ハバードモデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハバードモデル: Hubbard model)とは1963年にジョン・ハバード英語版によって提出された[1]電子相関の効果の強い固体中の電子の振る舞いを量子論的に記述するモデルである。 元々は、遷移金属の様に最外殻電子がd軌道f軌道にあり、電子の波動関数の広がりが大きく、電子同士の波動関数の重なりのために生じる電子相関が大きな固体中の電子を良く記述するモデルとして提出されたものである。 ハバードモデルは非常に単純なハミルトニアンを持つモデルであるにも関わらず、非常に多様な電子の振る舞いを表現できる。 この様な電子の振る舞いの多様さは電子同士の相互作用(電子相関)によってもたらされていると考えられている。電子相関が物性を決める上で重要になる系を強相関電子系と言うが、ハバードモデルは強相関電子系の基本的なモデルである。

ハバードモデルによる重要な成果としてモット絶縁体の発見、磁性の起源の尤もらしい記述、銅酸化物高温超電導体の記述等が挙げられる。これらの現象は全て不可分の物で、互いに関連した現象であると考えられている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Hubbard, J. (1963). “Electron Correlations in Narrow Energy Bands”. Proceedings of the Royal Society A 276 (1365): 238.