ハズバンド・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハズバンド・ヒル
Husband Hill
コロンビア・ヒルズ
スピリットから望むコロンビア・ヒルズ。ハズバンド・ヒルは、北から5番目にあり、頂上の標高が最も高い。
種類 丘陵
天体 火星 火星
場所 グセフ・クレーター
発見者 スピリット
名の由来 リック・ハズバンド
ハズバンド・ヒルの南面にある「エル・ドラド」

ハズバンド・ヒル (Husband Hill) は、火星グセフクレーター内のコロンビア・ヒルズにある地形である。NASAの探査機スピリットの着陸地点にほど近い場所にある。コロンビア号空中分解事故の際にコロンビアの機長として殉職したリック・ハズバンドの名前にちなんで名付けられた。

探査[編集]

2005年、スピリットは、着陸地点の探査の一環として、ハズバンド・ヒルの頂上までゆっくり上った。2005年8月22日に頂上に到着し、9月25日に降りた。この間、約2ヶ月をかけて頂上付近の表面や外観を観測した。この結果、ハズバンド・ヒルには、通常よりもリンの含有率が多い岩石がある「カンバーランド・リッジ」やアルベドの低い「エル・ドラド」等の地形が見つかり、命名された。

頂上からの降下中に撮影された360°パノラマ写真

関連項目[編集]

外部リンク[編集]