ケンタウルス座ベータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハダルから転送)
移動先: 案内検索
ケンタウルス座β星[1]
Beta Centauri
仮符号・別名 ハダル[2], Hadar[3][4]
星座 ケンタウルス座
視等級 (V) 0.60[1]
変光星型 ケフェウス座β型[1](BCEP)[5]
分類 恒星青色巨星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 14h 03m 49.40535s[1]
赤緯 (Dec, δ) -60° 22′ 22.9266″[1]
赤方偏移 0.000020[1]
視線速度 (Rv) 5.9km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -33.27 ミリ秒/年[1]
赤緯: -23.16 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 8.32± 0.50ミリ秒[1]
距離 391.83 ± 25.05光年[注 1]
(120.19 ± 7.68パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -4.799[注 2]
Centaurus IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
β星の位置
物理的性質
スペクトル分類 B1III[1]
色指数 (B-V) -0.23[6]
色指数 (U-B) -0.98[6]
別名称
別名称
アゲナ (Agena), BD -59 5054[1],
FK5 518[1], HD 122451[1],
HIP 68702[1], HR 5267[1],
SAO 252582[1],
WDS J14038-6022AB[1]
■Project ■Template

ケンタウルス座β星は、ケンタウルス座恒星で全天21の1等星の1つ。

概要[編集]

ケンタウルス座α星と並んで輝いており、黄色く輝くα星に対し青白いβ星の色合いは対照的である。α星もβ星も南緯29度以南の地域では周極星になるが、日本では奄美以南でないと見ることが出来ない。

それ自体が連星系を成している1等星の主星Aと4等星の伴星Bによる三重連星を構成している[1][7][8]。A星を構成する2つの恒星の質量を合計すると太陽の14.7倍あり[7]、ある研究結果では一方がもう一方より4%だけ重いとしている[7]。2つの星は軌道長半径3.0au、近点距離0.53au、遠点距離5.5auという細長い軌道で互いの共通重心を357日の周期で周回している[7]。B星はA星のペアから最低120au離れた軌道を225年掛けて周回している[7]

ケフェウス座β型脈動変光星で、眼視観測では変光はわからないが短時間でごくわずかな光度の変化を示す。

名称[編集]

学名は、β Centauri(略称はβ Cen)。固有名ハダル[2] (Hadar[3][4]) はアラビア語の حضار (Ḥaḍar) から来た言葉で、正確な意味は伝わっていない[3]が、アレンは「地面」の意味であるとしている[2][9]。2016年8月21日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Hadar をケンタウルス座β星Aの固有名として正式に承認した[4]

別名のアゲナ[2] (Agena[3]、アジェナ) は、ギリシャ文字のアルファ (Α) とラテン語で「ひざ」を意味する gena に由来すると考えられている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* bet Cen. 2016年11月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、126頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c d e Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 27. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月5日閲覧。
  5. ^ GCVS”. Results for bet Cen. 2015年10月26日閲覧。
  6. ^ a b 輝星星表第5版
  7. ^ a b c d e Jim Kaler. “Hadar”. STARS. 2016年11月5日閲覧。
  8. ^ The Washington Visual Double Star Catalog (Mason+ 2001-2014)”. VizieR. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2016年11月5日閲覧。
  9. ^ Richard Hinckley Allen. “Star Names - Their Lore and Meaning”. Bill Thayer. 2014年12月18日閲覧。

関連項目[編集]