ハルヴダン・ハラルズソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハルヴダン・ハラルズソンあるいは黒髪のハルヴダンはノルウェー王ハーラル1世と、ラーデのヤールであるハーコン・グリョートガルズソン英語版の娘アーサの間の子。父親によって兄弟である白髪のハルヴダンと共にトロンデラーグの副王に封じられた。『ヘイムスクリングラ』の『ハラルド美髪王のサガ』によると、宴会の席で突然死し、義理の姉妹にあたるグンヒルド英語版の命令によって毒がもられたのではないかとの噂が立った[1]

出典[編集]

  1. ^ 谷口 2008, pp. 219f.

参考文献[編集]

  • Driscoll, Matthew J. (1995). Ágrip af Nóregskonungasǫgum a Twelfth-Century Synoptic History of the Kings of Norway. London: Viking Society for Northern Research. ISBN 0-903521-27-X. 
  • Finlay, Alison (2003). Fargrskinna, a Catalogue of the Kings of Norway: a Translation with Introduction and Notes. Boston: Brill Academic Publishers. ISBN 90-04-13172-8. 
  • Sturluson, Snorri (1964). Heimskringla: History of the Kings of Norway. trans. Lee M. Hollander. Austin: Published for the American-Scandinavian Foundation by the University of Texas Press. ISBN 0-292-73061-6. https://archive.org/details/heimskringla00snor. 
  • Theodoricus monachus; Foote, Peter (1998). Historia De Antiquitate Regum Norwagiensuim. London: Viking Society for Northern Research, University College London. ISBN 0-903521-40-7. 
  • 谷口幸男 『ヘイムスクリングラ―北欧王朝史―(一)』、2008年。