ハマジンチョウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハマジンチョウ科クロンキスト体系
Starr Myoporum sandwicense0.jpg
Myoporum sandwicense(ハワイ原産)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: ハマジンチョウ科 Myoporaceae
  • 本文参照

ハマジンチョウ科(Myoporaceae)は、双子葉植物の科の1つ。

特にオーストラリア東南アジア、南太平洋の熱帯亜熱帯地方に多く分布し、そのほかアフリカの一部や西インド諸島にも分布する。低木で、4-7属、90種ほどからなる。日本に分布するのは2種類だけで、三重県以南の海岸ハマジンチョウ Myoporum bontioides小笠原諸島コハマジンチョウ M. boninense が自生する。

は左右相称で花冠は5裂する。果実は核果または分果。園芸用に栽培されるものもある。

分類[編集]

新エングラー体系ではシソ目に、クロンキスト体系ではゴマノハグサ目に含まれる。APG植物分類体系では、独立の科とせずゴマノハグサ科に含めている。

外部リンク[編集]