ハンス・ヘンケマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハンス・ヘンケマンスHans Henkemans1913年12月23日 - 1995年12月29日)はオランダ作曲家ピアニスト

デン・ハーグ出身。1931年からユトレヒト大学精神医学を学ぶ一方、1933年から1938年までウィレム・ペイペルに音楽を師事した。第二次世界大戦終結後、医師を辞め、1945年12月にアムステルダムコンセルトヘボウでピアニストとしてデビューした。それから20年近くの間に59回のコンセルトヘボウでのソロコンサートをはじめとして国内外で活動し、ラジオ放送でモーツァルトピアノ協奏曲全23曲を演奏した。またクロード・ドビュッシーのピアノ曲すべての録音も行った。その他にベートーヴェンモーリス・ラヴェルもレパートリーとしていた。

1960年代はフローニンゲンの北オランダ音楽院で作曲管弦楽法の教師をしたり、アムステルダムでピアノのレッスンを行ったりしていた。しかし1969年にピアニストを引退し、精神医学に専念して芸術家の創造のプロセスを研究したが、作曲は継続した。

作品はドビュッシー、ラヴェル、ペイペルの影響を受けたもので、代表作にヴァイオリン協奏曲ヴィオラ協奏曲ハープ協奏曲、オーケストラのためのパルティータなどがある。

作品[編集]

オペラ[編集]

  • 冬の航海(1977)

管弦楽曲[編集]

  • 前奏曲(1936)
  • 春(1959)
  • パルティータ(1960)

協奏曲[編集]

  • ピアノ協奏曲第1番(1932)
  • ピアノ協奏曲第2番『パッサカリアとジグ』(1941-42)
  • フルート協奏曲(1945-46)
  • ヴァイオリン協奏曲(1950)
  • ヴィオラ協奏曲(1954)
  • ハープ協奏曲(1955)
  • フルートとオーケストラのための『悲歌 - ピエール・モントゥーの思い出に』(1967)
  • ホルン協奏曲(1981)
  • チェロ協奏曲(1988-89)
  • ピアノ協奏曲第3番(1992)

室内楽曲[編集]

  • ハープと弦楽四重奏のための五重奏曲(1931)
  • 木管四重奏曲(1934)
  • チェロとピアノのためのソナタ(1936)
  • ヴァイオリンとピアノのためのソナタ(1944)
  • 木管四重奏曲(1962)

ピアノ曲[編集]

  • エチュード第2番(1937)
  • 2台のピアノのためのソナタ(1943)
  • ピアノソナタ(1958)

参考文献[編集]

  • Jozef Robijns, Miep Zijlstra: Algemene muziekencyclopedie, Haarlem: De Haan, (1979)-1984, ISBN 978-90-228-4930-9
  • Sas Bunge: 60 Years of Dutch chamber music, Amsterdam: Stichting Cultuurfonds Buma, 1974, 131 p.
  • Wouter Paap: Hans Henkemans verlaat het podium, in: Mens en Melodie. 24 (1969), S. 235-237.
  • Wouter Paap: Bericht aan de Levenden. Oorlogsherdenkingscompositie van Hans Henkemans, in: Mens en Melodie. 20 (1965), S. 97-99.
  • Marius Monnikendam: Nederlandse componisten van heden en verleden, Berlin: A.J.G. Strengholt, 1968, 280 p.
  • Marius Flothuis: Hans Henkemans : Quintet No. 2 for Flute, Oboe, Clarinet, Bassoon and Horn, in: Sonorum Speculum. 1965, No. 22, S. 19-24.
  • Marius Flothuis: Hans Henkemans, in: Sonorum Speculum. 1963, No. 14, S. 1-9.
  • Jos Wouters: Fifteen years donemus : conversations with Dutch composers 1947-1962, Amsterdam: 1962
  • Jos Wouters: Musical performers, Amsterdam: J. M. Meulenhoff, [1959], 57 p.
  • Brian Morton, Pamela Collins: Contemporary composers, Chicago: St. James Press, 1992, 1019 p., ISBN 1-558620-85-0
  • Lyle G. Wilson: A dictionary of pianists, London: Robert Hale, 1985. 343 p., ISBN 978-0-709-01749-3
  • George Kehler: The piano in concert, Metuchen, N.J.: Scarecrow Press, 1982, 1431 p., ISBN 978-0-810-81469-1
  • Kurtz Myers: Index to record reviews 1984-1987 : based on material originally published in "Notes", the quarterly journal of the Music Library Association between 1984 AND 1987, Boston, Massachusetts: G.K. Hall, 1989, 639 p., ISBN 978-0-816-10482-6
  • Hans-Peter Range: Die Konzertpianisten der Gegenwart - Ein Musikliebhaber berichtet über Konzertmilieu und 173 Klaviervirtuosen, Schwarzwald: Moritz Schauenburg Verlag Lahr, 1966, 249 p.
  • Contemporary music from Holland, Amsterdam: Donemus, 1953, 50 p.