ハサヴユルト協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハサヴユルト協定ロシア語: Хасавюртовские соглашения)は、ロシアの一部を構成していたチェチェン共和国が独立するのを阻止するために、1994年末からボリス・エリツィン政権下のロシア連邦が大規模に軍事介入した第一次チェチェン紛争における停戦協定。チェチェン共和国大統領のドータエフの死後、ロシアとチェチェン共和国との間で1996年に結ばれた。5年間の独立凍結をすることで1996年8月に合意した。ロシア軍は1997年に撤兵した。ハサヴユルト合意とも呼ばれる。

政治学者廣瀬陽子は、ロシアはこの合意を屈辱的だと考え、復讐の機会を狙っていたと主張している[1]

脚注[編集]

  1. ^ チェチェン紛争~日常と非日常の共存 pan-dora.co.jp, 2011年9月18日閲覧。