ハルマヘラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハルマヘラ島の位置
ガムコノラ山

ハルマヘラ島(ハルマヘラとう、インドネシア語: Pulau Halmahera)はインドネシアモルッカ諸島にある島。ジャイロロ島(Jailolo)、ジロロ島(Jilolo, Gilolo)ともいう。面積は17,780km2で、モルッカ諸島で最も大きい。北東は太平洋に面し、南東はハルマヘラ海、西はモルッカ海峡モルッカ海に面する。人口は449,938人(2010年)。住民の8割はムスリムで、残りの2割はキリスト教徒が占める。 最近では2007年に噴火した島の最高地点であるガムコノラ山(標高1560m、1635mとも)の他に活火山がいくつかある。

歴史[編集]

ハルマヘラ島は山がちのうえ、全島を熱帯雨林に覆われるため人口が少ない。この地域の中心は、ハルマヘラ島の西海岸沖合いに浮かぶテルナテ島ティドレ島である。どちらも面積100km2あまりの小島だが、丁子の原産地として香辛料貿易で栄え、ハルマヘラ島を含めたインドネシア東部全域に勢力を広げた。16世紀初めにポルトガル人がやってきて以来、モルッカ諸島は西洋諸国による支配権争いの舞台となり、最終的にオランダ領東インドに組み込まれた。インドネシア独立後はマルク州に含まれていたが、1999年に成立した北マルク州インドネシア語:Maluku Utara)の一部になっている。

言語[編集]

ハルマヘラ島およびその周辺部の諸言語オーストロネシア系と非オーストロネシア系のものが混在している。

まず、主なオーストロネシア系言語は以下の通りである。この中ではブリ語について最も早い時期から体系的に記述されている[1]

また、非オーストロネシア系言語は主に以下のものが挙げられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 崎山(1969:276-277)。

参考文献[編集]