ハツカネズミの時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハツカネズミの時間
漫画
作者 冬目景
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
月刊アフタヌーン
レーベル アフタヌーンKC
発表号 モーニング:
2004年33号 - 2005年12号
月刊アフタヌーン:
2005年7月号 - 2008年4月号
巻数 全4巻
テンプレート - ノート

ハツカネズミの時間』(ハツカネズミのじかん)は、冬目景による漫画。『モーニング』(講談社)において2004年から連載開始し、『月刊アフタヌーン』(同)に移籍して2008年まで連載された。単行本は全4巻。

あらすじ [編集]

世界から隔絶された、私立蒼崚学園。「優秀な人間を育てるために国が資金援助をして設立した」と生徒達には教えられているが、米軍基地領内のため一般の人は学園の存在すら知らない。また、現在鳴沢製薬がこの学園を管理しており、ここで新薬の臨床試験をしている。そんな隔絶された学園に転校生が来る。

登場人物[編集]

高野槙(たかの まき)
主人公の少年。色盲である。転校生の桐子に見覚えがあり、彼女にそのことを詰問するうちに、彼女の脱出を助けることになる。彼女とともに脱走しようとしたことがあったが、彼は逃げず、体の弱い茗とともに学園に残った。
氷夏桐子(ひなつ きりこ)
ある日、学園に転校してきた少女。学園から逃亡して梛の元で過ごすが、警察に補導され学園に連れ戻されたことがある。再び、学園からの逃亡を試みる。
室樹棗(むろき なつめ)
槙の友達の一人。学園から脱走しようとして捕まり、謹慎する。自作小説を書いている。
新山椋(あらやま りょう)
槙の友達の一人。冷静で知的、勘が非常に鋭く、雨が降るのが分かるなど変わった能力が有る。
園倉茗(そのくら めい)
槙の友達の一人。肌や髪の色が薄く体が弱い。槙たちに妹の様に面倒を見てもらっており、そのせいか依存心が強く精神的にも弱い。また、瞳の色が左右で違う。
梛(ナギ)
脱走した桐子の親代わりだった人物。自身も学園に所属しており12歳の時に脱走。鳴沢製薬と深い関わりがある。
檀(まゆみ)
木綿子(ゆうこ)
三夜(みや)
アヤコ

書誌情報 [編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『ハツカネズミの時間(1)』(冬目 景)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2020年1月8日閲覧。
  2. ^ 『ハツカネズミの時間(2)』(冬目 景)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2020年1月8日閲覧。
  3. ^ 『ハツカネズミの時間(3)』(冬目 景)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2020年1月8日閲覧。
  4. ^ 『ハツカネズミの時間(4) <完>』(冬目 景)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2020年1月8日閲覧。