ハッピー・リタイアメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハッピー・リタイアメント
Happy Retirement
著者 浅田次郎
イラスト 北谷しげひさ(イラスト)
鈴木成一デザイン室(デザイン)
発行日 2009年11月25日
発行元 幻冬舎
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 302
公式サイト www.gentosha.co.jp
コード ISBN 978-4-344-01751-1
ISBN 9784344417106文庫
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ハッピー・リタイアメント』 (Happy Retirement) は、浅田次郎小説

2008年12月号から2009年11月号まで『GOETHE(ゲーテ)』(幻冬舎)に連載され、2009年11月に幻冬舎から単行本が刊行された。

2011年8月には、幻冬舎文庫版が発刊された。

キャッチコピーは「最高の人生とは“たいそうな給料をもらい、テキトーに仕事をする”ことである。

30年以上前の借金を、法律上は時効であるものの道義的責任を感じて返済した、という浅田自身の実体験を元にしている[1]

2015年10月18日テレビ朝日系でテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

財務省を早期退職したノンキャリア役人・樋口と、自衛隊を早期退職した大友が再就職先として斡旋されたのは、全国中小企業振興会、通称・JAMS。そこは、業務実体のないいわゆる天下り機関だった。日がな一日のんびり過ごすのが仕事というこの職場に、ずっと真面目に仕事をしてきた2人は到底馴染めない。

元銀行員で、天下りの巣窟であるJAMSを憎む立花葵は、そんな2人を相棒に「本来の仕事」を始めたところ、想像以上の成果を上げ始める。

登場人物[編集]

樋口 慎太郎(ひぐち しんたろう)【慎ちゃん】
56歳。財務省に33年間勤め、課長代理の肩書きを手に入れて間もなく退職勧奨を受け、全国中小企業振興会 (JAMS) に再就職する。官舎を出ることになり、妻は離婚届にサインをし、2人の子(成人)と財産を山分けしてあっさり出て行った。
大友 勉(おおとも つとむ)【ベンさん】
陸上自衛隊に37年間勤め、叩き上げで二等陸佐まで昇進したが、退官しJAMSに再就職することになる。外来語を嫌っており、軍人たるもの世事に関わってはならないという信念を持っている。
立花 葵(たちばな あおい)
JAMSの職員。40代半ばを過ぎているが、細身の体型を保っている。元銀行員。矢島と肉体関係を持っている。
矢島 純彦(やじま )
JAMSの理事。元財務官僚。樋口とは過去に因縁がある。
山村 ヒナ(やまむら ひな)
JAMS神田分室の嘱託職員。JAMS草創期からの古参の職員。天下り機関へと堕落したJAMSを内心嘆いている。

テレビドラマ[編集]

ハッピー・リタイアメント
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:19(139分)
放送期間 2015年10月18日(全1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 秋山純(テレビ朝日)
原作 浅田次郎
脚本 岡本貴也
プロデューサー 杉山登・秋山純(テレビ朝日)
木村元子・神通勉(MMJ)
出演者 佐藤浩市
石黒賢
石田ゆり子
八嶋智人
浅野温子
ナレーター 大塚明夫
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2015年10月18日テレビ朝日系の「日曜エンタ」枠でドラマ特別企画として放送された[2]。主演は佐藤浩市[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タカザワケンジ. “ハッピー・リタイアメントとは如何なるものか”. ヒューマン. WEB GOETHE. 2015年8月27日閲覧。
  2. ^ 20:58 - 21:00に『今夜のドラマ特別企画』も別途放送。
  3. ^ 佐藤浩市“引退”に興味!? ドラマ『ハッピー・リタイアメント』に主演”. ORICON (2015年7月28日). 2015年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]