ハンス・アム・エンデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンス・アム・エンデ

ハンス・アム・エンデHans am Ende1864年12月31日 - 1918年7月9日)は、ドイツ画家トリーア出身。 ヴォルプスヴェーデに住んでいた。

略歴[編集]

ラインラント=プファルツ州トリーアの牧師の息子に生まれた。ミュンヘン美術院で学んだ後、カールスルーエの美術学校でフェルディナント・ケラーに学んだ。ミュンヘンで知り合った画家のフリッツ・マッケンゼンの勧めで、マッケンゼンの住んでいたヴォルプスヴェーデフリッツ・オーバーベックオットー・モーダーゾーンが住むようになり、ヴォルプスヴェーデが芸術家村になるもとを作った。ヴォルプスヴェーデには後に、ハインリッヒ・フォーゲラーパウル・ベッカーが移ってきた。画家たちは、質素な暮らしをしながら、印象派のスタイルで、湿地などの風景を描いた。1895年にブレーメンで住人の画家たちの展覧会を開き、好評を得、その後、ミュンヘンのガラス宮殿でも展覧会を開いた。

農家の庭に立てられたスタジオは後に美術館になった。地元の農家の娘と結婚した。第一次世界大戦が始まるとドイツ陸軍で働き、1818年に重傷を負った。その年53歳で死亡した。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Rainer Maria Rilke: Worpswede: Fritz Mackensen, Otto Modersohn, Fritz Overbeck, Hans am Ende, Heinrich Vogeler. Neuausgabe Insel, Frankfurt a. M.; 10. Aufl. 2007, ISBN 978-3-458-32711-0
  • Sigrid Welte-Wortmann: Die ersten Maler in Worpswede, Worpsweder Verlag 1987, ISBN 3-922516-00-9

外部リンク[編集]