ハンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンサの上に乗るブラフマー

ハンササンスクリット語: Haṃsa; Hansha)は、ヒンドゥー教に伝わる神鳥。 白いガチョウの姿をしており、ブラフマーの乗り物とされる。

純粋さやの知識などを司り、高次元の存在(ブラフマー)への到達のシンボルとして扱われている。

語源[編集]

サンスクリットにおけるこの語は〈ガチョウ〉・〈ハクチョウ〉・〈ガチョウやアヒルの雄〉といった水鳥の類を意味し[1]、元をたどれば英語の goose などの語源でもある印欧祖語 *ǵʰh₂ens- に行き着くとされる[2]

脚注[編集]

  1. ^ Haughton, Graves C. (1833). “হংস”. A Dictionary, Bengálí and Sanskrit, Explained in English, and Adapted for Students of Either Language. London: J. L. Cox & Son. p. 2719. https://archive.org/details/dictionarybengal1687haug/page/n1401/mode/2up 
  2. ^ Derksen, Rick (2008). “gǫ̑sь”. Etymological Dictionary of the Slavic Inherited Lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4.. Leiden: Brill. p. 184. ISBN 978 90 04 15504 6 

外部リンク[編集]