ハクセツ (1965年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハクセツ
(旧名ハナミドリ)
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 1965年3月23日
死没 1988年6月5日
(23歳没・旧24歳)
フソウ
セツシユウ
母の父 グレーロード
生国 日本の旗 日本千葉県富里村
生産 扶桑牧場
馬主 中村勝五郎
調教師 高橋英夫中山・白井
競走成績
生涯成績 37戦11勝
地方競馬16戦5勝)
中央競馬21戦6勝)
獲得賞金 4485万4800円(中央競馬)
テンプレートを表示

ハクセツ日本競走馬公営南関東競馬から中央競馬へ移籍し、牝馬東京タイムズ杯など重賞競走で3勝を挙げた。主戦騎手岡部幸雄。岡部のキャリアにおける重賞初勝利馬としても知られる。美しい芦毛の馬体と愛らしい容貌から「白い美少女」呼ばれた。地方競馬所属時の名前はハナミドリ。「ハクセツ」は漢字表記では「白雪」となり、母名セツシユウ(セッシュウ、雪舟)からの連想で名付けられている。

半妹に1972年度優駿賞最優秀5歳以上牝馬ジョセツ(父シーフュリュー)がいる。

経歴[編集]

中央移籍まで[編集]

1965年、千葉県富里村の扶桑牧場に生まれる。父は同場の生産馬で重賞2勝を挙げたフソウ。母セッシュウはフソウの従姪に当たり、近親には帝室御賞典を制したミラクルユートピア等がいる良血であった。しかしセッシュウ自身は中央・地方を通じて未勝利の凡馬であり、本馬はその母に似て非常に小柄で華奢な体格であった。このため3歳まで買い手が付かず、競馬会の購買による抽せん馬候補からも外れた。やむなく母を所有した中村勝五郎 (三代目)に引き受けられ、1967年、「ハナミドリ」と命名されて南関東競馬でデビューを迎えた。

当初は全く見所がないという評価であったが、翌年の関東オークスまでに15戦5勝という成績を残した。1番人気に推された同競走では競走前の怪我もあり敗れたものの、関係者は中央でも通用する手応えを掴み、1968年7月、「ハクセツ」と改名されて中山競馬場・白井分場の 高橋英夫厩舎に転厩した。高橋は騎手時代にフソウ、セッシュウ、祖母アオバに騎乗しており、調教師としては当年3月に厩舎を開業したばかりの新進であった。

中央競馬時代[編集]

中央初戦は池上昌弘を背に福島開催のオープン戦に出走。2番人気に支持されたが、5頭立て4着に終わった。次走の条件戦から、高橋の弟弟子であり、当時2年目の若手だった岡部幸雄に乗り替わりとなる。この競走で岡部は後方待機策を採ると、直線で追い込みを見せて先行勢を差し切り、中央初勝利を挙げた。

休養の後に秋の東京開催へ移り、オープン戦6着を経て牝馬東京タイムズ杯へ出走。優駿牝馬(オークス)優勝馬ルピナスなど強豪が揃い、ハクセツは49kgの軽量ながら16頭立て9番人気という低評価であった。しかし最後方待機から直線だけで全馬を交わして優勝し、重賞初制覇を果たした。これは岡部、高橋の双方にとっても初めての重賞勝利であり、岡部はこれを起点に引退まで171の重賞に勝利している。次走の金杯(東)では天皇賞2着馬フイニイなど牡馬の一線級と初対戦となったが、前走と同様に後方から先行勢を差し切り、重賞2連勝を遂げた。

この後、2戦の反動から調子を落とし、以後3連敗を喫する。しかし4月末の府中特別で復活勝利を挙げると、6月に安田記念(当時ハンデキャップ競走)に出走。当日3番人気に推され、レースでは中団待機から直線で先頭に立った。しかし僅かにスパートが早く、ゴール寸前でハードウエイに差され、ハナ差の2着に終わった。

次走のオープン戦以来勝利から遠ざかったが、翌1970年7月に出走した七夕賞で、第3コーナーからの捲りを見せて、レコードタイムでの優勝を果たした。七夕賞は後に妹のジョセツがこの記録を破るレコードで勝利しており、姉妹制覇を達成している。以後は4戦して毎日王冠の3着が最高、11月に出走した牝馬ステークスでの最下位14着を最後に競走生活から退いた。

引退後[編集]

引退後は故郷・扶桑牧場で繁殖牝馬となったが、目立った産駒のないまま1987年の種付けを最後に繁殖生活からも引退。翌1988年6月に24歳(現表記23歳)で死去した。現存する子孫はごく僅かである。

中央競馬成績[編集]

