ハンエリヒタキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンエリヒタキ
Ficedula semitorquata
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ヒタキ科 Muscicapidae
: キビタキ属 Ficedula
: ハンエリヒタキ F. semitorquata
学名
Ficedula semitorquata
Homeyer, 1885
和名
ハンエリヒタキ
英名
Semicollared Flycatcher

ハンエリヒタキ(学名:Ficedula semitorquata)とは、スズメ目ヒタキ科に分類される鳥類の一種である。

形態[編集]

体長は13cmである[1]

分布[編集]

バルカン半島南部、トルコジョージアアルメニアアゼルバイジャンヨーロッパロシア繁殖し、キプロス中東エリトリアエチオピアを通過して南スーダンウガンダケニアルワンダブルンジタンザニアコンゴ民主共和国などアフリカ中部で越冬する[2]イランチュニジアスーダンでは留鳥である[2]

またマルタなどイタリア周辺の国[注釈 1]や、モロッコレバノンソマリアでは迷鳥として観察される[2]

生態[編集]

主に森林に生息する。低木地やサバンナにも生息している[2]

繁殖地には、早い個体は4月中旬までに到着し、7月から9月下旬に繁殖地を旅立つ[3]

標高2000m以内の森林[注釈 2]果樹園都市公園などで繁殖する。キツツキの開けた穴や巣箱を作り、4-7個のを産む[1][2]。卵は孵化まで2週間ほどかかり、約15日で巣を離れる[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ フランスイタリアクロアチアマルタなど[2]
  2. ^ 落葉樹林の場合が多い[2]

出典[編集]

  1. ^ a b İğneada'nın Önemli Kuşları (PDF)” (トルコ語). Thrakis (2015年2月). 2020年5月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Bird Life international (2018年8月). “Ficedula semitorquata. The IUCN Red List of Threatened Species”. IUCN. 2020年5月3日閲覧。
  3. ^ a b Georgiev, K; Iankov,P (2009) (英語) (PDF). International species action plan for the semi-collaredflycatcher Ficedula semitorquata. European Union. https://ec.europa.eu/environment/nature/conservation/wildbirds/action_plans/docs/ficedula_semitorquata.pdf 2020年5月3日閲覧。. 

関連項目[編集]

ヒタキ科

外部リンク[編集]

Ficedula semitorquata. The IUCN Red List of Threatened Species