ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハワード・ザ・ダック/
暗黒魔王の陰謀
Howard the Duck
監督 ウィラード・ハイク
脚本 ウィラード・ハイク
グロリア・カッツ
原作 スティーヴ・ガーバー
バル・メイエリック
製作 グロリア・カッツ
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
出演者 リー・トンプソン
ジェフリー・ジョーンズ
ティム・ロビンス
音楽 ジョン・バリー
撮影 リチャード・H・クライン
編集 マイケル・チャンドラー
シドニー・ウォリンスキー
製作会社 ルーカスフィルム
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年8月1日
日本の旗 1986年12月6日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000 (概算)
興行収入 $16,295,774[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$37,962,774[1] 世界の旗
配給収入 7億7000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』(ハワード・ザ・ダック あんこくまおうのいんぼう、: Howard the Duck)は、ジョージ・ルーカスが製作総指揮を取った1986年アメリカ製作のSF映画

概要[編集]

ダックの国で暮らしていた主人公が、突然地球に送り込まれる。墜落した所は未成年立ち入り禁止の会場だった。その後ビバリーに会い、共に暮らすことになる。次の日ビバリーは奇妙なダックをフィルに見せに行くが、役に立たなかった。

評価[編集]

マーベル・コミック同名漫画を映画化したものだが、原作とはかなりテイストが異なる。世間的にかなり不評であり、IMDbのワースト100作品に含まれている。最低の映画を選ぶゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)でも最低作品賞・最低脚本賞・最低視覚効果賞・最低新人俳優賞(アヒルの着ぐるみを着て奮闘した6人の諸君)の4部門を受賞している(最低作品賞は『プリンス/アンダー・ザ・チェリー・ムーン』と同時受賞)。出演者でも、ティム・ロビンスなどは試写の最中に「嫌な汗が出てきた」という程だった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ TBS
ハワード エド・ゲイル
チップ・ジーン(声)
所ジョージ 中尾隆聖
ビバリー リー・トンプソン 佐々木優子 井上喜久子
ジェニングス博士 ジェフリー・ジョーンズ 筈見純 青野武
フィル ティム・ロビンス 大塚芳忠 山口健
ウェルカー警部 ポール・ギルフォイル 石井敏郎 小島敏彦
カル ドミニク・ダヴァロス
ロネット リズ・セイガル
リッチー リチャード・エドソン
カーター マイルズ・チャピン 二又一成 田中亮一
ナレーション リチャード・カイリー 大塚芳忠 青野武
その他 大滝進矢
幹本雄之
向殿あさみ
滝沢ロコ
笹岡繁蔵
さとうあい
広瀬正志
大塚明夫
大山高男
竹口安芸子
小室正幸
幹本雄之
滝沢ロコ
さとうあい
島香裕
亀井三郎
秋元千賀子
真地勇志
池本小百合
笹岡繁蔵
演出 左近允洋 吉田啓介
翻訳 額田やえ子
調整 飯塚秀保
効果 PAG
担当 宮澤徹
解説 高島忠夫
制作 グロービジョン
初回放送 1990年5月5日
ゴールデン洋画劇場
共にDVD収録
1992年5月20日
水曜ロードショー
共にDVD収録

脚注[編集]

  1. ^ a b Howard the Duck (1986)”. Box Office Mojo. 2009年10月4日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)460頁

外部リンク[編集]