ハッピーくるくる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハッピーくるくる
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
EDM
Future Bass
アイドル
活動期間 2016年 -
レーベル FUJIYAMA PROJECT JAPAN(2018年 - )
事務所 ORE
共同作業者 スズキくん
Yunomi
きあと
公式サイト ハッピーくるくる公式ウェブサイト
メンバー のの(永瀬野々花)
りのあ
つきの
なるの
旧メンバー きのこ(森きのこ)

ハッピーくるくるは、日本の女性アイドルユニット。略称は「ハピくる」。所属事務所はORE。

テーマ・コンセプト[編集]

グループのコンセプトは「SF・近未来・インターネット」。EDMやFuture Bassなどのダンスミュージックをベースに日本的な和の要素を加えた個性的なサウンドと、カワイイポップスが融合された「次世代のカワイイポップサウンド」が特徴。SFのアニメフィクションの世界をテーマとしている。

  • 楽曲はトラックメイカーであるYunomiが、イラストはイラストレーターのきあとが担当している。
  • アイドル自体のビジュアルではなく、あえて季節や楽曲のテーマに合わせたキャラクターを前面に出しているのが特徴である。
  • 楽曲は全てSoundCloud上に無料で公開されている。楽曲に対してのコメントのほとんどが海外のリスナーからである。
  • グループとしての目標は「アラスカに行ってライブをすること」[1]であり、海外志向が強いグループである。

メンバー[編集]

氏名 生年月日(年齢) 血液型 出身地 備考
のの 永瀬 野々花[2]
ながせ ののか
(2000-06-14) 2000年6月14日(18歳) B型 東京都 オリジナルメンバー
りのあ (2000-11-29) 2000年11月29日(17歳) B型 2018年7月7日加入
なるの (2000-06-14) 2000年6月14日(18歳) A型
つきの (2000-01-12) 2000年1月12日(18歳) O型

旧メンバー[編集]

氏名 生年月日(年齢) 血液型 出身地 備考
きのこ 森 きのこ[3]
もり きのこ
(2000-09-18) 2000年9月18日(17歳) O型 東京都 オリジナルメンバー
2018年6月2日卒業
  • オーディションを経て集まった候補生の中から選抜されて結成された。
  • 永瀬野々花と森きのこの身長や年齢が同じなのは、意図的なものではなく偶然である。(メンバー2人の身長は約150cm)

略歴[編集]

  • 2016年5月12日、渋谷MilkyWayにて初ライブ
  • 2016年8月5・7日、TOKYO IDOL FESTIVAL 2016「TOKYO IDOL縁日」に出演
  • 2016年12月、初の遠征で台湾でのアイドルイベントに出演
  • 2017年4月、初の国内遠征で沖縄のアイドルイベントに出演
  • 2017年5月7日、新宿clubSCIENCEにて一周年記念単独イベント「ハッピー感謝祭」を開催
  • 2017年6月、所属事務所の株式会社 Kiss Beeをプロデューサーと共に退所、「くるくるレコード」として独立
  • 2017年8月、「夏の大改革」と称し、ライブから一旦離れ、パフォーマンスの方向性転換に取り組む[4]
  • 2017年9月18日、「きのこ生誕ミステリーツアー」を伊豆大島にて行う。当人の森きのこが飛行機の欠航によって参加できないハプニングが発生
  • 2017年10月1日、「12時間配信」を行う。朝からプロデューサーが寝坊するトラブルが発生[5]。スカイツリーにてフィナーレ
  • 2017年10月21日、渋谷WOMBにてファーストワンマンライブを開催。
  • 2017年12月31日、大晦日イベント「ハッピー感謝祭〜年末SP〜」を開催
  • 2018年2月、・[Attack The Music]より1st EP(ミニアルバム)「Happy Kuru Kuru」をデジタルリリース[6]
  • 2018年3月24日 - 5月20日、デジタルシングル「グッドモーニングトーキョー」リリースを記念して「AROUND THE ハピくる!ツアー」を行う[7]。最終日は渋谷WOMBのリリースツアーファイナル&結成2周年記念イベント「ハッピー感謝祭」となる。
  • 2018年5月20日、FUJIYAMA PROJECT JAPANから8月21日にシングルをリリースすることが発表された[8]
  • 2018年6月2日、森きのこの卒業を発表[9]
  • 2018年7月7日、「アイドル横丁夏まつり!!〜2018〜」(横浜赤レンガパーク)にて新加入の3人を加えた新体制初のライブを行う。これに伴い、所属事務所を株式会社OREに変更[10]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2016年10月10日[11] 表題曲 パーフェクトトリッパー[12] 完売
タイトルチューン 天地想像[13] 完売
2017年7月28日 スカイシューター/さよならクリケット 物販限定(タワーレコード一部店舗でも販売)
2018年3月14日 4種のハピくる!? HPKR-003
物販限定(タワーレコード一部店舗でも販売)
2018年3月15日 グッドモーニングトーキョー 配信限定

