ハリケーン・アイリーン (1999年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリケーン・アイリーン
カテゴリ2ハリケーン (SSHWS/NWS)
Hurricane Irene (1999).jpg
ハリケーン・アイリーン
発生 1999年10月13日
消滅 1999年10月24日
(1999年10月19日に温帯低気圧化)
最大風速 1分平均: 110 mph (175 km/h)
最低気圧 958 mbar (hPa); 28.29 inHg
死者 死者18人(直接3人)
被害 $8億(2011 USD
被害地域 キューバ、バハマ、フロリダ州、ノースカロライナ州
1999年の大西洋ハリケーン英語版
熱帯低気圧の進路とサファ・シンプソン・ハリケーン・スケールによる勢力を描いた地図

ハリケーン・アイリーン (Hurricane Irene) は、1999年10月に発生したハリケーン1999年の大西洋のハリケーン・シーズンにおいて9番目のトロピカル・ストームで、ハリケーンとしては6番目。

概要[編集]

1999年10月13日カリブ海西部の熱帯波から発生し、北に進みキューバ西部を襲った。カテゴリ1のハリケーンとしてフロリダ州を横断した後、10月16日早朝にジュピター付近で大西洋に抜けた。メキシコ湾流を超え、カロライナに迫った。その後東に向きを変え、急速に成長し、カテゴリ2のハリケーンとなった後、温帯低気圧になった。

キューバでは猛烈な雨を降らせ4人が亡くなった。10月のハリケーンとしては1930年代1940年代のハリケーンと同じように、湿った空気をフロリダ州にもたらし、マイアミ大都市圏に255mm(10インチ)から510mm(20インチ)の雨をもたらした。1981年のハリケーン・デニスの時と同様に、洪水が発生した。カテゴリ1の台風であったものの、8人が亡くなり8億ドルの被害をフロリダ州にもたらした。

バハマ北東部でも1人が洪水で亡くなり、ノースカロライナ州バージニア州にも255mm(10インチ)を超える大雨をもたらした。これによりその年のハリケーン・デニスハリケーン・フロイドよりも大規模な洪水が発生した。

被害[編集]

このハリケーンで18人が亡くなった。また8億ドルの被害が発生した。被害の大部分はハリケーンによる豪雨によるものである。

キューバ[編集]

マタンサス州では303mm、ハバナでも122mmの雨をもたらした。またハバナでは、最大瞬間風速時速126kmを記録している。洪水により1900km²のサトウキビ畑、158km²のバナナプランテーションなどが被害を受けた。キューバ全体では27,336の家屋が被害を受け730棟が全壊した。4人が亡くなったが、そのうちの2人はハバナで感電死した。

フロリダ州[編集]

フロリダ州南東部に大雨をもたらし、ボイントンビーチでは443mm、マイアミ大都市圏の多くで255mmから380mmの雨をもたらした。

8人が亡くなったが、そのうちの5人は感電死、3人は車が運河に流されて溺死した[1]

バハマ[編集]

ハリケーンはバハマの北西を通過した。洪水が発生し、トラックに乗った4人が洪水で亡くなり、他にアバコ島竜巻のため1人が亡くなった。

カロライナ及び大西洋諸州[編集]

サウスカロライナ州東部に125mmから150mmの大雨をもたらした。同州ジョージタウン郡西部は水につかり、チャールストンでは時速77kmの風を観測、木々や電線をなぎ倒し停電をもたらした。また強風のため、海岸では海岸侵食も発生した。

ノースカロライナ州では280mmの雨を観測したところもあり、多くの地点で152mmを超える雨が観測された。ホーク郡で洪水が発生、オンスロー郡ウィークスビルでは竜巻が発生した。1人がハイドロプレーニング現象のため事故死した。

バージニア州南西部に大雨がもたらされ、チェサピークでは305mm(12インチ)の雨が降った。この雨による洪水は場所によっては1m20cmの高さに達した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Preliminary Report Hurricane Irene 12 - 19 October 1999”. hurricanecentral.freeservers.com. 2012年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]