ハワード・アレグザンダー・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハワード・アレグザンダー・スミス
Howard Alexander Smith
Howardalexandersmith.jpg
生年月日 (1880-01-30) 1880年1月30日
出生地 US flag 38 stars.svg アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
没年月日 1966年10月27日(1966-10-27)(86歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州プリンストン
出身校 プリンストン大学
コロンビア大学
所属政党 共和党
配偶者 ヘレン・ドミニク

アメリカ合衆国上院議員
選挙区 ニュージャージー州
在任期間 1944年12月7日 - 1959年1月3日
テンプレートを表示

ハワード・アレグザンダー・スミス英語: Howard Alexander Smith1880年1月30日 - 1966年10月27日)は、アメリカ合衆国弁護士政治家共和党所属。ニュージャージー州選出のアメリカ合衆国上院議員1944年 - 1959年)。コロラド州選出のアメリカ合衆国上院議員1963年 - 1975年)を務めたピーター・H・ドミニクのおじにあたる。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

ニューヨーク市にて、医師、教師[1]のエイブラム・アレグサンダー (Abram Alexander) とスー・レーン・スミス(Sue Lehn Smith、旧姓ベンダーBender)との間に出生[2]ニューヨーク州カトラー学校英語版に通い、ニュージャージー州プリンストン大学に進学[3]。プリンストンでは法学と政治学を学び、またウッドロウ・ウィルソンの下で英国慣習法を学んだ[2]1901年に卒業して文学士を授与され、1904年コロンビア大学法科大学院から法学士を授与された[3]

コロンビア大在学中に知り合ったヘレン・ドミニク (Helen Dominick) と1902年に結婚し、1男2女を儲けた[1]

初期の職歴[編集]

1904年にニューヨーク州弁護士会への入会を許可されてニューヨーク市で開業し、法律扶助協会 (Legal Aid Society) に勤務[1]。健康を害してコロラド州コロラド・スプリングスに移住し、同地で弁護士業を1917年まで続けた[2]第一次世界大戦中、コロラド州で、のちワシントンD.C.で、食品局に勤務[3]。1919年にニュージャージー州へ移り、1920年から1927年までプリンストン大学の事務局長(学長補佐)[2]。のちプリンストン大学政治学部の講師(1927年 - 1930年)を務め、国際関係と対外政策を教えた[1]

彼はニュージャージー州に居住する一方、ニューヨーク市で弁護士業を再開した[3]。州の政治に積極的に関わり、1933年にニュージャージー共和党政策評議会の設立い尽力し、1934年にはニュージャージー共和党州委員会の会計係に任命された[1]。のち共和党州委員会委員長に選ばれ、共和党全国委員会委員(1942年 - 1943年)を務めた[3]

連邦上院[編集]

連邦上院議員W・ウォーレン・バーバーの死去に伴い実施された、1947年1月3日までの会期の欠員を埋める補欠選挙に共和党から立候補し、1944年11月7日に当選した。

その後1946年1952年に再選され、在職期間は1944年12月7日から1959年1月3日までとなった。上院労働福祉委員会委員長を務め(1953年 - 1955年)、合衆国政府が広報外交を行う際の条件を規定した「スミス=ムント法」を共同で起草した。1958年の総選挙には再指名されなかったが、外交問題担当の国務長官特別顧問を1959年から1960年まで務めた。

1966年、プリンストンにて86歳で死去。プリンストン墓地に葬られた。

脚注[編集]

アメリカ合衆国上院
先代:
アーサー・ウォルシュ
ニュージャージー州選出上院議員(第1部)
1944年 - 1959年
同職:アルバート・W・ホークスロバート・C・ヘンドリクソンクリフォード・P・ケイス
次代:
ハリスン・A・ウィリアムズ
党職
先代:
クレイトン・E・フリーマン
ニュージャージー共和党州委員会委員長
1941年 - 1943年
次代:
ロイド・B・マーシュ
先代:
W. ウォーレン・バーバー
アメリカ合衆国上院議員選挙ニュージャージー州(第1部)共和党候補
1944年1946年1952年
次代:
ロバート・キーン