ハッピージャグラーV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハッピージャグラーV(-ブイ)は、2010年4月に北電子が発売した5号機のパチスロ機。保安通信協会(保通協)における型式名は「ハッピージャグラーV8」。本項では後継機のハッピージャグラーVII(-ブイツー)についても述べる。

概要[編集]

5号機のジャグラーシリーズとしては7機種目に当たる本機は、リプレイ図柄がサイではなくリスになっていたり、GOGOランプの発色が黄味を帯びていたりする所など、4号機の「ジャグラーV」、「ゴーゴージャグラーV」を強く意識した機種である。

今作はチェリーの確率が低くなっているがボーナスの重複当選比率が従来機の約2倍に上がっている。中段チェリーは全設定共通の確率でBIG同時当選となる。

また、ジャグラーシリーズでは初めてリールの小役優先制御を採用しており、ボーナス成立後も小役が成立した場合は小役が優先して揃う。これに伴い、チェリーと同時成立のボーナスはすべて後告知になった。(先告知だと、成立ゲームでボーナスを揃えられない可能性があるため)

※ただしプレミアム演出の先告知音はBIG・チェリー同時成立の場合でも発生する

プレミアムBGM発生条件はボーナス終了後55ゲーム以内のビッグ成立時と変更され、該当時は7がサンババージョン、BARがジャズバージョンとなる。

ボーナス確率[編集]

BIGは7揃い・BAR揃い、REGはBAR・BAR・7揃い。なお、BIG成立時はフラグが共通で7絵柄・BAR絵柄のどちらでも揃うようになった。

確率と機械割はメーカー発表値。

設定 BIG確率 REG確率 合成確率 機械割
1 1/287.4 1/409.6 1/168.9 96.1%
2 1/282.5 1/364.1 1/159.1 97.9%
3 1/273.1 1/341.3 1/151.7 99.9%
4 1/264.3 1/315.1 1/143.7 102.9%
5 1/252.1 1/287.4 1/134.3 105.8%
6 1/240.9 1/273.1 1/128.0 108.4%

ハッピージャグラーVII[編集]

2014年4月発売の後継機。スペックはハッピージャグラーと同じだが、GOGOランプの大きさが従来機より大きくなり、新たにV字形トップランプが光るプレミアム演出が追加。更に、前述のプレミアムBGM後その55ゲーム以内でBIGを引くと7はヘビメタバージョン、BARはトランスバージョンにBGMが変化する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]