万国平和会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハーグ平和会議から転送)
移動先: 案内検索
第1回会議

万国平和会議(ばんこくへいわかいぎ)は1899年1907年オランダハーグで開かれた国際会議。ハーグ平和会議英語: Hague Conferences)ともいう。

第1回(1899年)[編集]

第1回会議は1899年ロシア帝国皇帝ニコライ2世の提唱で26ヵ国が参加して開催された。ヨーロッパ以外からも日本などが参加している。

会議ではハーグ陸戦条約が採択された。これは戦闘外におかれた者の保護を目的としたもので、ダムダム弾の使用禁止などを規定している。この条約が後にいわゆるハーグ法と呼ばれるものの一つとなる。

他にも国際紛争が起きた際にその処理を武力に頼らず平和的に解決することを目的とした国際紛争平和的処理条約が締結され、国際仲裁裁判を行う常設の機関である常設仲裁裁判所の設置などが規定された。

第2回(1907年)[編集]

第2回会議はジョン・ヘイアメリカ合衆国国務長官が提唱して1907年に開かれた。ハーグ陸戦協定が改定され、中立法規なども決められた。会議中にハーグ密使事件が起きたが、すでに大韓帝国は外交権を接収されていたため、列国は参加を認めなかった。戦時禁制品のリスト作成が議題にのぼった。これは翌年のロンドン宣言で内容が決まった。

第3回(中止)[編集]

第2回会議で第3回会議を8年以内に開くことが勧告された。1915年に開催の予定だったが第一次世界大戦勃発により実現しなかった。