ハンガー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンガー
The Hunger
監督 トニー・スコット
脚本 ジェームズ・コスティガン
アイヴァン・デイヴィス
マイケル・トーマス
原作 ホイットリー・ストリーバー
『The Hunger(邦題:「薔薇の渇き」)』
製作 リチャード・シェファード
出演者 カトリーヌ・ドヌーヴ
デヴィッド・ボウイ
スーザン・サランドン
音楽 デニー・ジャガー
デヴィッド・ローソン
ミシェル・ルビーニ
撮影 スティーヴン・ゴールドブラット
編集 パメラ・パワー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年4月29日
日本の旗 1984年4月6日
上映時間 96分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $5,979,292[1]
テンプレートを表示

ハンガー』(The Hunger)は、1983年製作の映画作品。トニー・スコット初監督作品でもある。公開当初は酷評を受けたが、特殊メイクや女性同士のセックスシーンなどもあいまって次第にカルト的人気を博すようになった。タイトルの「ハンガー」は、「渇望」・「飢え」の意。

あらすじ[編集]

深夜のニューヨーク。クラブで若者を誘うミステリアスな一組の男女。女のほうはミリアム(カトリーヌ・ドヌーヴ)という名の、何世紀以上もの時を生きる吸血鬼。彼女は時代ごとに愛する人間を見つけては、その不老不死の血と永遠の美を与え伴侶にしてきた。そして彼女が18世紀に見出したのがジョン(デヴィッド・ボウイ)であり、彼女の現在の伴侶である。

瀟洒な館で美と贅の限りを尽くす二人だったが、突然、ジョンに老化の兆候が現れはじめる。彼は老化現象について研究している医師サラ(スーザン・サランドン)を訪ねるも、真剣に取り合ってもらえず、急速にその容貌は衰えてゆく。一方ミリアムも、先の見えたジョンの後釜としてサラに関心を抱き、接近する。

キャスト[編集]

※括弧内はTBS版日本語吹替(初回放送 1989年4月6日 『木曜シネマパラダイス』)

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ

  • 吹替翻訳:高橋京子
  • 吹替演出:松川陸
  • 吹替選曲:佐藤良介
  • 吹替効果:石田勝美
  • 吹替調整:近藤勝之
  • 吹替制作担当:奥村亙
  • 吹替制作:東京放送、千代田プロダクション

追記[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]