ハラオカメコオロギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハラオカメコオロギ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: バッタ目(直翅目) Orthoptera
亜目 : キリギリス亜目(剣弁亜目) Ensifera
上科 : コオロギ上科 Grylloidea
: コオロギ科 Gryllidae
亜科 : コオロギ亜科 Gryllinae
: オカメコオロギ属Loxoblemmus
: ハラオカメコオロギ
L. campestris
学名
Loxoblemmus campestris
Stein, 1881
和名
ハラオカメコオロギ

ハラオカメコオロギ(原阿亀蟋蟀、Loxoblemmus campestris)は、バッタ目(直翅目)コオロギ科の昆虫の一種。 単にオカメコオロギと言えば本種を指す。

分布[編集]

日本北海道本州四国九州種子島)、中国

形態[編集]

体長13-18mm。オス成虫の頭部顔面が扁平で、かつ前傾しているのが最大の特徴である。標準和名にある「オカメ」は、この扁平な頭部の輪廓下半分が下膨れ気味で、「おかめ」を連想させることに由来する。

生態[編集]

農耕地や空地、草地などに生息する。出現期は8-10月。「リ・リ・リ・リ・リ…」とミツカドコオロギより弱く、ややゆっくりしたテンポで鳴く。

昼間、草の根際に潜み、夜になると出歩いて餌を探す。雑食性で、植物小動物死骸などを食べる。 羽化したばかりの個体には後羽が付いており、これを用いて良く飛ぶ。また灯火にも良く飛来する。 暫く経つと後ろ足を使って自ら後羽を抜き取り、本格的な繁殖行動に移る。

メスの気配を感じたオスは誘い鳴きでメスを誘う。オスの誘いに応じたメスはそのままオスの背に乗り、交尾が行われる。 オスからメスに精球が渡されると、交尾は終了する。受精卵が成熟するとメスは土中に産卵し、卵は翌年の5-6月に孵化する。

近似種[編集]

  • モリオカメコオロギ L. sylvestris
  • タンボオカメコオロギ L. aomoriensis

参考文献[編集]

  • 海野和男、筒井学、高嶋清明 『虫の飼いかた・観察のしかた4近所の虫の飼いかた(2) - スズムシ・バッタ・カマキリほか』 偕成社、1999年、10頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 昆虫』 小学館、2002年、36頁。

外部リンク[編集]