ハマボッス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハマボッス
クロンキスト体系
Hamabossu.jpg
ハマボッス
八丈島底土
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: サクラソウ目 Primulales
: サクラソウ科 Primulaceae
: オカトラノオ属 Lysimachia
: ハマボッス L. mauritiana
学名
Lysimachia mauritiana Lam.
和名
ハマボッス
ハマボッスの群落
八丈島底土

ハマボッス学名Lysimachia mauritiana)はサクラソウ科オカトラノオ属越年草日本北海道沖縄県中国東南アジアインド太平洋諸島といった広範囲に分布。海岸に生育する海浜植物。漢字では「浜払子」と綴り、花の咲く様子が払子に似ていることに由来する。

概要[編集]

高さ10-40cm。は基部から分岐して直立する。葉は倒披針形で長さ2-5cm、幅1-2cm、多肉質で光沢がある。

5-6月に1cmの白色の花が咲く。総状花序であり、茎の先端のの腋毎に1花が咲く。花序は次第に伸び出す。花柄は長さ1-2cm。花冠は筒状で先端は5つに分かれている。もまた5つに分かれており緑色で黒点が多数ある。蒴果は4-6mmであり、熟すと頂に穴が開く。

変種に、大型で小笠原諸島固有種オオハマボッスLysimachia mauritiana var. rubida)がある。

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔、大井次三郎他編『日本の野生植物 草本III 合弁花類』平凡社、1981年。


外部リンク[編集]