ハクサンボウフウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハクサンボウフウ
Peucedanum multivittatum 5.JPG
山形県鳥海山 2012年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: カワラボウフウ属 Peucedanum
: ハクサンボウフウ P. multivittatum
学名
Peucedanum multivittatum Maxim.
和名
ハクサンボウフウ(白山防風)

ハクサンボウフウ(白山防風、学名:Peucedanum multivittatum)はセリ科カワラボウフウ属多年草高山植物

特徴[編集]

は直立し、中空で、高さは30-90cmになり、上部は単一か分枝する。は1-2回3出羽状複葉または単羽状になる。小葉は広披針形から広卵形で、縁にあらい鋸歯があり、不規則に浅裂し、形に変化が多い。側小葉に柄はない。葉柄の基部が鞘状に膨らんで茎を抱く。

花期は7-9月。茎頂か、分枝した先端に直径2.5-5cmの複散形花序をつけ、10-10数個の小花序をつける。は直径2-3mmの白色の5弁花。複散形花序の下にある総苞片、小花序の下にある小総苞片ともに、ふつう無い。果実は長楕円形の扁平で、長さ7-8mm、幅3-4mmになる。油管は細く、分果の表面側の各背溝下に3-5個、分果が接しあう合生面に8-9個ある。

種小名の multivittatum は、「多数の油管がある」の意味。

分布と生育環境[編集]

北海道、本州の中部地方以北に分布し、高山帯の草地に生育する。

下位分類[編集]

  • キレハノハクサンボウフウ Peucedanum multivittatum Maxim. f. dissectum Makino
  • エゾノハクサンボウフウ Peucedanum multivittatum Maxim. f. linearilobum (Tatew.) Ohwi

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]