ハプログループR-M207 (Y染色体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハプログループR-M207 (Y染色体)(ハプログループR-M207 (Yせんしょくたい)、: Haplogroup R-M207 (Y-DNA))とは、分子生物学人類遺伝学で用いられる、人類の父系を示すY染色体ハプログループ(型集団)の分類で、一塩基多型が「M45」を祖型とし「M207」以下の系統に位置すると定義されるもの[1][2][1]


起源[編集]

Y染色体のハプログループRは、アジアの北西部に位置するコーカサス地方で、約30,000から35,000年前に初めて現れたと考えられている。このハプログループは、アジア南西で発生したと考えられ、その後、環境の変化などに伴って移動を開始し、現在ヨーロッパで最も一般的に分布している種である。また中央アジアインドエジプトカメルーンでも分布が確認されている。ハプログループRは、早期に分岐したと考えられる姉妹グループR1系統(R-M173)とR2系統(R-M479)があるが、その大多数がR1系統(R-M173)の下流に属している[3][2]


分布[編集]

R1系統(R-M173)は、最終氷河期の後に拡散を開始したと考えられ、現在ヨーロッパと西ユーラシアでは非常に一般的に分布している。R1系統(R-M173)の下流に属するサブグループとしては、ハプログループR1a(R-SRY1532)や、ハプログループR1b(R-M343)に大別される。

ハプログループR1aはインド北部から中央アジア東ヨーロッパに分布し、ハプログループR1bは西ヨーロッパに分布している。このことから、インド・ヨーロッパ語族に属する集団が、このハプログループR1a系統と、ほぼ同等であろうと考えられている[4] [5]

ハプログループR1b系統は西ヨーロッパ南ヨーロッパに顕著に分布している系統であり、バスク人ケルト系民族に80%以上の高頻度に見られる[6][7][8][9]大航海時代以降の人種の流動に伴って、南北のアメリカ大陸オーストラリア大陸にも分布の範囲を拡大した。この流れとは別に、古代にもアフリカ内陸部へ移動したR1b系統の一集団があったと見られ、ハプログループR1b1*(R-P25)に定義づけられる分岐系統がチャド語派の言語を話すカメルーンの先住民族の間において高濃度で発見されている[10][11][12]

系統樹[編集]

ハプログループRの分岐については2008年遺伝子系譜学国際協会ISOGG)の系統樹による[13]


ヒトY染色体ハプログループ系統樹
Y染色体アダム (Y-MRCA)
A0 A1
A1a A1b
A1b1 BT
B CT
DE CF
D E C F
G H IJK
IJ K
I J LT K(xLT)
L T M NO P S
N O Q R

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Myres (2010). A major Y-chromosome haplogroup R1b Holocene era founder effect in Central and Western Europe. 
  2. ^ Lell, Jeffrey T.; Sukernik, Rem I.; Starikovskaya, Yelena B.; Su, Bing; Jin, Li; Schurr, Theodore G.; Underhill, Peter A.; Wallace, Douglas C. (2002). "The Dual Origin and Siberian Affinities of Native American". The American Journal of Human Genetics 70: 192. doi:10.1086/338457. 
  3. ^ Malhi (2008). Distribution of Y Chromosomes Among Native North Americans: A Study of Athapaskan Population History. 
  4. ^ T. Zerjal et al, The use of Y-chromosomal DNA variation to investigate population history: recent male spread in Asia and Europe, in S.S. Papiha, R. Deka and R. Chakraborty (eds.), Genomic Diversity: applications in human population genetics (1999), pp. 91–101.
  5. ^ L. Quintana-Murci et al., Y-Chromosome lineages trace diffusion of people and languages in Southwestern Asia, American Journal of Human Genetics vol. 68 (2001), pp.537–542.
  6. ^ Helgason A, Sigureth ardóttir S, Nicholson J, Sykes B, Hill E, Bradley D et al. (2000). "Estimating Scandinavian and Gaelic ancestry in the male settlers of Iceland". Am. J. Hum. Genet. 67 (3): 697–717. doi:10.1086/303046. PMC 1287529. PMID 10931763
  7. ^ Ornella Semino et al 2000, The Genetic Legacy of Paleolithic Homo sapiens sapiens in Extant Europeans: A Y Chromosome Perspective
  8. ^ Wilson J, Weiss D, Richards M, Thomas M, Bradman N, Goldstein D (2001). "Genetic evidence for different male and female roles during cultural transitions in the British Isles". Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 98 (9): 5078–83. Bibcode:2001PNAS...98.5078W. doi:10.1073/pnas.071036898. JSTOR 3055567. PMC 33166. PMID 11287634
  9. ^ Adams S, King T, Bosch E, Jobling M (2006). "The case of the unreliable SNP: recurrent back-mutation of Y-chromosomal marker P25 through gene conversion". Forensic Sci. Int. 159 (1): 14–20. doi:10.1016/j.forsciint.2005.06.003. PMID 16026953
  10. ^ Kivisild, T., Rootsi, S, Metspalu, M, Mastana, S, Kaldma, K, Parik, J, Metspalu, E, Adojaan, M et al. (2003). "The Genetic Heritage of the Earliest Settlers Persists Both in Indian Tribal and Caste Populations". American Journal of Human Genetics 72 (2): 313–332. doi:10.1086/346068. PMC 379225. PMID 12536373. 
  11. ^ Wells. The Eurasian Heartland: A continental perspective on Y-chromosome diversity. 
  12. ^ Underhill, Peter A; Myres, Natalie M; Rootsi, Siiri; Metspalu, Mait; Zhivotovsky, Lev A; King, Roy J; Lin, Alice A; Chow, Cheryl-Emiliane T et al. (2009). "Separating the post-Glacial coancestry of European and Asian Y chromosomes within haplogroup R1a". European Journal of Human Genetics 18 (4): 479–84. doi:10.1038/ejhg.2009.194. PMC 2987245. PMID 19888303. 
  13. ^ Y-DNA Haplogroup R and its Subclades - 2008

参考文献[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]