年月日 レース名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
1968 7. 29 福島 オープン 5 2 4着 芝1600m(良) 1:38.3 1.7秒 池上昌弘 48 ヤマトダケ
8. 4 福島 福島民放杯 6 4 1着 芝1800m(稍) 1:28.1 -0.3秒 岡部幸雄 51 (ブレーンターフ)
11. 9 東京 オープン 9 5 6着 芝1800m(良) 1:53.0 1.7秒 岡部幸雄 52 ルピナス
12. 1 東京 牝馬東京タイムズ杯 16 9 1着 芝1600m(良) 1:37.6 -0.1秒 岡部幸雄 49 (ニットウヤヨイ)
1969 1. 5 中山 金杯(東) 17 4 1着 芝2000m(良) 2:04.4 -0.1秒 岡部幸雄 49 ダーリングヒメ
2. 16 東京 京王杯スプリングH 14 3 10着 芝1800m(不) 1:53.6 1.2秒 岡部幸雄 52 モンタサン
3. 16 東京 アジア競馬会議開催記念 11 4 6着 2100m(稍) 2:12.1 1.4秒 岡部幸雄 54 ニットウヤヨイ
4. 13 中山 中山記念 11 3 9着 芝1800m(良) 1:52.4 1.2秒 岡部幸雄 50 メイジシロー
4. 29 東京 府中特別 8 4 1着 芝2000m(良) 2:02.5 -0.3秒 岡部幸雄 50 (メイジシロー)
6. 1 東京 安田記念 14 3 2着 芝1600m(良) 1:35.9 0.0秒 岡部幸雄 52 ハードウエイ
10. 12 福島 オープン 8 1 1着 芝1800m(稍) 1:52.2 -0.2秒 岡部幸雄 56 ハクセンショウ
10. 26 福島 福島大賞典 10 1 3着 芝1800m(稍) 1:52.2 0.2秒 岡部幸雄 56 マツセダン
12. 7 中山 クモハタ記念 12 4 5着 芝1800m(良) 1:51.0 0.7秒 岡部幸雄 53 ハクエイホウ
1970 1. 4 東京 金杯(東) 10 4 3着 芝2000m(良) 2:04.1 0.3秒 岡部幸雄 53 スイートフラッグ
5. 16 東京 オープン 11 3 11着 芝2000m(良) 2:06.5 4.0秒 富田正信 51 アカネテンリュウ
6. 7 中山 オープン 8 2 6着 芝1800m(良) 1:51.8 1.1秒 富田正信 51 アカネテンリュウ
7. 5 福島 七夕賞 9 2 1着 芝1800m(良) R1:49.3 -0.1秒 岡部幸雄 53 (ヒガシヒンド)
8. 9 福島 福島記念 8 4 4着 芝2000m(良) 2:03.9 0.8秒 岡部幸雄 56 スイジン
9. 6 東京 毎日王冠 5 3 3着 芝2000m(良) 2:04.1 0.5秒 岡部幸雄 55 クリシバ
10. 4 新潟 関屋記念 8 1 6着 芝1800m(良) 1:49.7 0.2秒 岡部幸雄 55 ヒガシライト
11. 1 東京 牝馬ステークス 14 9 14着 芝2000m(良) 2:05.6 3.1秒 岡部幸雄 54 キヨズイセン

評価[編集]

妹のジョセツともども追い込み馬として知られており、2004年に競馬会の広報誌『優駿』が行った「個性派ホースベスト10」という企画において、 1950-1970年代の追い込み馬部門で第3位に選ばれている(8位ジョセツ)。小柄かつ細身の馬であったが、岡部は初めて騎乗した際の印象を「それまで乗ってきた馬と比べると、ハクセツの切れ味は天と地の差があった。見るからに華奢な馬でしたが、全身バネと闘志の塊でした」と回想している。一方で岡部以外の関係者からは長く実力を疑われており、金杯で重賞を連勝して初めて大方に認められる形となった。高橋は「私自身がその手合いだったのだ。いつまでもみにくいアヒルの子だと思っていたんですよ」と反省の弁を述べている。

白い美少女[編集]

その容貌の美しさについては早くから認められており、岡部は「鼻筋が通っていて、大きな瞳が魅力的でした。顔も小ぶりで八頭身スタイル。柄は小さかったが目立つ存在だった」、高橋は「楚々とした雰囲気のある純日本風美人」と評し、具体的には「少女時代の吉永小百合」と喩えている。ただし気性的にはきつい馬であったという。ジョセツは「白い恋人」と呼ばれ、「芦毛の美人姉妹」との評もとった。人間のみならず、JRA顕彰馬となっているスピードシンボリがハクセツに想いを寄せていたというエピソードも伝えられている。

血統表[編集]

ハクセツ (1965)血統 (オービィ系(オーム系) / エミール3×4=18.75%) (血統表の出典)

フソウ 1950
鹿毛 日本
父の父
トシシロ 1940
栗毛 日本
*ダイオライト
Diolite
Diophon
Needle Rock
月城 Campfire
*星旗
父の母
マリーユートピア 1933
鹿毛 日本
*シアンモア
Shianmor
Buchan
Orlass
*エミール
Emile
Maori King
Enileme

セツシユウ 1959
芦毛 日本
*グレーロード
Graylord 1942
芦毛 アメリカ
Mahmoud Blenhim
Mah Mahal
Rude Awakening Upset
Cushion
母の母
アオバ 1953
黒鹿毛 日本
ロツクフオード *プリメロ
*シガアナ
リリアンユートピア セントユートピア
*エミール F-No.C1


参考文献[編集]

  • 『優駿』1982年8月号(日本中央競馬会)今井昭雄「脇役物語15 白い美少女 - ハクセツ」
  • 『優駿』2004年10月号(日本中央競馬会)「記憶に残る名馬たち - 個性派ホース BEST10」
  • 『競馬ワンダーランド』(ぴあ株式会社、1992年)「競馬場の白い風 - トレンドカラーをまとった馬たち」

外部リンク[編集]