後、ジョージの秘書の仕事を得る。ラヴォンとつきあったり離れたりの関係にあった。頭があまりよくなく、おしゃべりだと知られている。 (シーズン1)
エミリー·チェイス
演:メアリー・ページ・ケラー
ジャドソン・ライオンズ
演:ウェズ・ブラウン
ジャドソンはブルーベルの地元の獣医師である。一時期ニューヨークから来たゾーイの親友ジジと寝ていたが、ゾーイにロマンチックな関心を強く示していた。 (シーズン1)

制作[編集]

2011年2月1日、CWがハート・オブ・ディクシー のパイロット版を注文したことが発表された。 [3] [4] 5月17日に、CWはHart of Dixie を正式にシリーズとして採用し、2011年秋の放送が決定された。[5] 制作総指揮のジョシュ·シュワルツ、主演のレイチェル・ビルソンが一緒に仕事をするのはこれで2回目である。[5] 2人が最初に一緒に仕事をしたのは、シュワルツ制作のFoxのティーンドラマThe O.C. である。[2] 制作総指揮の ジョシュ・シュワルツは,番組をThe WB の古典 フェリシティの青春 , エバーウッド 遥かなるコロラドギルモア・ガールズ と比較した。[6]

The CWの2011秋のスケジュールでハート・オブ・ディクシー は東部時間月曜日の9:00 pm/中西部時間8:00 pmにゴシップガール の後に放送されることが発表された。[7] 番組は、2011年9月26日(月曜日)に初回放送された。 [8] 2011年10月12日にシリーズは、21つのエピソードからなるフルシーズンが決定された。他のCWドラマと一緒に、マーク・ペドウィッツは「これらのドラマの創造的な力強さを信じていおり、9話の注文をしたので、視聴者にすべてのドラマでフルシーズンをお楽しみいただくチャンスを提供している」と述べた。[9] 2012年5月11日に、CWは番組を第二シーズンにリニューアルした。[10] 2012年10月2日に初回放送された。

配役[編集]

2011年2月8日、TV Lineは、レイチェル·ビルソンが、シリーズに出演する契約に近づいていると報じた。 [11] 彼女の役はCWによるその後のプレスリリースで確認された。 [12] すぐその後、ウィルソン・ベセルがウェイドキンセラ役、Zoeの「イケメンで不良少年」の隣人としてキャストに加わった。 [13] スコット・ポーターは後に、ビルソンが思いを寄せるハンサムな弁護士ジョージ·タッカーとしてキャスティングされた。 [14]

2011年5月20日ナンシー・トラビス20世紀Fox制作のABCシットコムラストマン・スタンディング に集中するため、番組から降板することが発表された[15]。トラビスは、最初の2つのエピソードの後からは脚本から消された。 [16] メレディス·モンローはレモンの疎遠になった母親として、1つのエピソードに登場した。 [17]ジョーベス・ウィリアムズはビルソンが演じる役の母親キャンディス·ハートとしての2つのエピソードに登場した。

評価[編集]

批評家による評価[編集]

番組はMetacriticから43/100の賛否両論の評価を受けている。 [18]

TVGuide.comは番組を「たどりつけばアラスカ」の南部版 "サザン・エクスポージャ "と説明し、[2] その後のレビューで俳優たちは単に可愛いだけじゃないが、ビルソンは心臓外科医としては説得力に掛けると述べた。[19] TVGuide.comとUSA Today ノロバート・ビアンコは番組は南部の人達に不快感を与える可能性があると述べた。[19][20] ビアンコはさらに、番組は底が浅く、こじつけが多い、例えば、ビルソンが自分をドクターと呼ぶ時驚いたような演技をし説得力に欠けると述べた。[20] ハリウッド·リポーター ティム・グッドマンは、番組は先が読めるし表面的であるが、「意外に感動的」だと述べた。 [21] グッドマンと Variety のブライアン・ローリーはビルソンは医師のようには見えないと述べた。、グッドマンはビルソンは「高級娼婦」のようだと述べ、[21]ローリーは、「バービー人形」の夢のお医者さんのようだと述べた。[22]

