ハピネス (1998年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハピネス
Happiness
監督 トッド・ソロンズ
脚本 トッド・ソロンズ
製作 クリスティーン・ヴェイコン
テッド・ホープ
出演者 フィリップ・シーモア・ホフマン
ジェーン・アダムス
音楽 ロビー・コンダー
撮影 マリス・アルペルチ
編集 アラン・オックスマン
配給 日本の旗 シネカノン
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年10月16日
日本の旗 2000年7月15日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000
興行収入 $2,807,390[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

ハピネス』(Happiness)は、1998年製作のアメリカ合衆国の映画である。トッド・ソロンズ監督。ニュージャージー州を舞台に、トリッシュ、ヘレン、ジョーイの3人姉妹とその家族を描くブラックコメディ。カンヌ国際映画祭で国際批評家賞を受賞。

続編にトッド・ソロンズ監督による『Life During Wartime』(2009年)と『ダークホース 〜リア獣エイブの恋〜』(2011年)とがある。

ストーリー[編集]

ヘレンは成功した作家で周りの皆が羨むような生活を送っていたが、最近はスランプ気味でレイプされればもっとリアリティのある作品を書けると考えはじめる。

トリッシュは中産階級の主婦。精神科医の夫ビルと結婚し、3人の子供がいる一見普通の生活を送っていた。しかし夫のビルは実は小児性愛者で、自分の息子の友達ジョニーに執着していた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

  1. ^ Happiness”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]