ハンガリーの聖マルガリタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハンガリーの聖マルガリタ(マルギト)
Pereg Szent Margit.JPG
聖ミハーイ教会の聖マルガリタ像
他言語表記 Szent Margit(ハンガリー語)
Sancta Margarita Hungariae(ラテン語)
生誕 1242年1月27日
CoA of the Kingdom of Croatia.svg クロアチア王国・クリス要塞
死没 1270年1月18日
Flag of Hungary (1915-1918; angels; 3-2 aspect ratio).svg ブダペストマルギト島
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 1789年
列聖日 1943年11月19日
記念日 1月18日(カトリック)

ハンガリーの聖マルガリタラテン語: Sancta Margarita Hungariae)、ハンガリー語マルギト(Szent Margit, 1242年1月27日 - 1270年1月18日)は、カトリック聖人ハンガリー王国アールパード朝の王女。ハンガリー国王ベーラ4世マリア・ラスカリナ王妃の第9子である。叔母にカトリック・聖公会ルーテル教会の聖人であるエルジェーベト(エリザベト)がいる。

生涯[編集]

クロアチア王国・クリスの要塞にて、10人兄弟の9番目の娘として生まれる[1]モンゴル帝国のハンガリーへの侵攻による政情不安のため、両親はブダペスト[2]ドミニコ会修道院に4歳のマルギトを預けた。マルギトは12歳になると修道女になることを決意し、ボヘミアオタカル2世からの結婚の申し込みを始め、全ての縁談を断り、修道女としてのつましい暮らしを望んだ。

マルギトは四旬節の間はほとんど何も食べず、眠らずに過ごしたという。また自ら進んで汚い仕事を行った。28歳にて死去した。マルギトが王女であった頃使えていた召使いのアグネスは、「王女でありながら、私たちより謙遜な方であった」と語った。

『聖マルガリタの死』
ヨージェフ・モルナール画)

マルギトは1943年11月19日教皇ピウス12世によって列聖された。カトリックでの祝日は1月18日である。絵画では通常、手に本と白い百合の花を持った姿で描かれる[3]

遺物の一部はハンガリーのエステルゴムパンノンハルマジェールに保存されている。


脚注[編集]

  1. ^ “Klis –vrata Dalmacije [Klis – A gateway to Dalmatia]” (Croatian) (PDF). Građevinar (Zagreb: Croatian Society of Civil Engineers) 53 (9): 605–611. (2001年9月). ISSN 0350-2465. オリジナルの2011年7月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110718202355/http://www.casopis-gradjevinar.hr/dokumenti/200109/6.pdf 2012年9月22日閲覧。. 
  2. ^ 当時はブダオーブダペシュトがまだ統合されていない。
  3. ^ Attwater, Donald and Catherine Rachel John. The Penguin Dictionary of Saints. 3rd edition. New York: Penguin Books, 1993. ISBN 0-14-051312-4.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]