ハナ・マフマルバフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハナ・マフマルバフ
Hana Makhmalbaf
ハナ・マフマルバフ Hana Makhmalbaf
本名 حنا مخملباف
生年月日 (1988-09-03) 1988年9月3日(30歳)
出生地 テヘラン
国籍 イランの旗 イラン
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1997年 -
活動内容 1997年:『おばさんが病気になった日』
2002年:『ハナのアフガンノート』
1997年:『子供の情景』
著名な家族 モフセン・マフマルバフ(父)
サミラ・マフマルバフ(姉)
主な作品
『ハナのアフガンノート』
『子供の情景』
テンプレートを表示

ハナ・マフマルバフ(حنا مخملباف, ラテン文字転写:Hana Makhmalbaf, 1988年9月3日 - )は、イランテヘラン出身の映画監督

経歴[編集]

映画監督のモフセン・マフマルバフの娘としてテヘランに出生。姉のサミラ・マフマルバフも後に映画監督となる。ハナも幼少のころから映画に浸りきって育ち、父モフセンや姉サミラ、義母のマルズィエ・メシュキニスクリプター撮影技師として働いた。

1997年、9歳にして初めての短編映画『おばさんが病気になった日』を演出し、2003年には、姉サミラの監督作品『午後の五時』 (At Five in the Afternoon) のメイキングとしてのドキュメンタリー映画ハナのアフガンノート』を撮った。同年、詩集『ひとときのビザ』を上梓した。

2007年アフガニスタンを舞台に、イランとフランスの合作映画として、初の長篇劇映画『子供の情景』を発表し、数々の賞を獲得した。同作のペルシア語原題『بودا از شرم فرو ریخت』は、父の著書『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』からとられたものである[1]

監督作品[編集]

  • おばさんが病気になった日 The day my aunt was ill1997年)- 短篇
  • ハナのアフガンノート Joy of madness(71分、2002年)- 長篇ドキュメンタリー映画
  • 子供の情景 Buda as sharm foru rikht(2007年)

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]