ハッティ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハッティ語
話される国 アナトリア
民族 ハッティ人
消滅時期 紀元前2000年紀
言語系統
未分類
(Hatto-Kaskian?)
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 xht
Linguist List xht
Glottolog hatt1246[1]
テンプレートを表示

ハッティ語(Hattic language)とはアナトリア紀元前3千年紀-紀元前2千年紀にかけて話されていた、非インド・ヨーロッパ語族の言語。膠着語に属す。孤立した言語(未分類言語)であり、カスキアン語英語版との関係性が議論されているが、明らかではない。

フルリ・ウラルトゥ語族などと同じく、インド・ヨーロッパ語族アナトリア語派の言語がアナトリアに到達する前から話されていた言語(先印欧語)である。ハッティはヒッタイトの語源となっているが、ハッティ語とヒッタイト語はまったく別系統の言語である。両者を区別するために「原ハッティ語」と呼ばれることもある。

関連項目[編集]


  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Hattic”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/hatt1246.