The New York Times で、批評家のゲンズリンガーは「...初回放映は少なくとも、ぶつかりあうヒモ--都会のネズミのめまい、医療の緊急事態、女の喧嘩、父親の問題、若くて綺麗でどこにでもあるもの--を説得力を持ってバランスできていないと述べた。[23] Los Angeles Times のレビューアーメアリ・マクナマラは番組は「見慣れたシナリオを組み合わせてそれほど悪くない、綺麗な、大きなキルトのようだ」と述べた。[24] TVLineは番組は「エバーウッド 的」と述べた。[25] TVLineは後で「暖かく心地よい調子で美しく撮影され、南部の設定は輝くビルソンを完全に包んでいる」と述べ、ポーターの出演は「視聴者を惹きつけ、粗野な導入部を忘れさせ、ロマンチックコメディのクリシェにも関わらず、第一話はゾーイの物語の主要人物を非常に効率的に紹介し、物語がどう進むかの骨組みを示した」と述べた。[26] Tv Times 誌はハート・オブ・ディクシー に2011–2012での最低スコア12/100を与えた。

受賞[編集]

カテゴリー 受賞者と候補者 結果
2011     E! ゴールデン本塁打賞[27] 楽しみな秋の新番組 ハートオブディクシー ノミネート

視聴率[編集]

シーズン タイムスロット(ET) エピソード 初演 終了 TV season 順位 視聴者
(単位:百万)
日付 初回視聴者
(単位:百万)
日付 最終回視聴者
(単位:百万)
1 月曜日21:00 22 2011年9月26日 (2011-09-26) 1.88 [28] 2012年5月14日 (2012-5-14) 1.60 [29] 2011-2012 182 1.77 [30]
2 火曜日の午後8時 22 2012年10月2日 (2012-10-02) 1.53 [31] 2013年5月7日 (2013-5-7)[32] 未定 2012-2013 未定 未定

米国以外の放送[編集]

カントリー 放送局 初回放送 時間帯
チリの旗 チリ Glitz* 2012年7月4日[33] 午後9:00毎週水曜日
オーストラリアの旗 オーストラリア Fox8 2012年1月7日[34] 20:30 7時月曜日
ブラジルの旗 ブラジル Glitz* 2012年7月4日[35] 午後9:00毎週水曜日
カナダの旗 カナダ CHCH 2011年9月26日[36] 午後8時月曜日、ET
デンマークの旗 デンマーク Kanal 4 2012年5月28日[37] 午後8時月曜
フランスの旗 フランス June 2012年12月11日[38] 20:40で火曜日
ドイツの旗 ドイツ Sixx 2013年4月8日[39] 21:20で月曜日
アイルランドの旗 アイルランド TV3 2012年5月13日[40] 午後6時30分日曜日
イスラエルの旗 イスラエル HOT3 2013年1月6日 午後7時30分日曜日
イタリアの旗 イタリア Mya 2012年5月27日[41] 21:15時日曜日
アルゼンチンの旗 アルゼンチン Glitz* 2012年7月4日[42] 午後9:00毎週水曜日
ニュージーランドの旗 ニュージーランド TV2 2012年8月5日[43] 日曜午後5時30分
フィリピンの旗 フィリピン 2nd Avenue 2011年9月29日[44] 午後8時木曜
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 M-Net Series 2012年2月10日[45] 午後8時30分金曜日
スウェーデンの旗 スウェーデン Kanal 5 2012年7月31日[46] 午後8時火曜日
アラブ世界 MBC 4
イギリスの旗 イギリス Really 2012年4月30日[47] 午後8時月曜
ポーランドの旗 ポーランド Fox Life 2012年11月18日[48] 午後9時月曜日
ポルトガルの旗 ポルトガル AXN White 午後9時日曜日、再放送毎週木曜21時
スペインの旗 スペイン AXN White 日曜21時30分
日本の旗 日本

