ハッラーンの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハッラーンの戦い
1104年5月7日
場所ハッラーン郊外の平原
結果 セルジューク朝の決定的な勝利
衝突した勢力
アンティオキア公国
エデッサ伯国
セルジューク朝
指揮官
ボードゥアン2世(捕虜)
ボエモン1世
タンクレード
ジョスラン・ド・クルトネー英語版(捕虜)
ジェケルミシュ英語版
スクマーン英語版
戦力
重騎兵3,000
歩兵・弓兵9,000
騎兵7,000
弓騎兵3,000
被害者数
甚大 不明
戦場の位置(トルコ内)
戦場
戦場
トルコ内の位置

ハッラーンの戦いアラビア語: معركة حران‎, フランス語: Bataille de Harran)は、1104年5月7日[1]に、アンティオキア公国およびエデッサ伯国十字軍国家セルジューク朝の間で行われた戦闘。これは、十字軍国家に対するセルジューク人の最初の戦いであった。

背景[編集]

モースルの領主であったジェケルミシュ英語版マルディンの領主であったスクマーン英語版率いるセルジューク朝系の軍はカブール近郊(現在のラース・アル=アインと推定される)に集結してエデッサの国境地域を占領し、エデッサを包囲した[2]。エデッサ伯ボードゥアン2世は、アンティオキア公ボエモン1世ガリラヤ英語版タンクレードに救援を求めた。

戦闘[編集]

ボードゥアン2世とその従弟のジョスラン英語版率いるエデッサ軍が左翼に、ボエモン1世とタンクレード率いるアンティオキア軍が右翼に部隊を配備した[1]。セルジューク朝軍の偽装退却によってエデッサ軍は2日間追撃を行った[2]。疲弊したエデッサ軍はセルジューク軍に攻撃を仕掛けたが敗北し、ボードゥアン2世とジョスランは捕虜となった[2]。アンティオキア軍はわずかな損害を被ってエデッサに撤退した。その後、ボエモン1世はタンクレードをアンティオキアとエデッサの摂政に指名し、増援を得るためにイタリアに赴いた。

出典[編集]

参考資料[編集]

  • R. G. Grant (2017/10/24). 1001 Battles That Changed the Course of History (Reprint ed.). Chartwell Books. ISBN 978-0785835530