ハーグ条約 (1661年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハーグ条約(ハーグじょうやく、オランダ語: Vrede van Den Haag, ポルトガル語: Tratado da Haia)は、1661年8月6日に締結された、オランダ海上帝国ポルトガル海上帝国の間の条約。条約により、オランダは16年間の分割払いで4百万レアル英語版の賠償金を得る代わりに、オランダ領ブラジルをポルトガルに割譲した[1]

歴史[編集]

ポルトガル系ブラジル人は1648年の第一次グアララペスの戦い英語版と1649年の第二次グアララペスの戦い英語版で連勝し、領土を徐々に回復していった。さらに1652年に第一次英蘭戦争が勃発、オランダをさらに弱らせた。1654年1月にはオランダがポルトガルに降伏してタボルダ条約(Treaty of Taborda)を締結したが、これも暫定の停戦条約にすぎなかった。

そして、第一次英蘭戦争が終結すると、オランダは1654年5月にオランダ領ブラジルの返還を要求した。しかし、当時ホラント州法律顧問英語版を務めていたヨハン・デ・ウィットは通商が領土の維持より重要であるとして、強硬策に反対した。このため、1661年8月6日にハーグで締結された正式な講和条約ではブラジルが63トンの金と等値なお金で売却された。

また同条約では両国はお互いに宣戦せず、互いの領土と植民地に侵入したり、請求したりしないことを約束した。これによりオランダはティモール島から手を引いた。

脚注[編集]

  1. ^ Facsimile of the treaty: Articulen van vrede en Confoederarie, Gheslooten Tusschen den Doorluchtighsten Comingh van Portugael ter eenre, ende de Hoogh Mogende Heeren Staten General ...;

参考文献[編集]

  • Cabral de Mello, Evaldo, O Negócio do Brasil - Portugal, os Países Baixos e o Nordeste 1641-1669. Rio de Janeiro: Topbooks, 1998. ISBN 85-86020-76-1

関連項目[編集]