ハンドリフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パレットジャッキ

ハンドリフト和製英語:Hand lift)は、荷物を載せるパレットを移動させるための器具の一つである。ハンドパレットトラック、パレットジャッキ、パレットトラック、ハンドリフト、ハンドフォーク、キャッチパレ(をくだ屋技研 の商標)、ビシャモン(スギヤスの商標)、ハンドプラッター等と呼ばれることもある。

概要[編集]

人力にあってもより少ない力での作業が可能であり、いわば“手動式のフォークリフト”とも表現できる。フォークリフトと比較した場合、より正確にパレットを配置できる点、特に狭い場所においてのパレット移動が可能な点、フォークリフト運転技能講習(若しくは特別教育)修了者でなくとも重量物の運搬が可能になる点において優れているといえるが、パレットによっては機構部の厚みから爪が入らない場合がある点、単面型以外のパレットでは爪の挿抜時に大きな騒音・振動が生ずる点、両面使用型のパレットの場合は前後輪間に収まるサイズでなければ移動が実質不可能である点は、欠点であるといえる。荷の積載量は最大1500kgの製品が最も多く使用されているが、700kg積から5000kg積まで各種用意されている。

操作方法[編集]

走行は基本的に「引く」ことにより行うが、パレットや周囲の状況によっては押すこともある。フォークリフト同様、後輪で舵をとるために、押す操作は多少の慣れが必要である。荷役操作については、ハンドルを直立位置から手前方向に倒すと油圧が加わって上昇、ハンドル右手部分に備えられたレバー(若しくは足許のペダル)の操作で下降することになる。なお、ブレーキは備えられていない。

パレットの周囲が特に狭く、通常の走行法ではハンドリフトを進入させたり爪を挿入できない場合は前輪を手動でずらす、ハンドリフト自体を一旦持ち上げて移動させるといった方法が採られる。ハンドリフトをトラックの荷台などで使用するためにフォークリフトで移動させる場合は、予めハンドリフトの爪を上昇させてフォークリフトの爪がスムーズに挿抜できる空間を作ったうえ、後輪寄りを掬うと作業が行いやすい。

ハンドリフトやパレットの仕様、周囲状況によってはパレット全長の半分以下(中央の底面デッキボードより手前)だけハンドリフトを挿入しての移動や、爪を上昇させない状態で左右にこじったり、爪先を勢いよく押し当ててのパレット設置位置の微調整も行われるが、パレットや積荷が損傷するため推奨はされない。

製造者[編集]

関連項目[編集]