ハンドバッグでネオナチを殴る女性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
画像外部リンク
en:File:A_Woman_Hitting_a_Neo-Nazi_With_Her_Handbag.jpg
英語版ウィキペディアに掲載されている、「ハンドバッグでネオナチを殴る女性」の写真

ハンドバッグでネオナチを殴る女性」(スウェーデン語: Kvinnan med handväskan、あるいは「ハンドバッグを持った女性」)はスウェーデンベクショーで1985年4月13日にハンス・ルネッソンが撮影した写真で、旗をもって行進するネオナチの男性の後頭部を38歳の女性がハンドバッグで殴る様子が撮影されている。

概要[編集]

この写真はスウェーデンにおけるネオナチ政党スウェーデン語版北欧帝国党スウェーデン語版の支持者たちがデモを行っている間に撮られた。翌日の『ダーゲンス・ニュヘテル』に掲載され、さらに次の日にはイギリス新聞数紙にも掲載された。ルネッソンの写真は1985年、「スウェーデンの今年の1枚」(Årets bild)に選ばれ、さらにその後『Vi』誌とスウェーデン写真歴史協会により「世紀の1枚」にも選ばれた[1]。写真はゼラチンシルバープロセスを用いており、ギャラリー所有者ペレ・ウンガーが刷った[2]。12枚の他に作家用が3枚、版元用が3枚作られ、サイズは58×80 センチメートル (23 in × 31 in)で値段は€3000–6000ほどである[3]

写真の女性はダヌータ・ダニエルソン(1947–1988)であった。ダニエルソンはあまり人前に出てジャーナリストと話したがらなかったため、彼女についての詳細な情報は知られていないが、ポーランド系であり、第二次世界大戦中には母が強制収容所に収容されていたとされる[1]

特記事項[編集]

  • 2014年にスウェーデンの彫刻家スザンナ・アーウィンが写真に基づくダニエルソンの全長30cmほどのミニチュアブロンズ像を造った[4]
  • ベクショーの街にアーウィンの像の等身大ブロンズ像を建てようという計画もあったが、暴力を促すようなものになることを危惧した中央党に所属する地元の政治家の反対によりプロジェクトは潰えた[5][6]。市の議員によると、ダニエルソンの遺族も彼女がそのような形で記憶されることに反対しているという[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b Berättelsen om det förra århundradets bästa foto” (sv). Dagens Nyheter (2014年2月15日). 2015年1月18日閲覧。
  2. ^ Pelle Unger Gallery Stockholm photo journalism”. 2016年7月28日閲覧。
  3. ^ "hans runesson" – Search at Stockholms Auktionsverk”. 2016年7月28日閲覧。
  4. ^ "Tanten med väskan " blir staty i brons” (sv). Dagens Nyheter (2014年4月1日). 2015年1月18日閲覧。
  5. ^ Snart blir "Tanten med väskan" staty” (sv). SVT Nyheter (2014年11月18日). 2015年1月18日閲覧。
  6. ^ Tantstaty stoppas i Växjö” (sv). Sveriges radio, Studio Ett. 2015年2月18日閲覧。
  7. ^ Swedish town nixes statue of woman hitting neo-Nazi, by Judah Ari Gross; in the Times of Israel; published March 1, 2015; retrieved December 9, 2016

関連項目[編集]

外部リンク[編集]