ハッピーくるくる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハッピーくるくる
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
EDM
Future Bass
アイドル
活動期間 2016年 -
事務所 くるくるレコード
共同作業者 スズキくん
Yunomi
きあと
公式サイト ハッピーくるくる公式ウェブサイト

ハッピーくるくるは、2016年5月にデビューした2人組女性アイドルユニット。略称は「ハピくる」。所属事務所はくるくるレコード。

テーマ・コンセプト[編集]

グループのコンセプトは「SF・近未来・インターネット」。EDMやFuture Bassなどのダンスミュージックをベースに日本的な和の要素を加えた個性的なサウンドと、カワイイポップスが融合された「次世代のカワイイポップサウンド」が特徴。SFのアニメフィクションの世界をテーマとしている。

氏名 生年月日(年齢) 血液型 出身地 好きなキャラクター
のの 永瀬 野々花[1]
ながせ ののか
(2000-06-14) 2000年6月14日(17歳) B型 東京都 アリエル
きのこ 森 きのこ[2]
もり きのこ
(2000-09-18) 2000年9月18日(17歳) O型 東京都 クマのプーさん

グループエピソード[編集]

  • オーディションを経て集まった候補生の中から選抜されて結成された。
  • 永瀬野々花と森きのこの身長や年齢が同じなのは、意図的なものではなく偶然である。(メンバー2人の身長は約150cm)
  • 楽曲はトラックメイカーであるYunomiが、イラストはイラストレーターのきあとが担当している。
  • アイドル自体のビジュアルではなく、あえて季節や楽曲のテーマに合わせたキャラクターを前面に出しているのが特徴である。
  • 楽曲は全てSoundCloud上に無料で公開されている。楽曲に対してのコメントのほとんどが海外のリスナーからである。
  • グループとしての目標は「アラスカに行ってライブをする」ことであり、海外志向が強いグループである。
  • 2017年6月に所属事務所である株式会社 Kiss Beeをプロデューサーと共に退所、独立している。
  • 2017年10月21日(土)渋谷WOMBにてファーストワンマンライブを開催。


楽曲[編集]

CD[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2016年10月10日[3] 表題曲 パーフェクトトリッパー[4] 完売
タイトルチューン 天地想像[5] 完売
2017年7月28日 スカイシューター/さよならクリケット 物販限定(タワーレコード一部店舗でも販売)

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2017年9月13日 Happy Kuru Kuru HPKR-001(イラスト盤)
HPKR-002(通常盤)

SoundCloud[編集]

※CD未収録分のみ

  • 「スマホを使いたい時いつも3%」
  • 「ハピチュア!(Overture)」
  • 「ハッピー♡バレンタイン(Happy♡Valentine)」
  • 4種のハピくる
    1. ハッピーくるくる × happy machine「たりらりらんでぶ〜」
    2. ハッピーくるくる × yuigot「Hello! My Universe♡」
    3. ハッピーくるくる × Tomggg「なみだぐしゃしゃ」
    4. ハッピーくるくる × brinq「くるくるゴーストパーティー」

主なライブ[編集]

  • ギュウ農フェス春のSP 新木場コースト メインステージ(2017年5月4日、新木場コースト)
  • ハッピーくるくる1周年記念単独公演「ハッピー感謝祭」(2017年5月7日、新宿 clubSCIENCE)
  • ハッピーくるくる 1st one-man live「WARP!」(2017年10月21日、渋谷womb)

脚注[編集]

外部リンク[編集]