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ THE CW ANNOUNCES 2011-2012 SCHEDULE” (2011年5月19日). 2011年7月23日閲覧。
  2. ^ a b c “Fall TV 2011: Must-See New Shows”. TV Guide. (2011年8月9日). http://www.tvguide.com/special/fall-preview/photogallery/fall-tv-2011-1035660#1035668 2011年8月20日閲覧。 
  3. ^ Hibberd, James (2011年2月1日). “CW pilot pickups! Zombies, angels, docs, cops”. EW.com. 2011年7月8日閲覧。
  4. ^ Masters, Megan (2011年2月1日). “The CW's Pilot Pickups Take On Zombies and Angels, Doctors and Detectives”. TVLine. 2011年7月8日閲覧。
  5. ^ a b Bricker, Tierney (2011年5月17日). “The CW picks up 'Ringer,' 'The Secret Circle' and 'Hart of Dixie'”. Zap2it. 2011年7月8日閲覧。
  6. ^ Schwartz, Josh (2011年5月17日). “Josh Schwartz tweets about Hart of Dixie”. Twitter.com. 2011年5月18日閲覧。
  7. ^ Mitovich, Matt Webb (2011年5月19日). “The CW's Fall Schedule: Sarah Michelle Gellar Back on Tuesdays, Nikita Makes Move”. TVLine. 2011年5月21日閲覧。
  8. ^ Seidman, Robert (2011年6月20日). “The CW Network Announces Fall 2011 Premiere Dates”. TV by the Numbers. 2011年6月20日閲覧。
  9. ^ Andreeva, Nellie (2011年10月12日). “CW Gives Full-Season Orders To ‘Hart Of Dixie’ & ‘Secret Circle’, Goes 3-For-3”. Deadline. 2011年10月12日閲覧。
  10. ^ Ausiello, Michael (2012年5月11日). “The CW Cancels Ringer and Secret Circle, Renews Hart of Dixie For Season 2”. TVLine. 2012年5月11日閲覧。
  11. ^ Andreeva, Nellie (2011年2月8日). “Rachel Bilson To Star In The CW's Dixie Pilot”. TVLine. 2011年7月8日閲覧。
  12. ^ THE CW ANNOUNCES 2011-2012 SCHEDULE” (2011年5月19日). 2011年7月28日閲覧。
  13. ^ "Development Update: Tuesday, February 17", The Futon Critic, 02-17-11. Retrieved September 4, 2011.
  14. ^ Ausiello, Michael (2011年3月16日). “Pilot Scoop: Scott Porter To Tug at Rachel Bilson's Hart-strings”. TVLine. 2011年7月8日閲覧。
  15. ^ "Nancy Travis To Be Recast On 'Hart Of Dixie'" from Deadline.com (May 20, 2011)
  16. ^ Mitovich, Matt (2011年6月21日). “Fall TV Recasts: Damon Wayans Will (Briefly) Live with New Girl, and More Updates”. TVLine. 2011年7月8日閲覧。
  17. ^ Masters, Megan (2011年10月11日). “Hart of Dixie Exclusive: Dawson's Creek Vet to Play [Spoiler Alert!]”. TVLine. Ocgtober 13, 2011閲覧。
  18. ^ Hart of Dixie season 1 (Metacritic)”. 2011年9月25日閲覧。
  19. ^ a b Roush, Matt (2011年9月26日). “Matt's Guide to Monday TV: The New Season”. TVGuide.com. 2012年2月19日閲覧。
  20. ^ a b Bianco, Robert (2011年9月26日). “There's nothing deep in 'Hart of Dixie'”. USAToday.com. 2011年12月14日閲覧。
  21. ^ a b Goodman, Tim (2011年9月26日). “Hart of Dixie: TV Review”. The Hollywood Reporter. 2012年2月27日閲覧。
  22. ^ Lowry, Brian (2011年9月23日). “Hart of Dixie”. Variety. 2012年2月27日閲覧。
  23. ^ Genzlinger, Neil (2011年9月22日). “After A Life Shakeup, Physician, Reveal Thy True Self”. The New York Times. 2011年10月30日閲覧。
  24. ^ McNamara, Mary (2011年9月26日). “Television Review: 'Hart of Dixie'”. the Los Angeles Times. 2011年10月30日閲覧。
