ハロウスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
校章

ハロウ・スクール: Harrow School ハーロー・スクール)は、ロンドンハロウ区ハロウ・オン・ザ・ヒル (en) にある、イギリスの男子全寮制パブリックスクールである。

「The Nine(ザ・ナイン)」と俗称される歴史・伝統のある厳格な意味での名門パブリックスクールの9校のうちの1校である。 イートン・カレッジラグビー・スクールウェストミンスター・スクールなどと並ぶ名門である。

2022年現在、Asia International Schools Limitedにより経営されるハロウインターナショナルスクールは1998年に開校したバンコクをはじめ、香港、北京など、アジアに9校の姉妹校がある[1]

教育 [編集]

男子全寮制であり、13歳から18歳まで5学年837名の生徒が12の宿舎で暮らしており、卒業生の多くは、オックスフォード大学ケンブリッジ大学へ進学する。

1572年、地元の名士ジョン・ライオンがエリザベス1世から 設立勅許状を授与され設立。ロンドン中心から北北西のハロウ・オン・ザ・ヒルという緩やかな丘の上に位置する。敷地内には、校舎や学寮(ボーディングハウス)以外に、ファーム、湖、スポーツのためのラグビー、サッカー、クリケット、テニスなどの競技場、ゴルフコースがある。構内が映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の撮影地としても使われた。

「ハロウハット」と呼ばれる麦わらの帽子にモーニング・スーツの制服を有している。

卒業生には、元英国首相ウィンストン・チャーチルをはじめ8人の首相を輩出している。また、詩人のジョージ・ゴードン・バイロン、インド建国の父ジャワハラール・ネルー、ヨルダンのフセイン国王、ノーベル物理学賞を受賞したレイリー男爵ジョン・ウィリアム・ストラットなどもこの学校の出身者である。

ハーロー校

学費[編集]

2020/21年の学費は、学期ごとに£14,200(年間学費は£42,600)

日本校[編集]

ハロウインターナショナルスクール安比ジャパン

Asia International Schools Limitedは香港を拠点とする子会社Harrow International Management Services Limited(HIMS)を通じ、岩手ホテルアンドリゾート(IHR)と事業提携し、岩手県八幡平市に英国ハロウスクールのインターナショナルスクールである「ハロウインターナショナルスクール安比ジャパン(ハロウ安比校)」をYear7~Year10(日本の小学校6年生から中学校3年生相当)を対象に、日本初の英国式全寮制インターナショナルスクールとして、2022年8月29日に開校[2]。将来的にはYear7~Year13(日本の小学校6年生から高校3年生相当)とし、約900名の生徒を収容する国内では最大の全寮制インターになる予定である。

運営会社

ハロウインターナショナルスクールはAsia International Schools Limiteが母体となり、多くの学校が現在中国にある。子会社Harrow International Management Services Limited(HIMS)を通じ、北京上海海口珠海南寧重慶深圳香港、タイのバンコク等にてインターナショナルスクールを運営中である[1]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度34分21秒 西経0度20分06秒 / 北緯51.5725度 西経0.335度 / 51.5725; -0.335