ハンター・ヘンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハンター・ヘンリー(Hunter Henry、1994年12月7日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロック出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはタイトエンド(TE)。NFLニューイングランド・ペイトリオッツに所属している。

No image.svg ハンター・ヘンリー American football pictogram.svg
Hunter Henry
refer to caption
チャージャーズ時代のヘンリー
ニューイングランド・ペイトリオッツ #85
ポジション タイトエンド
生年月日 (1994-12-07) 1994年12月7日(27歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アーカンソー州リトルロック (アーカンソー州)
身長 6' 5" =約195.6cm
体重 250 lb =約113.4kg
経歴
高校 プラスキーアカデミー
アーカンソー州リトルロック (アーカンソー州)
大学 アーカンソー大学
NFLドラフト 2016年 / 2巡目全体35位
所属歴
2016-2020 サンディエゴ・チャージャーズ/ロサンゼルス・チャージャーズ
2021-現在 ニューイングランド・ペイトリオッツ
NFL 通算成績
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

カレッジフットボールはアーカンソー大学でプレーし、2016年のNFLドラフトサンディエゴ・チャージャーズ(現在のロサンゼルス・チャージャーズ)に2巡指名された。

2021年にニューイングランド・ペイトリオッツに加入するまでに、チャージャーズで5シーズンを過ごした。

大学以前の経歴[編集]

ヘンリーは、1994年12月7日にアーカンソー州リトルロックで生まれた。 2000年の夏に、父親の仕事の都合でアトランタに引っ越した。そして、高校1年生のときにリトルロックに戻り、リトルロックのプラスキアカデミーで4年間を過ごした。新入生として、ヘンリーは高校のフットボールチームのオフェンシブタックルワイドレシーバーディフェンシブエンドで多くプレーしていた。プラスキーアカデミーのスプレッドオフェンスのスキームがタイトエンドというポジションに重きを置かなかった為、高校でのキャリアにおいてタイトエンドをプレーしなかった。ヘンリーは2、3、4年の3年間先発メンバーとしてプレーし、2011年にブルーインズで州選手権に優勝した。

ヘンリーは、2012~13年のオールアメリカンチームに指名され、全米トップの新入生の 1人だった[1]

大学でのキャリア[編集]

2015年、ヘンリーはアーカンソー大学のフットボールチームの歴史において最も記憶に残るプレーの1つに関与した。ミシシッピ大学との試合の延長戦において、4th down & 25のシチュエーションでヘンリーはクォーターバックブランドン・アレンからパスをキャッチし、ファーストダウンあと少しの所でタックルされそうになり、ヘンリーはボールを後ろに投げ捨てた。そのファンブルボールをランニングバックアレックス・コリンズが拾い上げ、ファーストダウンを獲得。そのプレーにおいてアーカンソー大は31ヤードをゲイン。最終的にタッチダウン2ポイントコンバージョンを取ることに成功し、アーカンソー大はその試合で勝利をおさめた。この模様は、広くメディアに取り上げられ、何度も放送された。そして、ヘンリーはジョン・マッキー賞の最優秀タイトエンド賞を受賞し、2015年から2016年のシーズンにはコンセンサス・オールアメリカンにも選出された[2]。ヘンリーは、アーカンソー大学が史上初めて連続してボウルゲームに勝利するのに貢献し、 2014年のテキサスボウルで元サウスウェストカンファレンスのライバルであるテキサス大学オースティン校を破り、そして、2016年のリバティーボウルでカンザス州立大学を破った。

2016年1月4日、ヘンリーは2016年のNFLドラフトへの参加を表明した[3]

大学のキャリア統計[編集]

NCAA キャリア統計
アーカンソー・レイザーバックス
シーズン チーム カンファレンス 出場 受信
回数 獲得ヤード 平均獲得ヤード 最長 TD
2013 アーカンソー大 SEC 10 28 409 14.6 66 4
2014 SEC 12 37 513 13.9 54 2
2015 SEC 13 51 739 14.5 79 3
キャリア[4] 35 116 1,661 14.3 79 9

プロでのキャリア[編集]

ドラフト前[編集]

2016年初めに、ヘンリーは2016年のNFLドラフトで1巡〜2巡での指名を予想されていた。 [5] [6]ヘンリーはNFLコンバインでほとんどのフィジカルドリルをクリアしたが、ベンチプレスではその年のタイトエンド最低の数値を出した。 [7]ヘンリーは、40ヤード走の4.67秒、ベンチプレスで21回を記録し、2016 年のNFLドラフトでトップタイトエンドの1人として、地位を確立した。 [8]

プレドラフト測定結果
身長 体重 40ヤード
ダッシュ
10ヤード
スプリット
20ヤード
スプリット
20ヤード
スプリット
3コーン
ドリル
垂直跳び 立ち幅跳び ベンチ
プレス
ワンダー
リック
6 ft 4 7/8 in 250 lb