  25. ^ Masters, Megan (2011年5月17日). “CW Picks Up Rachel Bilson and Sarah Michelle Gellar Shows, Kevin Williamson's Secret Circle”. TVLine. 2011年5月18日閲覧。
  26. ^ Mitovich, Matt Webb (2011年8月17日). “Fall TV First Impression: Hart Of Dixie Serves Up Rachel Bilson, Southern Comforts”. TVLine. 2011年8月31日閲覧。
  27. ^ “Who Won the 2011 Tater Top Awards?”. E!. (2011年7月6日). http://fr.eonline.com/news/watch_with_kristin/who_won_2011_tater_top_awards/250797 2011年11月18日閲覧。 
  28. ^ Gorman, Bill (2011年9月27日). “Monday Broadcast Final Ratings: 'Terra Nova,' '2.5 Men,' 'Castle,' HIMYM, 'Hart Of Dixie,' 'Broke Girls' Adjusted Up; 'Gossip Girl,' 'Mike & Molly' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2011年9月27日閲覧。
  29. ^ Bibel, Sara (2012年5月15日). “Monday Final Ratings: 'How I Met Your Mother', 'Two and a Half Men', 'Mike & Molly', 'America's Got Talent' & 'The Bachelorette' Adjusted Up”. Tv by the Numbers. 2012年5月15日閲覧。
  30. ^ Gorman, Bill (2012年5月24日). “Complete List Of 2011-12 Season TV Show Viewership: 'Sunday Night Football' Tops, Followed By 'American Idol,' 'NCIS' & 'Dancing With The Stars'”. Tv by the Numbers. 2012年5月24日閲覧。
  31. ^ Bibel, Sara (2012年10月3日). “Tuesday Final Ratings: 'NCIS', 'The Voice', & 'Dancing With the Stars' Special Adjusted Up; 'Go On', 'Vegas' & 'Parenthood' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2012年10月3日閲覧。
  32. ^ The Futon Critic Staff (2013年2月26日). “Exclusive: The CW Sets Season Finale Dates”. The Futon Critic. 2013年2月26日閲覧。
  33. ^ HART OF DIXIE - Glitz”. glitztvla.com. 2012年9月27日閲覧。
  34. ^ Knox, David (2011年12月26日). “Airdate: Hart of Dixie”. 'TV Tonight'. 2011年12月27日閲覧。
  35. ^ Canal Glitz vai exibir Hart of Dixie, nova série de Rachel Bilson”. TeleSéries (2011年11月23日). 2012年4月13日閲覧。
  36. ^ Shows - Hart of Dixie”. CHCH.com. 2012年2月4日閲覧。
  37. ^ OnTV: Hart of Dixie (episode 1)”. ontv.dk. 2012年6月6日閲覧。
  38. ^ Hart of Dixie”. AlloCiné. 2012年12月11日閲覧。
  39. ^ Hart of Dixie:Deutschlandpremiere ab April bei Sixx”. Serienjunkies.de. 2013年2月26日閲覧。
  40. ^ TV Guide: Hart of Dixie is on TV this week ...”. TVGuide.co.uk. 2012年5月9日閲覧。
  41. ^ Mediaset Premium e Fox Italia: nei prossimi mesi in arrivo Alcatraz, 2 Broke Girls, Hart of Dixie, Pan Am, Dexter 6, Homeland ed altre. The Vampire Diaries 3 a settembre”. TV Blog.it (2011年12月1日). 2012年4月13日閲覧。
  42. ^ HART OF DIXIE - Glitz”. glitztvla.com. 2012年9月27日閲覧。
  43. ^ Hart of Dixie”. TVNZ Online. 2012年8月5日閲覧。
  44. ^ Rachel Bilson back on primetime TV via Hart of Dixie”. 2012年2月6日閲覧。
  45. ^ TVSA Show Premieres: Hart of Dixie”. TVSA.co.za. 2012年2月27日閲覧。
  46. ^ Hart Of Dixie” (2012年2月3日). 2012年2月3日閲覧。
  47. ^ Really To Air Hart Of Dixie In April”. TVWise (2012年2月3日). 2012年2月3日閲覧。
  48. ^ Fox Life - The official page of Hart of Dixie. Polish title translation - Dr Hart”. TVWise (2012年11月9日). 2012年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]