ハローグリーンエブリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イズミ > ゆめマート > ハローグリーンエブリー
株式会社 西紅
種類 株式会社
略称 西紅
本社所在地 日本の旗 日本
熊本県熊本市[1]
設立 1978年昭和53年)[1]
業種 小売業
事業内容 食品を中心としたスーパーマーケットの運営[1]
資本金 5000万円[1]
売上高 53億2100万円
2012年(平成24年)5月期)[1]
従業員数 約400名(パート・アルバイト含む)
(2012年(平成24年)8月現在)[1]
決算期 5月[1]
関係する人物 創業者:西村晴夫[1]
テンプレートを表示

ハローグリーンエブリー(Hello Green EVERY)は、かつて株式会社西紅(せいこう)が展開していた高級食品スーパーマーケットチェーン[1]

概要[編集]

創業は1976年(昭和51年)8月。[要出典]設立は1978年(昭和53年)6月。キャッチコピーは「安・信・気・楽」「楽しく選び、おいしく暮らす。」。

2012年(平成24年)8月27日、イズミグループのゆめマート(現・ゆめマート熊本)が同年9月28日付けで西紅の全株式を取得し、その子会社となることが発表された[1][2][3]

イズミグループの店舗ブランド統合に伴い、2013年(平成25年)9月1日に運営店舗全店が「ゆめマート(看板表記:youmeマート)」に名称変更された[4]。これにより「ハローグリーンエブリー」の名前を持つ店舗は消滅した。

2014年(平成26年)6月1日に、運営会社だった株式会社西紅も株式会社ゆめマートに合併され消滅した[5]

運営店舗[編集]

「youmeマート」への名称変更前の2013年(平成25年)8月31日時点で、全て熊本県に所在。熊本市を中心に県内で5店舗を展開していた。

ハローグリーンエブリー時代に閉店した店舗[編集]

熊本県[編集]

  • 健軍店(熊本市東区) … 2012年(平成24年)7月に閉店。現在はアタックス花立店となっている。

鹿児島県[編集]

  • 鹿児島店(鹿児島市) … 2004年(平成14年)9月17日の鹿児島中央駅ビル・アミュプラザ鹿児島開業時[9]に出店した[10]。地下1階にあった店舗面積約1,800m2の店舗だったが、2010年(平成22年)1月11日に撤退[11]。店舗跡はユニクロ無印良品が入居することになった[11]。当店の後継となる食品スーパーは、同じく地下1階にあった洋菓子店などの跡に店舗面積約600m2で出店することになり[11]地元資本の城山ストアーによる「フレッシュアリーナしろやま」となった。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 飛松佐和子 (2012年8月27日). “ハローグリーンエブリーの西紅 イズミ傘下に”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社)
  2. ^ 熊本日日新聞ハローグリーンエブリーの西紅 イズミ傘下に」平成24年8月27日
  3. ^ JC-NET「ハローグリーンEVERYの「西紅」をイズミ子会社「ゆめマート」が買収/熊本」平成24年8月29日
  4. ^ “「ゆめマート」に店舗名統一” 毎日新聞 (毎日新聞社). (2013年8月7日)
  5. ^ 当社子会社間の合併に関するお知らせ 株式会社イズミ 平成26年2月4日
  6. ^ a b 中原功一朗 (2010年11月20日). “ハローグリーン出店へ ジャスコ宇土店の後継に”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社)
  7. ^ 毛利聖一 (2010年7月23日). “ジャスコ宇土、玉名店閉鎖へ 来年1~2月”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社)
  8. ^ “宇土シティモール 21日改装オープン…新たに10店舗”. 読売新聞(読売新聞社). (2011年4月17日)
  9. ^ 近藤諭. “鹿児島県の持続的発展に向けての戦略形成”. 研究紀要第27巻第1号 (志學館大学地域総合研究所) (2006年1月30日).
  10. ^ 小林隆一. “鹿児島県の持続的発展に向けての戦略形成”. 地域総合研究第36巻第1・2号合併号 (鹿児島国際大学地域総合研究所) (2009年2月).
  11. ^ a b c “アミュプラザ鹿児島の地階改装へ ユニクロが出店検討”. 南日本新聞(南日本新聞社). (2009年12月16日)

外部リンク[編集]