ハミーダ・バーヌー・ベーグム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハミーダ・バーヌー・ベーグム
حمیدہ بانو بیگم
ムガル帝国后妃
Hamida Banu Begum, wife of Mughal Emperor Humayun.jpg
ハミーダ・バーヌー・ベーグム

出生 1527年
死去 1604年8月29日
アーグラ
埋葬 フマーユーン廟
子女 アクバル
父親 シャイフ・アリー・アクバル・ジャーミー
母親 マフ・アフルーズ・ベーグム
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ハミーダ・バーヌー・ベーグムヒンディー語:हमीदा बानो बेगम, ウルドゥー語: حمیدہ بانو بیگم‎, Hamida Banu Begum, 1527年 - 1604年8月29日)は、北インドムガル帝国の第2代皇帝フマーユーンの妃。同国第3代皇帝アクバルの母である。マリヤム・マカーニー(Maryam Makani)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1527年シーア派ペルシア人であるシャイフ・アリー・アクバル・ジャーミー(ミール・バーバー・ドースト)の娘として生まれた。父のジャーミーは、ムガル帝国の皇帝バーブルの皇子ヒンダール英語版の信仰上の導師でもあった[1]

1541年8月29日、ハミーダは14歳の時、ヒンダールの兄であり、バーブルの後継としてムガル帝国を継いだ皇帝フマーユーンと結婚した[2]。フマーユーンはスール朝シェール・シャーに追われに追われ、シンドに逃れていた。

2人の結婚の経緯は、ヒンダールの母ディルダール・ベーグムがフマーユーンを遊行に誘い、そこでフマーユーンがハミーダに一目ぼれし、彼が「あの娘と結婚する」といったことに始まる[3]。フマーユーンはハミーダのみならずヒンダールにも反対されたが、40日間求婚するという涙ぐましい努力の末、彼女もようやくそれに応じたのであった。また、フマーユーンの妹グルバダン・ベーグム英語版の説得も功を奏した[3]

しかし、フマーユーンとハミーダの結婚は、フマーユーンとヒンダールの関係を悪化させ、ヒンダールはフマーユーンのもとを離れた[1]。先述したようにハミーダの父ジャーミーがヒンダールの導師であったこと、そしてヒンダール自身がハミーダに目をつけていたからである[1]

1542年10月15日、ハミーダは息子アクバルを出産した[3]。アクバルの名はハミーダの父ジャーミーの名にちなんでつけられたものであった。

その後、1543年にはフマーユーンとともにイランサファヴィー朝へと向かった。後、皇帝フマーユーンは、ヒンダールと、さらに他の弟カームラーン英語版アスカリー英語版たちとも皇位継承を争うようになる。この骨肉の争いを、フマーユーンは征した。一方、ヒンダールは、別の兄カームラーンによって殺された。そして、インドをめぐるムガルの敵であるスール朝も、王位継承権を巡っての内乱によって、滅亡に近づいていた。

1556年、フマーユーンは階段から足を滑らせ、事故死した。彼の死後、息子のアクバルは側近の力によって、デリーを奪還し、皇帝に即位した。ハミーダもまた、カーブルからデリーへと向かった[4]

1604年8月29日、ハミーダはアーグラで死亡し、その遺体は夫の眠るフマーユーン廟に埋葬された[2]。両親の死後も、アクバルは戦い続け、やがてムガルをインド史上最大の帝国へと育て上げることとなる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.180
  2. ^ a b Delhi 3
  3. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.182
  4. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.187

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン、月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。