ハナカツミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハナカツミは、『万葉集』を始め、古くから和歌などに多く詠まれた。後に陸奥国安積沼と結びつけられ、能因法師前田利益松尾芭蕉が現地を訪れて探したことで有名である。平安時代中期の歌人能因法師はイネ科マコモをハナカツミとしているが、定説とはならず、古来どの植物を指しているのか論議となっている。

前田利益は「此沼のかきつばたなり」と記し、芭蕉は『奥の細道』で、「かつみ、かつみと尋ね歩き」と、日が暮れるまで尋ね歩いたが、結局「更に知る人なし」と記し結論を得なかった。1974年には郡山市ヒメシャガをハナカツミとして市の花に指定し、芭蕉と曾良がハナカツミを探し歩いた安積山公園にはヒメシャガが植えられた[1]。また高澤等四条家で用いた田字草紋が「花かつみ紋」と称されたことなどから、デンジソウを花勝見として論考している[2]

万葉集

  をみなへし 佐紀沢に生ふる 花かつみ かつても知らぬ 恋もするかも(4巻675 中臣女郎)

古今和歌集

  みちのくの あさかのぬまの 花かつみ かつ見る人に こひやわたらむ(巻第14恋歌4・677 読人不知)

脚注[編集]

  1. ^ 幻の花「花かつみ」の里安積山”. 郡山市公式ウェブサイト. 郡山市. 2018年5月13日閲覧。
  2. ^ 歴史読本』(新人物往来社2012年1月号の「家紋拾遺譚 歌人が探し求めた花勝見」

関連項目[編集]