ハラビロカマキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハラビロカマキリ
Hierodula patellifera
Hierodula patellifera
大阪府2006年12月10日
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カマキリ目 Mantodea
: カマキリ科 Mantidae
亜科 : カマキリ亜科 Mantinae
: Paramantini
: ハラビロカマキリ属 Hierodula
: ハラビロカマキリ H. patellifera
学名
Hierodula patellifera
Serville1839
和名
ハラビロカマキリ(腹広螳(蟷)螂)

ハラビロカマキリ(腹広螳(蟷)螂、学名Hierodula patellifera[1])は、カマキリ目カマキリ科昆虫である。標準和名は、腹部が太いことに因む。

形態[編集]

体長はオス45 - 65mm、メス52 - 71mm。他のカマキリに比べ相対的に前胸が短く、腹部は幅広い。成虫の前翅に白色の紋があるのが特徴。前脚には白黄色のイボがある。

前脚基節前縁に3から5ぐらいの突起がある。体色は緑色の個体が多いが、紫色がかった褐色の個体も見られる。

生態[編集]

春から晩秋にかけて活動。他の節足動物、小動物を捕食する。

樹上性の傾向が強く、林縁や草原の樹木の梢上、葉上に生息する。丈の高い草の花の傍で、餌となる訪花性昆虫を待ち伏せている姿が見られることもある。幼虫は腹部を背面に強く反り返らせた姿勢をとっている。雌は木の枝やブロック塀等に楕円形の卵鞘を産みつける。

本種は他のカマキリ、肉食直翅目にもましてハリガネムシによる寄生がひときわ多くみられることで知られる。

分布[編集]

国内では関東以南。東南アジアによく似た同属のカマキリは広く分布するが、日本の個体群と同種、同亜種であるかは未確認。

ムネアカハラビロカマキリ[編集]

2017年現在、外来種の可能性がある近縁種ムネアカハラビロカマキリ(Hierodula sp.)の分布拡大が指摘されており、新潟県から宮崎県までの1都1府11県で報告されている。同じフィールドで両種が競合した場合、1年で在来のハラビロカマキリの生息密度が希薄となり、みられる大半がムネアカハラビロカマキリになった例が報告されている[2]

神奈川県立生命の星・地球博物館などの調査により、中華人民共和国から輸入された竹箒に付着した卵が孵化して、日本各地で定着した可能性が指摘されている[3]

ムネアカハラビロカマキリの和名は、通称としてあった呼称が2014年ごろから採用されたもので、学名は中国の文献に掲載されていたHierodula venosaと推測されたが[4]、これはのちに否定されており、本種を掲載した図鑑でもsp.のままとしている[5]。以降もvenosaを使用している資料もあるが不適切と思われる。

参考文献[編集]

  • 宮武頼夫・加納康嗣編著『検索入門セミ・バッタ』保育社、1992年、155頁。ISBN 4-586-31038-3
  • 田仲義弘、鈴木信夫『校庭の昆虫』全国農村教育協会〈野外観察ハンドブック〉、1999年、131頁。ISBN 4-88137-073-1
  • 福田晴夫ほか『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方:野山の宝石たち』南方新社、2009年、増補改訂版、141頁。ISBN 978-4-86124-168-0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本産昆虫学名和名辞書(DJI)”. 昆虫学データベース KONCHU. 九州大学大学院農学研究院昆虫学教室. 2011年8月24日閲覧。
  2. ^ 間野隆裕・宇野総一『矢作川流域におけるムネアカハラビロカマキリの分布拡大』 - http://www.yahagigawa.jp/archives/004/201512/a9644b0a94bfe72283cb5c372147056f.pdf
  3. ^ 外来カマキリ、中国産竹ぼうきから侵入?在来種駆逐か『朝日新聞』夕刊2018年3月31日(2018年4月12日閲覧)。
  4. ^ 月刊むし2014年10月号(524号)「愛知県・岐阜県・福井県で採集されたハラビロカマキリの一種について」p20
  5. ^ 『日本産直翅類標準図鑑』p204 Hierodula venosaとした月刊むしの記事について否定する記述とともに掲載している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]