ハプトグロビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハプトグロビン(Haptoglobin)とは、ヘモグロビンを利用する動物の血漿中に見られることのあるタンパク質の1種であり、何らかの理由で血中に遊離したヘモグロビンを結合する機能を持っている。

機能[編集]

ハプトグロビンがヘモグロビンを結合しているところ。

ハプトグロビンは、ヒトに加え、ヒト以外の哺乳類や鳥類などでも見られるタンパク質である。赤血球が何らかの理由で血管内で破壊されると、赤血球に含まれているヘモグロビンが血中に遊離してくる。遊離したヘモグロビンは反応性が高く、生体にとって危険である。この遊離したヘモグロビンは、ハプトグロビンによって回収される。ハプトグロビンがヘモグロビンを回収することにより、ヒトでは腎臓から尿中へと遊離したヘモグロビンが排泄されることでが喪失することと、遊離したヘモグロビンが腎臓に障害を与えることの両方を防いでいる[1]。ちなみに、ヒトは同じ血漿タンパク質で、血中に遊離したヘモグロビンではなく、血中に遊離したヘムを回収するためにヘモペキシンも持っている。

出典[編集]

  1. ^ HP haptoglobin (Homo sapiens (human))

関連項目[編集]