ハナホウキタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハナホウキタケ
Ramaria formosa - Dreifarbige Koralle.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Basidiomycetes
: ラッパタケ目 Gomphales
: ラッパタケ科 Gomphaceae
: ホウキタケ属 Ramaria
: ハナホウキタケ
学名
Ramaria formosa
和名
ハナホウキタケ
英名
beautiful clavaria

ハナホウキタケ(学名:Ramaria formosa)はラッパタケ目ラッパタケ科ホウキタケ属のきのこ。英語圏ではbeautiful clavariaやhandsome clavariaのほかyellow coral fungus、tipped coral fungus、pink coral fungus等とも呼ばれる。ヨーロッパ北アメリカに分布している。疝痛吐き気下痢等をもたらす緩効性のがある事が広く知れている。ピンクのような色をしており、多く枝分かれした珊瑚のような形をしており、高さは20cm程度である。同じ形のものが北アメリカで収集されている。これはヨーロッパの標本と違い、苦味を欠いており、違う種であるとも指摘されている。

分類[編集]

この種を初めて記載したのはChristian Hendrik Persoonであり、1797年にClavaria formosaとして分類されている。その後の1888年に、菌学者のLucien Quéletによって現在の属へ移動された。属の名前であるRamariaラテン語で枝を表すrāmusから来ており、formosaは同じくラテン語で美しいを意味するformōsusからきている。[1]この種の特徴は多くのホウキタケ類に説明が適合し、適用があいまいで二項名のようであるため幾つかの混乱が起きている。また、幾つかの採取品から北アメリカの種は別種ではないかと考えられている。[2] 英語圏ではbeautiful clavaria、handsome clavaria、pink coral fungusなど、多くの一般名を持っている

特徴[編集]

この菌は20cm程度まで成長する。多くの枝を持った珊瑚のような形をしており、黄色、白、桃色などの枝が厚い基部から突き出ている。枝の末端は直径0.5cm程度である。若いものは白く、この属の可食のものは若いときから黄色いため、この特徴は重要である。古い標本では色が褪せるため、元の色を区別するのは難しい。

胞子紋は黄色い。

匂いは不快で、味は苦い。[3]しかしながら北アメリカでこの苦味が不明瞭なものが報告されている。

分布・生息地[編集]

秋に現れ、ヨーロッパ各地[4]、北アメリカでも見つかっており、日本でも見られる。西部の種では針葉樹の木の下などに見られることが知られる。[2]

食毒[編集]

この菌を食すると消化器系に悪影響を及ぼし、吐き気、疝痛のような腹痛、下痢などの症状を起こすことになる。原因の毒素については現在は知られていない。刺激性の先端部を取り除けば食用になるとの報告もある[5]

脚注・参考[編集]

  1. ^ Simpson, D.P. (1979). Cassell's Latin Dictionary (5 ed.). London: Cassell Ltd.. pp. 883. ISBN 0-304-52257-0. 
  2. ^ a b Ammirati, Joseph F.; James A Traquair and Paul A Horgen (1985). Poisonous mushrooms of the northern United States and Canada. Minneapolis: University of Minnesota Press. pp. 306-08. ISBN 0-8166-1407-5. 
  3. ^ Zeitlmayr, Linus (1976). Wild Mushrooms:An Illustrated Handbook. Garden City Press, Hertfordshire. pp. p. 108. ISBN 0-584-10324-7. 
  4. ^ Nilson S & Persson O (1977). Fungi of Northern Europe 1: Larger Fungi (Excluding Gill-Fungi). Penguin. pp. p. 64. ISBN 0-14-063005-8. 
  5. ^ North, Pamela (1967). Poisonous Plants and Fungi in colour. Blandford Press & Pharmacological Society of Great Britain. pp. p. 109-10. 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 長沢栄史監修 安藤洋子ほか著『日本の毒きのこ』 学習研究社、2003年 ISBN 4054018823
  • 本郷次雄監修 幼菌の会編 『カラー版 きのこ図鑑』 家の光協会、2001年 ISBN 4259539671
  • 小宮山勝司著 『きのこ大図鑑』 永岡書店、2008年 ISBN 9784522423981
  • 今関六也ほか編 『日本のきのこ』 山と渓谷社、1988年 ISBN 4635090205