ハリケーン・マリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hurricane Maria
カテゴリ5メジャー・ハリケーン (SSHWS/NWS)
Hurricane Maria 2017-09-19 2015Z.png
最盛期のハリケーン・マリア(9月19日撮影)
発生 2017年9月16日
消滅 2017年10月2日
(9月30日に温帯低気圧化)
最大風速 1分平均: 175 mph (280 km/h)
最低気圧 908 mbar (hPa); 26.81 inHg
死者 112-1133名
被害 > $91.61億(2017 USD
(詳しくは甚大な被害をもたらした大西洋ハリケーンの一覧英語版を参照)
被害地域 ドミニカプエルトリコ
2017年大西洋のハリケーン英語版
熱帯低気圧の進路とサファ・シンプソン・ハリケーン・スケールによる勢力を描いた地図

ハリケーン・マリア(Hurricane Maria)は、2017年9月にドミニカ国プエルトリコを襲った大型ハリケーンである。

概要[編集]

ハリケーン・マリアは熱帯低気圧となってからわずか24時間後にカテゴリー5のハリケーンへと劇的な成長を遂げ、9月19日にドミニカに上陸、ドミニカの国民総生産の224%に達する13億アメリカドルという壊滅的な被害をもたらした[1]

またその後プエルトリコに上陸し、プエルトリコでは1928年以来最も破壊的と評され[1]、2018年5月30日のBBCの報道によればプエルトリコ政府発表の死者数は従来64人とされて来たが、ハーバード大学の試算によれば政府発表の70倍となる4,600人以上に達するとの試算結果が報告されている[2]

プエルトリコ死者数試算結果の3分の1は停電および交通網の破壊によって引き起こされた医療行為の中断が原因であり、ハリケーン・マリアの襲来後3か月で被災者死亡数が60%増加したと推測されている[2]。また医療の混乱は被災者の罹患率と死亡率の双方を上昇させる要因ともなっており、慢性疾患により電力に依存する高度医療機器を用いる患者が同地域内で2018年4月現在も頻発する停電の影響を受けたことが示唆されている[2]

アメリカ海洋大気庁(NOAA)によると、ハリケーン・マリアによる経済損失は合計で900億ドル(約9兆9000億円)に達した[2]。また2017年に大西洋で発生したハリケーン・マリアも含むハリケーン被害総額はアメリカ合衆国内だけでも2,500億ドルに達している[1]。これは2005年のハリケーン・カトリーナ、2017年のハリケーン・ハービーに次ぐアメリカ合衆国史上3番目に甚大な被害をもたらしたハリケーンであった[1]

これらの破壊的な被害により、ハリケーン名としてMから始まる国際名Mariaの名称は2017年限りで引退となり[注釈 1]、代替として以後は国際名Margotに変更となった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 大西洋および東北太平洋ではハリケーン名は6年ごとに更新されるアルファベット順リストに従って男性と女性の名前が交互に用いられるが、ハリケーンの被害が甚大な場合、そのハリケーン名は引退し別の名称に置換される[1]
脚注
  1. ^ a b c d e f "WMO Hurricane Committee reviews devastating 2017 season, retires names" (英語). 2018年4月12日. 2018年4月12日閲覧.
  2. ^ a b c d "「プエルトリコのハリケーン死者、実は4600人」と米大学調査 政府発表は64人". BBC JAPAN. 2018年5月30日. 2018年5月30日閲覧.

外部リンク[編集]