ハンプステッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハンプステッド(Hampstead)は、カナダケベック州モントリオール島にある都市。モントリオール市に隣接した独立し自治体となっている。2011年の統計[1]で人口は7,153人、面積は1.80 平方キロメートルと非常に小さな自治体である。

概要[編集]

1914年に街が創設され、名前の通と同じくロンドンハムステッドを模した郊外の田園都市として都市計画が進められた。地区内には戸建て住宅地のみとなっており、カナダでも富裕層が住む地区となっており、住民の平均所得はカナダトップクラスとなっている。突出すべきなのはこの自治体の8割がユダヤ人で構成されていることであり、ユダヤ人の町とされる。隣接するコート・サン・リュックもユダヤ人集住地域となっている。住民の9割が英語を使用して生活している英語圏地域である。2002年にモントリオール市に併合されたが、2006年には再び分離した。

人口動態[編集]

2011年センサスによる人口は7,153人。2011年に家庭で使われている言語は英語が72.5%と最も多く、フランス語14.6%となっている。他にヘブライ語イディッシュ語も使われている。2011年の調査によるとカナダ国内の自治体の中でユダヤ人の占める割合は75.2%とトップとなっており[2]、イスラエルを除いた地域のなかでは世界で3番目にユダヤ人の割合が高い自治体である。住民は白人が9割以上を占めている。

交通[編集]

モントリオール市にある地下鉄ブルーンラインのスノードン駅が最も近くに位置している。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011 Community Profiles
  2. ^ “[http://www.federationcja.org/en/jewish_montreal/demographics/ 2011 National Household Survey Analysis The Jewish Community of Montreal]”. 2016年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]