ハワード (時計)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キーストンハワード シリーズ0

ハワードHoward)は高級懐中時計、置時計、塔時計を製造したアメリカの時計会社、及びそのブランドである。ウォルサムの創業に参画したエドワード・ハワード(Edward Howard )が1842年に設立した。

日本では札幌市時計台の機械を製造したメーカー、非常に高品質な懐中時計を作ったメーカー、またインターナショナル・ウォッチ・カンパニーの創業者フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ(Florentine Ariosto Jones )がスイスに渡る前に在籍していた会社として知られている。

現在の商標保有者はスウォッチグループである。

略歴[編集]

  • 1842年 - "E. Howard Clock Co."設立。
  • 1861年 - "Howard Watch and Clock Co."となる。
  • 1861年 - "E. Howard Watch and Clock Co."となる。
  • 1882年 - エドワード・ハワードが引退。
  • 1903年 - クロック製造部門が"E. Howard Clock Co."として独立、懐中時計を販売する権利をキーストン(Keystone Watch Case Co.[1]に売却。
  • 1927年 - ハミルトンにブランドを売却。
  • 1933年 - "Howard Clock Products Co."となる。

製品[編集]

懐中時計[編集]

キーストンに買収される前の製品は俗にオールドハワードと呼ばれる。この時代の精度表記は独特であり、犬(Hound)の刻印は無調整、馬(Horse)の刻印は温度調整のみ、鹿(Deer)の刻印は6姿勢及び温度調整を表す。

懐中時計のケースを作っていたキーストンが1903年にハワードブランドで懐中時計を製造販売する権利を取得。これ以後の製品は俗にキーストンハワードと呼ばれる。品質は充分に優秀だが、オールドハワードの血統にあるとはいいがたい。

塔時計[編集]

国内では、札幌市時計台の時打重錘振子式四面時計(製造番号738)、海外ではハワイ州ホノルルにあるアロハタワーの棟時計がハワード社製で、現在においてもメンテナンスされ時を刻んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ 懐中時計のケースを作っていた。