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2017年9月13日 Happy Kuru Kuru HPKR-001(イラスト盤)
HPKR-002(通常盤)

SoundCloud[編集]

※CD未収録分のみ

  • 「スマホを使いたい時いつも3%」
  • 「ハピチュア!(Overture)」
  • 「ハッピー♡バレンタイン(Happy♡Valentine)」

主なライブ[編集]

  • ギュウ農フェス春のSP 新木場コースト メインステージ(2017年5月4日、新木場STUDIO COAST
  • ハッピーくるくる1周年記念単独公演「ハッピー感謝祭」(2017年5月7日、新宿 clubSCIENCE)
  • ハッピーくるくる 1st one-man live「WARP!」(2017年10月21日、渋谷WOMB
  • AROUND THE ハピくる!ツアーファイナル〜ハッピー感謝祭〜(2018年5月20日、渋谷WOMB)

脚注[編集]

  1. ^ ”のの”と”きのこ”がアイドル界を制す!? 2人組アイドル、ハッピーくるくる+Yunomiインタヴュー”. OTOTOY (2018年3月15日). 2018年3月15日閲覧。
  2. ^ ののの2016年5月15日のツイート2017年3月4日閲覧。
  3. ^ ハッピーくるくるの2016年6月21日のツイート2017年3月4日閲覧。
  4. ^ 【椿あきおコラム・インタビュー】「“推し増し”は正義です」第三十四回 ハッピーくるくる (2/7)”. SANSPO.COM (2017年12月27日). 2018年3月15日閲覧。
  5. ^ 【椿あきおコラム・インタビュー】「“推し増し”は正義です」第三十四回 ハッピーくるくる (4/7)”. SANSPO.COM (2017年12月27日). 2018年3月15日閲覧。
  6. ^ ハッピーくるくる 米レーベル [Attack The Music]から1stEPをデジタル・リリース”. OTOTOY (2018年2月16日). 2018年3月15日閲覧。
  7. ^ ハッピーくるくる 3月に新曲リリース&日本全国「AROUND THE ハピくる!ツアー」開催”. OTOTOY (2018年2月22日). 2018年3月15日閲覧。
  8. ^ フジヤマプロジェクトジャパンの2018年5月20日のツイート2018年5月21日閲覧。
  9. ^ 森きのこ卒業のお知らせ”. 幸福回回 (2018年6月2日). 2018年6月4日閲覧。
  10. ^ 新体制のご報告”. 幸福回回 (2018年7月8日). 2018年7月9日閲覧。
  11. ^ ハッピーくるくるの2016年10月9日のツイート2017年4月10日閲覧。
  12. ^ ハッピーくるくるの2016年10月16日のツイート2017年4月10日閲覧。
  13. ^ ハッピーくるくるの2016年10月16日のツイート2017年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]