ハットルグリムス教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハットルグリムス教会。手前の像はレイフ・エリクソン

ハットルグリムス教会(アイスランド語:Hallgrímskirkja, ハトルグリムスキルキャ)は、アイスランドの首都レイキャヴィークにあるルター派の教会である。建物はコンクリート製で、73メートルの高さのある塔を備え、アイスランドでもっとも大きな教会であると同時に、もっとも高い建物でもある[1]。教会の名前はアイスランドの聖職者であり詩人であるen:Hallgrimur Petrussonの名前にちなんでつけられている[2]

概要[編集]

ハットルグリムス教会はレイキャヴィークの中心部に位置し、町のどこからでも見ることができるランドマークになっている。en:Guðjón Samúelssonが1937年に設計を依頼された。彼曰く、教会のデザインはアイスランドの溶岩玄武岩の風景になぞらえているのだという[3]デンマークグルントヴィークス教会に通じる表現主義建築による教会堂である。

1945年に建設が開始されてから1986年に完成するまで、実に41年の歳月を要した。ランドマークとなる塔は教会全体が完成するだいぶ前に完成していた。聖歌隊席の下にしつらえられた地下聖堂は1948年に、尖塔と両翼は1974年に[3]身廊は1986年に完成、聖別された[1]。内部は1676平方メートル。2008年には主塔の大規模な改修が行われ、足場に覆われたが、2009年には改修が完了し、足場も撤去された。

ハットルグリムス教会にはドイツ・ボンのオルガン製作者ヨハンネス・クライスの手による大型パイプオルガン[ 4段手鍵盤と足鍵盤、実働ストップ72、パイプ本数 5,275 ]が設置されている。

教会は展望塔としても利用されている。展望台からはレイキャヴィークの街と周辺の山々が一望できる。最上階まではエレベーターが通じているが、有料である。

アレクサンダー・カルダーの手による探検家レイフ・エリクソンの像が、建設前から教会前の広場に設置されている。これは1930年に、シンクヴェトリル930年に行われたアイスランド議会アルシングの一千周年を記念してアメリカ合衆国から寄贈されたものである[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b Organ Fireworks VII – Christopher Herrick at the organ of the Hallgrimskirkja (CD). Hyperion. 1997. 
  2. ^ Other Icelandic churches named in memory of Hallgrímur Pétursson are the Hallgrímskirkja in Saurbær, where Pétursson was minister and, since 1957, the is:Hallgrímskirkja í Vindáshlíð (Kjós).
  3. ^ a b c Noyes, David (March–April 2009). “Iceland – Europe's coolest little hot spot”. Going Places (AAA):  28. 

外部リンク[編集]

座標: 北緯64度08分31秒 西経21度55分39秒 / 北緯64.14194度 西経21.92750度 / 64.14194; -21.92750