ヘンリーは2016年のNFLドラフトの2巡目(全体35位)でサンディエゴ・チャージャーズに指名された。 [9]ヘンリーは2016年のNFLドラフトで指名された最初のタイトエンドだった。

サンディエゴ / ロサンゼルス・チャージャーズ時代[編集]

2016年シーズン[編集]

2016年6月2日、ヘンリーとチャージャーズは4年638万ドルで契約した[10]

ヘンリーは、トレーニングキャンプでベテランのショーン・マクグラスとアサンテ・クリーブランドと、バックアップ争いをし、サンディエゴ・チャージャーズ2016年シーズン開始時には、プロボウルの選出が8回を誇るベテランのアントニオ・ゲイツとショーン・マクグラスに次ぐ3番目のタイトエンドとなった[11]

開幕戦のチーフス戦で、ヘンリーはNFLデビューを果たし、1回のキャッチで20ヤードを記録したが、チームは延長戦を戦った末、33-27で敗北している。

翌週のジャガーズ戦でヘンリーは先発として出場し、チームの勝利に貢献した。

第4週のセインツ戦では、クォーターバックのフィリップ・リバースからのパスでNFLキャリア初のタッチダウンを記録し、この試合を通して4回のキャッチで61ヤードを記録したが、チームは35-34で敗北した。

第6週のブロンコス戦では、6回のキャッチで83ヤードを記録し、チームをキャッチ数でリードした[12]

第15週のレイダース戦で、チームは19-16で敗れたが、ヘンリーは3回のキャッチで37ヤードを記録、翌週のシーズンファイナルとなったチーフス戦でもチームは敗北を喫しているが、ヘンリーは"サンディエゴ"・チャージャーズの歴史において、最後のタッチダウンを記録した。

ルーキーシーズンで、ヘンリーは過去10年間のルーキータイトエンドで2番目に多くのタッチダウンを記録し(ロブ・グロンコウスキーに次ぐ)、NFL史上5番目に多いルーキータイトエンドによるタッチダウンを記録した[13]

2017年シーズン[編集]

第15週のチーフス戦で、ヘンリーは膝の怪我でゲームを欠場した。翌日、彼は腎臓の裂傷を患い、2017年12月19日にインジュアリー/リザーブリストに入れられた。[14]ヘンリーは2017年シーズンを通して、45回のキャッチで579ヤード、4タッチダウンを記録し、シーズンを終えた。 [15]

2018年シーズン[編集]

2018年5月22日、ヘンリーはOTA中に 前十字靭帯断裂の怪我に見舞われ、2018年シーズンの全試合を欠場した。 [16] 2018年9月1日、ヘンリーはPUPリストに入れられ、シーズン後半に復帰する機会を得ることができた。 [17]そして、2019年1月7日のディビジョナル・ラウンドゲームでアクティブ登録され、ニューイングランド・ペイトリオッツと対戦したが、敗北している。 [18]その年にペイトリオッツは第53回スーパーボウルで優勝した。

2019年シーズン[編集]

2019年9月11日、ヘンリーは左膝の脛骨プラトー骨折を負い、数週間離脱することとなった。 [19]ヘンリーは第6週のスティーラーズ戦で復帰し、そのゲームで、ヘンリーは8回のキャッチで100 ヤードで、2タッチダウンを記録したが、24-17で敗北した。 [20] 2019年シーズンを通して、ヘンリーは55回のキャッチで652ヤード、5タッチダウンを記録した。 [21]

2020年シーズン[編集]

チャージャーズは、2020年3月13日にヘンリーにフランチャイズタグを付けた。[22]ヘンリーは、2020年12月24日にチームによってCOVID-19/リザーブリストに入れられ[23] 、2021年1月7日にアクティブ登録された。 [24]

ニューイングランド・ペイトリオッツ時代[編集]

2021年シーズン[編集]

2021年3月19日、ヘンリーはニューイングランド・ペイトリオッツと3年3,750万ドルの契約を結んだ。[25] 彼は、第4週のバッカニアーズ [26]戦でクォーターバックマック・ジョーンズから彼のペイトリオッツキャリア初となるタッチダウンパスをキャッチし、10試合にわたって、ヘンリーは7タッチダウンパスをキャッチし、ルーキークォーターバックであったマック・ジョーンズの重要なレッドゾーンターゲットとしての地位を確立した。 [27] 2021年シーズンを通してヘンリーは、50回のキャッチで603ヤード、9タッチダウンを記録している。

NFLでのキャリア成績[編集]

