ハプログループZ (mtDNA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハプログループ Z (mtDNA)
推定発生地 東アジア
親系統 CZ
定義づけられる変異 152 6752 9090 15784 16185 16260[1]
高頻度民族・地域 東アジア北アジアヨーロッパ北東部
ハプログループZの分布

ハプログループZ (mtDNA)(ハプログループZ (ミトコンドリアDNA)、: Haplogroup Z (mtDNA))とは、分子人類学で用いられる、人類ミトコンドリアDNAハプログループ(型集団)の分類のうち、「CZ」を祖先に持ち152 6752 9090 15784 16185 16260[1]の変異を持つものである。中国北部で誕生したと考えられる。

分布[編集]

ハプログループZはフィン人サーミ人ロシア人ハザーラ人日本人朝鮮人中国北部、カムチャツカの先住民[2]などで観察される。一部はY染色体ハプログループNと同じような拡散経路をたどったと考えられ[3]ウラル語族との関連が想定される。

脚注[編集]

  1. ^ a b van Oven, Mannis; Manfred Kayser (2008年10月13日). “Updated comprehensive phylogenetic tree of global human mitochondrial DNA variation”. Human Mutation 30 (2): E386–E394. doi:10.1002/humu.20921. PMID 18853457. http://www3.interscience.wiley.com/journal/121449735/abstract?CRETRY=1&SRETRY=0 2009年5月20日閲覧。. 
  2. ^ 篠田謙一 (2007)『日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造』 日本放送出版協会 P126
  3. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)


ヒトミトコンドリアDNAハプログループ系統樹

  ミトコンドリア・イブ (L)    
L0 L1-6
L1 L2 L3   L4 L5 L6  
  M N  
M7   CZ D E G Q   O A S   R   I W X   N9
M7a C Z B F R0   JT P  U Y
HV J T K
H V