ハンス・ピシュナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハンス・ピシュナー(Hans Pischner, 1914年[1]2月20日 - 2016年10月15日、ベルリン)は、ドイツ出身のチェンバロ奏者及びインテンダント。

ブレスラウの生まれ。ブロニスワフ・フォン・ポズニャクにピアノ、ゲルトルート・ヴェルトハイムにチェンバロを学び、シレジア・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学で音楽学を修めた。1933年から音楽教師および鍵盤楽器奏者として活躍したが、1939年に第二次世界大戦に従軍し、ソ連の捕虜となった。1946年にフランツ・リスト・ヴァイマル音楽大学の教員として復員し、1949年に同音楽大学の教授に昇格した。1950年からベルリン放送協会の音楽部長となり、1954年に文化省音楽部部長に転出して1962年までその任に当たった。1963年から1984年までベルリン国立歌劇場の総監督を務めた。1978年から1990年まで東ドイツ文化連盟の議長に就任した。

1976年にはドイツ民主共和国国家賞、1989年にカール・マルクス勲章を授与されている。

[編集]

  1. ^ [1]