チーム ゲーム レシービング ファンブル
出場 先発 回数 獲得ヤード 平均獲得ヤード 最長ヤード TD ファンブル数 ロスト
2016 SD 15 10 36 478 13.3 59 8 1 1
2017 LAC 14 13 45 579 12.9 34 4 0 0
2018 0 0 怪我でプレーせず
2019 12 12 55 652 11.9 30 5 1 1
2020 14 14 60 613 10.2 33 4 0 0
2021 NE 17 10 50 603 12.1 35 9 0 0
キャリア[28] 72 59 246 2,925 11.9 59 30 2 2

私生活[編集]

ヘンリーは、2018年6月30日にアーカンソー州フォートスミスのパーカー・エリザベス・シュミットリーと結婚した。 [29]ハンターとパーカーの間には、2021年12月9日に生まれた1人息子であるジョン・エース・ヘンリーがいる。

脚注[編集]

  1. ^ Meyers (2013年2月3日). “Meet The 2013 All-America High School Football Lineup”. Parade. 2013年11月9日閲覧。
  2. ^ Arkansas vs. Ole Miss - Game Recap - November 7, 2015 - ESPN”. ESPN.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ Taylor (2016年1月3日). “A Letter From Hunter Henry” (English). Arkansas Razorbacks. 2016年1月4日閲覧。
  4. ^ Hunter Henry college stats”. sports-reference. 2017年2月10日閲覧。
  5. ^ Zierlein (2016年3月4日). “Mock draft 3.0: Bosa falls to Bucs”. NFL.com. 2016年3月9日閲覧。
  6. ^ Reuter (2016年3月7日). “Mock draft 3.0: Texans take Hackenberg”. NFL.com. 2016年3月9日閲覧。
  7. ^ National Football League website”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ University Of Arkansas” (2016年3月17日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ Henne, Ricky (2016年4月29日). “Chargers Draft Dynamic Arkansas Tight End Hunter Henry”. Chargers.com. 2017年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月29日閲覧。
  10. ^ Spotrac.com. “Spotrac.com:Hunter Henry contract”. 2016年10月14日閲覧。
  11. ^ Ourlads.com: San Diego Charger's Depth Chart”. ourlads.com. 2016年12月29日閲覧。
  12. ^ NFL.com. “NFL Player Profile:Hunter Henry”. 2016年10月14日閲覧。
  13. ^ Player Season Finder Query Results - Pro-Football-Reference.com”. Pro-Football-Reference.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ Henne (2017年12月19日). “Chargers Place Hunter Henry on IR”. Chargers.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  15. ^ Hunter Henry 2017 Game Log” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2020年3月23日閲覧。
  16. ^ Wesseling (2018年5月22日). “Hunter Henry suffers torn ACL in practice”. NFL.com. 2020年3月23日閲覧。
  17. ^ Henne (2018年9月1日). “Chargers Cut Roster Down to 53”. Chargers.com. 2020年3月23日閲覧。
  18. ^ Henne (2019年1月7日). “Hunter Henry Added to the Active Roster”. Chargers.com. 2020年3月23日閲覧。
  19. ^ Hagemann (2019年9月11日). “Chargers' Hunter Henry suffered left knee fracture”. NFL.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  20. ^ Steelers' Conner scores 2 TDs, Hodges wins first start”. www.espn.com (2019年10月13日). 2019年10月13日閲覧。
  21. ^ Hunter Henry 2019 Game Log” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2020年3月23日閲覧。
  22. ^ “Chargers Place Franchise Tag on Hunter Henry”. Chargers.com. (2020年3月13日). https://www.chargers.com/news/chargers-place-franchise-tag-on-hunter-henry 2020年3月13日閲覧。 
  23. ^ Simmons, Myles (2020年12月24日). “Chargers place Hunter Henry on COVID-19 list”. NBCSports.com. https://profootballtalk.nbcsports.com/2020/12/24/chargers-place-hunter-henry-on-covid-19-list/ 2021年2月8日閲覧。 
  24. ^ “Chargers' Hunter Henry: Activated from COVID-19 list”. CBSSports.com. (2021年1月7日). https://www.cbssports.com/fantasy/football/news/chargers-hunter-henry-activated-from-covid-19-list/ 2021年2月8日閲覧。 
  25. ^ JAPAN.COM, NFL. “ペイトリオッツが新たにタイトエンドを獲得、ハンター・ヘンリー加入へ” (日本語). NFL日本公式サイト. 2022年8月6日閲覧。
  26. ^ Buccaneers vs. Patriots - Game Summary - October 4, 2021 - ESPN” (英語). ESPN.com. 2021年10月14日閲覧。
  27. ^ McKenna (2021年11月14日). “Hunter Henry has been the Patriots' best red zone threat since Rob Gronkowski”. USA Today. 2021年11月16日閲覧。
  28. ^ Hunter Henry”. pro-football-reference.com. 2021年10月14日閲覧。
  29. ^ Real Arkansas Wedding: Parker Schmidly of Fort Smith & Hunter Henry of Little Rock - Arkansas Bride”. www.arkansasbride.com. 2020年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]